カテゴリー「天文・星見」の記事

2009年10月 3日 (土)

中秋の名月

Pa033354
今日は旧暦8月15日、ということは中秋の名月です。
天気もいいので素晴らしい満月が見えています。 いやまて十五夜だからといって満月とは限らない。
調べてみたらやっぱり1日ずれていた。明日の夜の方が実際には満月に近いみたいです。
なんか前にも書いたことあるけど、中秋の名月っていうのは七夕と同様に天文現象などではなく、単に暦上のイベントなんですねえ。 お月見をするなら今晩ですね。
日本の伝統をしみじみ味わいたい人は今晩、満月見たい人は明日の夜見るのがいいでしょうね。
星を見るには邪魔な月ですが今宵くらいはしみじみと夜空を眺めてみることにしましょうか。

2007年4月20日 (金)

国際宇宙ステーション(ISS)を見よう!

800pxiss_after_sts116_in_december_2006
国際宇宙ステーション(International Space Station、略称ISS)は、2010年の完成を目指して、アメリカ、ロシア、日本、カナダ、ESA(欧州宇宙機関)が協力して建設を進めている宇宙ステーションですが、日本からもISSに実験モジュール「きぼう」を取り付けていろいろな実験を行う予定であることは最近のニュースで良くご存知でしょう。
実はこのISSが空を飛んで行くところを肉眼で見ることができるんです!

続きを読む " 国際宇宙ステーション(ISS)を見よう!" »

2007年2月15日 (木)

平尾台で星見

Hosimi12月11日 日曜日 休日出勤したものの夜は星見をしてきた。とにかく天気がいいし空気も透明、月は出ていないし、そんなに寒くもない。最近なかなか出会えない天気だったので天体望遠鏡を担ぎ出し、帰り道に通ったばかりの平尾台にもう一度愛車エスクードで駆け上った。
場所は学生時代によく天体観測会をやっていた茶ケ床園地。ここに望遠鏡を設置するのはもう20年ぶりだ。

続きを読む "平尾台で星見" »

2006年12月12日 (火)

天文趣味復活か!?

Swaro03
お気軽に星を見るために双眼鏡が欲しいなあ、と思ってた。もちろん、今までも持っていたんだけど、いわゆる天文スペックな8×56のVixenの双眼鏡。やっぱり手持ちではキツい大きさだし、視界は50度程度で広くない。それに実は不覚にもレンズにカビを生やしてしまい(まあ実用上は問題ないレベルですが)ので新たに購入を考えていたのでした。
今度はお気軽に星空散歩を楽しむため広視界とコンパクトさ、軽さを基準に考える事にして、一時はNikonの10×42を買う直前までいってたんですがいろいろ調べていけばいくほどさらにもっといいヤツが欲しくなって結局スワロフスキーEL8.5×42を買ってしまいました。

「あーあ、やってしまった!」

この双眼鏡の登場以降、「ライカもツァイスも後を追う者になってしまった」とどこかのブログに書かれていたのが殺し文句だったかなあ。当然のことながら、見ても触っても覗いてもさすがにうちにある他の双眼鏡達とは別格。すげー!。持ちやすい、覗きやすい。そしてこの視野の抜けの良さ。暗いところはちゃんと暗い。そして星の像ははキリっと小さな点に収束する。 見かけ視界は62度とそれほど欲張ってないんだけど実際に見るともっと広いように感じる。
ただ今日の明るい空ではやっぱり楽しめない月と外灯のない暗い空ではやくコイツを覗いて見たい! 天文用に買っていた双眼鏡より夜も明るく見えるのにはびっくり。月を見てもその精細さが全然違う!
ただ、ツーリングにも持っていて気軽にキャンプ場で星空散歩できたら・・・、なんて思っていたのにこれでは気安く持って行けません(笑)
しかし、購入以来まだ月のない晴れた夜空にめぐり合えていません・・・。今月中旬以降が楽しみです。
この冬、なんだか天文趣味がどんどん復活して行きそうな予感。

ということで・・・


続きを読む "天文趣味復活か!?" »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ