« 梅雨前の好天に誘われ大分方面へ 2014年6月1日 | トップページ | 復活!耶馬溪サイクリングロード 2014年6月15日 »

2014年6月18日 (水)

街ぶらサイクリング in 飯塚 2014年6月14日

P6143529 
この週末は自転車(小径車)でぶらつきたかったんだけどどこがいいかなあ?芦屋の「あおのみち(サイクリングロード)」、それとも復活したという耶馬溪サイクリングロード?などと考えていたんだけど、突然「飯塚」が思いついてしまいました(^-^;
先日、mixiで「飯塚なんて行くことないよなあ」なんて発言してたんだけど、いきなり行ってきてしまいました(笑)
行きたかったのは旧伊藤伝右衛門邸。NHKのドラマを見ているわけではないけど、なんか話題になっているのでちょっと行ってみたかったんだ。存在は知ってたけど具体的にどこにあるかはよく知らなかったんです。
 

 

実は飯塚に行こうと思ったきっかけは、先日の出張の時、羽田空港第一ターミナルのB1フロアでたまご掛けご飯を食べたことに始まります。一緒にいた同僚が「美味しいたまご掛けごはんが食べれるところがある」というので付いて行ってみた。
 
 
 
Img_2392 
Img_2393 
「うちのたまご」というお店だった。確かにたまご掛けごはん美味かった!
で、よくよく調べてみるとこのお店、飯塚にあるJR九州たまごファームのたまごの直売所らしい。「うちのたまご」の「うちの」とは「家の」ではなく長崎街道の宿場でもある「内野」のことらしい。地名だったのか、へぇぇ〜 
まあ、もちろんこのたまごかけごはんだけでは飯塚に行こうというきっかけにはならなかったんだけど、最初に書いた旧伊藤伝右衛門邸、「うちのたまご」のたまごかけごはん、そして長崎街道内野宿跡、この3つを自転車で巡ったら楽しいかも、という思いつきで出かけた。 
 
 
 
 
 
 
Img_2400 
大正時代に炭鉱経営者であった伊藤伝右衛門によって作られた豪邸です。後妻となる柳原白蓮(柳原燁子)を迎えるために改築したものです。柳原白蓮といえばNHKの連ドラでは仲間由紀恵さんが演じている役(葉山蓮子)ですね。自分はほとんど見てないのですが、ドラマの人気か結構な観光客が訪れています。
 
 
 
 
 
P6143516  
内部もスゴイですね。これは平面なんだけど凹凸があるように見える天井。
 
 
 
 
P6143518  
ドラマの中にも出たという食堂。ドラマ見てないからどういうシーンかわかりませんが・・・。
 
 
 
 
 
 
 
P6143519  
重大な商談にも使われたという部屋。格調高い和室でした。
とにかくここはガイドさんの話が面白かった。間違いなく当たりのガイドさんでしたね。女性のガイドさんでしたが方言での説明、女性の視点からの説明、地元の人ならではの説明がホントに良かった。これで300円は安いと思いましたねえ。
 
 
 
 
 
 
 
P6143533   
庭に出てみると別のグループが別のガイドさんの話を聞いている。一斉にこっちを向いていて何だか記念写真みたい(笑)
 
 
 
 
 
 
P6143526
 
これは二階にある白蓮さん専用だった部屋から見た庭園。国の名勝に指定されている回遊式庭園です。見事なものですね。
 
 
 
 
 
P6143531
日本離れした、なんとなく南の島のテイストのする東屋。こんなところでお茶して過ごしてみたいなあ。
 ということで旧伊藤伝右衛門邸でかなりの時間楽しませてもらった。「花子とアン」に連動した展示もあったりしてじっくり見てしまうと半日はすぐに過ぎていってしまいそう。
もうお昼ですよ。腹が減ってきた、そうだたまごかけごはんを食べるんだった!
もう自転車で行っているヒマはないので車で移動。
でも車で行って正解。JR九州たまごファームの直売所「うちのたまご」はトンデモナイ山の中にありました。
「ここほんとにやってるの?」という人の気配のないところでしたが、ちゃんと開店していました。よかった〜、ここまで来て閉まっていたらまわりに食べ物屋さんなどあるわけがなく、ひもじい思いをするところでした。
 
 
Img_2405
基本、たまごの直売所なのでイートインスペースはこれだけ。
羽田空港の中にあるたまご掛けご飯の店「うちのたまご」。実は飯塚のここのたまごだったんですね。
まあ、食べるのだけなら羽田のほうがいいなあ。食べる環境はきっちり整ってるし、賑わいもあるし、ウェイトレスさんもいるし(^_^;)
 
 
 
 
 
 
P6143536
味噌汁ついて400円、ごはんと味噌汁は1杯おかわり可能。でもたまごは食べ放題だとか。羽田はご飯のおかわりはできるけどたまごは2個まで、お値段550円(味噌汁別)でした。まあそんなもんでしょう。
 
 
 
 
 
 
 Img_2409  
ぷりっぷりの黄身がスゴイ!専用のたまごかけごはん用醤油と相まって、やっぱり美味い!!
たまご詰め放題とかあったんでいっぱい買って帰りました。カステラとかプリンとかカレーとかオリジナル商品がいろいろあるんで面白いですよ。ここでしか買えない3Lのデカいたまごもありました。デカいのは規格外なんで出荷できないからここでだけ売っているんだって。 
 
 
 
せっかくなので近くにある長崎街道の内野宿跡に行ってみました。まあ、もはや「跡」すらもあやしいくらいでしたが(笑)、想像力を働かせて往時の残り香を探してみましょう、って感じでしたね。
 
P6143542  
往時を一番色濃く残すのがこの旅籠長崎屋ですかねえ。整備されているけど中に入っても誰もいないんですけど。
 
 
 
P6143538  
昔の街の区割りが貼ってありました。いろんな職業の人が住んでいたんですね。
 
 
 
P6143539  
「あそび人」ってなんだ!?
渡世人のことか?要するにヤクザってことかなあ・・・。なんだろう???
 
 
 
 
 
 
P6143550  
さて、それじゃあいよいよ飯塚の都心部をを自転車で街ぶらです。まずは商店街。今どきどこの商店街もそうですが、寂れてますねえ。シャッター街化が進んでます。でも福岡第4番目の都市ですからまだまだ頑張ってます。
からくり時計がありました。ちょうど始まったので見てましたが、見てたのは我々だけ・・・。そもそもからくり時計の真下の紀伊國屋書店が既に撤退・閉店しているのがイタすぎるなあ。
 
 
 
 
 
P6143551  
P6143553  
取ってつけたような緑道がありました。結構な距離も幅もある。ここ昔は何だったんだろう。たいてい緑道って廃線跡に作られるんだけど・・・。
炭鉱のあったところなんて結構好き勝手に線路が敷かれてきたから鉄路跡かな?と想像していたんだけど、なんとここは川の跡でした。人工的に流れを変えられて別の川が作られ、その後にこの緑道が作られたみたい。なんかブラタモリ的展開になってきたな。楽しいぞ!
この後、嘉穂劇場見たりとか(中は見れなかった)、 
 
 
 
 
P6143556  
飯塚の名物を何か食べなきゃ、と思ってやって来たのが「味覚焼」。タコの入っていないタコ焼きだ。店の主人いわく、何回か食べないと美味しいと感じないとか。うーん、確かに何のインパクトもない味です。でも結構次から次にお客さんが買って行きます。うーん、なんだろう、これこそ飯塚のソウルフードなんでしょうか。
 
 
 
 
 
P6143558  
最後に田川でホルモン鍋で〆ました。ホルモン鍋といえば田川。さっぱりとした美味しいホルモン鍋でした。
嘉穂劇場の内部が見学できなかったのは残念だけど、飯塚を自転車で街ぶら楽しかったです。これを機会にまたどこか小径車で街ぶらしに行こうかな。面白そうな街があったら教えてください~

« 梅雨前の好天に誘われ大分方面へ 2014年6月1日 | トップページ | 復活!耶馬溪サイクリングロード 2014年6月15日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/59838685

この記事へのトラックバック一覧です: 街ぶらサイクリング in 飯塚 2014年6月14日:

« 梅雨前の好天に誘われ大分方面へ 2014年6月1日 | トップページ | 復活!耶馬溪サイクリングロード 2014年6月15日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ