« 油谷ドライブ 2014年9月15日 | トップページ | 阿蘇ツーリング with MT-01 その1 2014年10月19日 »

2014年10月13日 (月)

ツール・ド・しものせき2014 2014年10月5日

P1040571

下関北運動公園で開会式
今年はあろうことか7月に肋骨を骨折し、バイクも自転車も乗れず悶々とした夏を過ごしました。もちろん自転車で長距離も乗れてなく、サイクリングイベントに出るのはとても不安だ。なんとか回復し、自転車通勤などで足慣らしをするも久方ぶりのロングライドは走りきれないことはないだろうけど辛そうだ。でも楽しむぞ〜
2009年 初参加
2010年 参加するも大雨
2011年 国体で中止
2012年 エントリー間に合わず締め切りOUT
2013年 北九州とダブリで不参加
ということで、考えてみると今回は4年ぶりのツール・ド・しものせき。前回参加時は大雨だったけどが、なんと今回はよりによって台風18号接近中。どうしてこの日にピンポイントでやってくるかなあannoy一週間前の予報では晴れマーク付いていたのに・・・
通常なら大会前日はバーテープを交換したりチェーン掃除など見た目重視の整備するとこですが、今回は雨で汚れるのわかってるから泥除け装着など雨対策を施しました。
シクロクロスでは難なく付いていたフェンダーはロードにつけるにはクリアランスなくてそのままでは不可能。グラインダーで加工してなんとかて装着できたっ!雨でもなんでも来い
4時に起きて準備を整え、5時半出発まだまだ暗い高速を下関まで走らせました。
下関北運動公園に着くともうたくさんの参加者が集まっていました。
 
 
 
P1040567
 
今回も同僚のM脇君と讃歌です。スタート地点はもうすでにたくさんの自転車が陣取っています。我々も早く並ばないと!
 
 
 
 
P1040578
たった7分でインターネットのエントリー締め切らせた参加者たちだ、やっぱり気合いが違うね。今年からはサイクルツアー北九州も開催されなくなってしまったので、そっちの受け皿にもなっているんでしょうね。
2010年は朝から雨だったんで棄権者続出だったけど、今のところ雨は降っていないのでみんな準備している。
球場の中で開会式。さむいー!早く走らせてくれ!
 
 
 
 
 
P1040596 
寒いのでレインウェア来てスタート。5台ずつ間を空けてスタートするので後ろの方がスタートするのはだいぶあと。第一陣のスタートからかなり時間が経ちましたが、いよいよ我々もスタートです。
それにしても、ロングコースながらかなり女性率が高いようです。 
 
運動公園を裏門から出るとしばらくはみんな団子状態で農道を走る。やっとR191に出て爽快に走ることができる。
風は強いけどあからさまな向かい風でもない。ゴッ!という横風で流されることも。
時折追い風で楽ちん!
 
 
 
 
P1040605 
ツール・ド・しものせきのいいところは、なんといっても沿道の応援がすごいこと。おばあちゃんたちが多いけど一生懸命に手を振ってくれて、「がんばれー!」声援してくれる。これはもう手を振り返さずにはいられない。 
 
 
 
 
 
 
P1040608
P1040609

 

室津ヨットハーバー
最初のエイドポイント、川棚饅頭、バナナ
P1040613
海沿いのコースは天気はイマイチでもそれなりに快走。いつもの青い海は望めない、鉛色の海です。それでも広い大海原を眺めながら走るのは気持ちいい。抜きつ抜かれつ列をなして走る。
 

P1040618
このまま天気持ってくれるといいなあ。とにかく今は一心不乱に走るのみ。
 
 
 
 
 

P1040621
P1040622

土井ヶ浜遺跡のエイドポイント
二見饅頭、羊羹
 
 
 
 
P1040627
いよいよ角島大橋、本コース最高の絶景ポイントだが天気悪いので景色はイマイチ。まあ2010年は悪天候でショートカットされたのだからまだましだ。
フォトポイントで角島大橋をバックに撮影してもらう。
 
角島を過ぎると粟野のところから今度は山の方に向かう。細い道、沈下橋のかかる川沿い
爽快な海沿いとは大きく異なる山岳狭路。前回参加した時はまだR435を走ったりけっこう広い路を走れたんだけど。とことん国道県道は避けて走らせようとしているのがわかる。過去に事故でもあったのかな
 

P1040631

国旗を振っての精一杯の応援。ここまでやってくれるとは!ありがたい。
 
 
 
 
P1040633
前半の海沿いとは売ってかわり、山の中のコースになってきた。雨はまだ降ってこない。このまま雨が降らないことを祈る。
近づいている台風の風は向かい風どころかむしろずっと追い風基調で嬉しい限り。追い風サイコー!、台風バンザイ!
 
 
 

P1040634

みのりの丘
ここは初めて来た。なんだか4年前とはコースがずいぶんと変わっていますね。
 
 

P1040636
P1040638
P1040640

エイドの食事はここが一番豪華かな?温かい蕎麦に、ツール・ド・しものせきの名物となっている角煮まんじゅう。これが美味いんだよねえ。
このみのりの丘をでると広域農道に出る。ここは初めて走る道だ。広域農道らしく雄大なアップダウンがあってかなり苦しい。「ツール・ド・しものせきはアップダウンがない」というのは過去の話になったね。 

P1040643
P1040658
 
田園風景を駆け抜ける。ここでも応援は熱烈。
台風の風はますます追い風になって快走です!
 

P1040674
そしてダム湖横の狭い道を抜け菊川へ。菊川のエイドでは名物のそうめんです。
実質最後のエイドで食事を美味しくいただきます。 
菊川から県道34に出るとは1〜2%のだらだらゆるい上り坂が続く。ここがなんか一番きつい場所なんですよね。でも今年は追い風で楽勝だ! 
 
 

P1040678 
今度は別のダム湖に出ていよいよ終盤。ラストスパートです。このあと深坂峠を越えたらゴールはすぐです。しかし深坂峠がきついんですよね。最後の最後にやってくる激坂、深坂峠。斜度は9〜10%だが距離は短くてなんちゃあ無いんだけど最後の最後にこの坂を越えさせるというのは意地悪としか思えない。下りは段差舗装の嵐。自転車だと吹っ飛びそう。 
 
 


P1040682
そしてとうとうゴール!
ゴールすると完走証と完走バッジと抽選券をもらう。国東は走る前に完走証を配られて釈然としないなんか変な気持ちだが、やっぱり走った後にきちんともらえる方が達成感も味わえて明らかに気持ちいいよね。
すごく心配だった台風の雨も全く問題なかったし、風もむしろ追い風方向で味方してくれた。すかっと晴れた秋空を走りたかったけどこれはこれで良かったかな。
4年ぶりの下関、楽しめました。
来年も楽しむぞ!

« 油谷ドライブ 2014年9月15日 | トップページ | 阿蘇ツーリング with MT-01 その1 2014年10月19日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/60473624

この記事へのトラックバック一覧です: ツール・ド・しものせき2014 2014年10月5日:

« 油谷ドライブ 2014年9月15日 | トップページ | 阿蘇ツーリング with MT-01 その1 2014年10月19日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ