カテゴリー「パソコン・インターネット」の記事

2004年12月14日 (火)

iMac用キーボード

RIMG0079iMac G5に付いてきたマウスが非常に使いづらかった。「やはりMacを使うのであれば当然ワンボタンマウスを使わなきゃ」とは思っていたもののやっぱりどうしても馴染めない。しかしそれ以上に動きが遅くてたまらない。20インチの画面だからわざと遅く設定しているんだろうか?設定を最も速くしてもやっぱり遅くてかったるい。動きもイマイチ。ということでマウスはすぐに替えた。
そして、キーボードだ。標準でついてきているキーボードはもちろん白で小さくスリムでiMacにぴったりのデザイン。しかしこれもなんか使いづらい。ノートパソコンで慣れてしまった手にはこのタイプのストロークが大きくてかちゃかちゃいうヤツは本当に使いにくい。しかも、動きにあんまり節度が無くてへこへこして気持ち悪い。ミスタイプ続出でいらいらする。そのうえ、なんだかreturnキーがチャタりぎみで漢字変換したいだけなのに改行してしまうし、まったくもって鬱陶しいんだ。そんなわけで、キーボードも替えたいんだけどiMacのデザインに合うキーボードっていうのがそうそうあるわけがない。当然色は白でなければiMacには合わないし、それなりに洗練されたデザインでなければアンバランスである。しかしこんなふうにデザインの統一を考えなければ気が済まないパソコンが他にあるだろうか?これがMacなのか?「難儀やなあ」と思いつつもなんか俺、楽しんでいるなあ、とも思う。
で、たまたま読んだMac雑誌に載っていたのがmacallyというところが出しているiceKEYというキーボードだ。もちろんMac対応。そして純白で洗練されたデザインがばっちりフィットなのである。うれしいことに僕の好みのショートストロークなパンタグラフキーだ。つまりノートPCに採用されているあのタイプのキーボードだ。「これは買いだ!」っていうことでネットで探しまくったけどどこも売り切れ。しかも入荷予定なしとのこと。がっっかりなのである。
しかし、他に探しているうちにそっくりなキーボードがあった。サンワサプライのSKB-MSLUHWというキーボード。本当にうりふたつだ。どう見たってこれは同じ物、まちがいなくこれはOEMだ、という確信があったので買うことにした。しかし値段が・・・。iceKEYのほぼ倍の値段だ!なんだこれは、ボッタクリだ!しかし、背に腹は代えられない。ボーナスが出て気が大きくなったせいもあってついに買ってしまった。
商品が届いて実物を見ましたがこのキーボード、薄型デザインで高品位な作りがいいですね、予想(期待)していた通りだ。標準品より少し大きいけどこちらの方が使いやすい。若干Mac標準とキーの並びは違うがほぼ同じ。ボリューム調整やEJECTキーもあって何にも困るようなところは無い。それにやっぱりキーを叩きやすい。あと、USBハブが標準とは違って両サイドにあって、これがとても使いやすい。大満足、やっぱり買って正解だった。しかしどう考えても値段は高すぎるよなあ・・・。

注)追記:2005年1月14日現在、値段は6,000円台になっております(泣)。たった1ヶ月ちょっとで・・・そりゃないよ。

2004年10月 5日 (火)

AirMacで無線LAN

AirMac.jpg
AirTunesなんてiTunesの音をAirMacの無線LAN経由でホームオーディオに飛ばすだけのものだと思っていた。単なるトランスミッターみたいなものだと・・・。しかし、このベースステーションとなるAirMac ExpressってAC電源アダプタみたいな大きさと形状ながら無線LANのベースステーションとしての機能がある。これは知らなかった。LANで接続可能な台数は10台と少ないけど自分には十分。

実は今回パソコンにiMacが増えたことでやりたかったことがあるんです。

1)無線LANを構築してプリンタをVaioノートとMacで共有したい。
2)VAIOノートには元々無線LANが内蔵されているので自分の部屋の机の上だけでなく家の中のいろんな場所で使いたい。

という2点。しかし、AirMacなんてどうせWindowsじゃ使えないんだろうな、と思っているとこれがどうも使えそうな感じ。しかもAirMac Expressってプリンタ用のUSBポートもついているしまさに打ってつけ。この際、AirTunesの機能はおまけとしても買う価値ありと判断し買ってみた。セットアップは難しくなく、淡々と説明書どおりにことを進めればできた。iMacからプリンターへのプリントもうまくいったし、VAIOも無線LAN経由でインターネットつながった。(まあ、正直に言うとVAIOからの印刷はまだうまく行ってないが(笑))

最後におまけと思っていたAirTunesを聞いてみた。こいつはオーディオ用の出力として普通のステレオミニプラグを挿せるようになっているがこれが光ケーブルのコネクタも兼ねている。まずはミニプラグでアナログ接続。元のCDをオーディオセットのCDプレーヤーで再生しながら、AirMacで飛ばしたiTunesとの聴き較べをやってみた。まあ、iTunesはそこそこの音。CDの音に較べればちょっと平板な音というか、だんごみたいに丸まったような音。まあかなり微妙なところですがじっくり聴けばわかる。これだったらちゃんとオーディオで聴きたい時はCDを直接かけて聴くなあ、と言う感じ。
次に光接続でアンプにデジタル入力してみた。お!あれ!?これはすごい。音がくっきり分離して広がりも奥行き感もある。すごい、これが圧縮した音か!?ハープのソロで聞き比べるがこれも違いがわからない。というか確かに音に違いはあるがどちらがいいかというと、むしろAirTunesの音の方がいい、と言ってしまいそうな音だ。そんなバカな!?なんかこうなると自分の耳が悪いと言いふらしているような感じがして恥ずかしいかもしれないがホントなのだから仕方がない。これじゃあ下手したらCDじゃなくてリッピングした音をきいたほうがいいんじゃないかなんて思う。たしかにアンプに入るまでデジタルの処理は経ているものの光接続だとアナログ回路を一切経ずにアンプに入力される訳だ。変にアナログ回路を通ってこないのがいいのかもしれない。と言ってもやっぱり信じられない。CDそのものの音よりいいなんて。そのうちきっとアラを探してやる、と言った気持ちになっている。
あ、もしかして聴き比べたCDプレーヤーの音が悪い!?

2004年10月 2日 (土)

iMacが来た!

iMacG5.jpg

といってももう一週間経つのだが・・・。
<感想>
1.ネット(自宅は光)に簡単につながった!ほとんど何もしなく
  ていい。最近はXPでも簡単らしいが。
2.やっぱりでかい!20インチディスプレー。壁のようだ。
  しかし本体が無く、宙に浮いているような形であるので机
  の上はすっきり。
3.やっぱりosXは面食らうな。操作はなんとなくわかるが
  windowsのつもりで操作したら「あれ!?」「あれ!?」の
  連続。でもなんか探検気分というかなんというか、楽しいね。
4.画面が美しい。自分のHPもリニューアルしたかのように
  きれい。フォントも美しく多彩。他の人がこのように見えてる
  わけではないからHP作成はXPのほうでやるほうがいいの
  かな?
5.画像も高精彩だしきれい。しかし、汚い画像はそのまま
  アラが見えてしまう。気にしてなかったモスキートノイズが
  くっきりと・・・。
6.iTunesのCDリッピング早い!これはすごい!
  XPでiPod用にCD200枚1700曲ほどリッピングしていたん
  だけどiMacでリッピングしなおしている。iPodからMacへ
  コピーするソフトもあるみたいだがこの際やり直す。CD棚
  (というより半分は"山"(笑))から片っ端からMacに取り込
  んでいるが「あ、こんなCDも買ってたな!」という再発見が
  あって楽しいから。速度もノートのXPでは3倍くらいが限界
  だったけどiMacでは10倍以上が普通。20倍以上出ている
  ときもあった!
  しかし最初とCDの内容がかなり違ってきているぞ。片っ端
  からやっているのが悪いのか・・・。というかCD多すぎ(笑)
 
というわけで見てのとおりまだ外面だけのインプレですね(笑)
さわる時間があまりなくて、まだまだ全然馴染めてないけど、
さわるのが楽しいですね。新鮮です。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ