« 2013GW四国ツーリング(その4:奥物部〜松山) | トップページ | 2013GW四国ツーリング(その6:大豊〜松山) »

2013年5月19日 (日)

2013GW四国ツーリング(その5:松山〜大豊)

4日目のスタートです。
朝まだ暗い4時前に松山市内のホテルをチェックアウトし、松山観光港へ到着するフェリーを迎えに行きます。職場のツーリングチームのメンバーがフェリーに乗ってやってくるので今度はこのチームに合流してツーリングするんです。
そしていよいよフェリーが到着しました。しかしその途端、無情の雨が降り出しました。昨日まであんなに天気が良かったのにねえ。かわいそうなことこの上ない。
というか、自分も昨日で帰っていれば今年のGWは最高の天気のツーリングだったのにとうとう雨に遭ってしまいました。

早速レインウェアを着て出発。まずは松山観光港から松山市内を抜ける。職場チームは今夜は高知県の馬路村に泊まるという。なので本当は石鎚スカイライン〜瓶ヶ森林道ルを経て早明浦ダム沿いを走るルートを考えていたんだけど、この雨ではそんなところを走ってもただ真っ白いガスの中を走るだけになるのはわかりきったこと。ということで四国の北部を東西に貫く大動脈、国道11号線で東に向かいます。ここはまさに産業道路。大型車の巻き上げる飛沫が鬱陶しい!

それにしても容赦の無い雨が我々に降り注いできます。そして平日のラッシュアワーの時間帯にさしかかり、渋滞と大雨のダブルパンチ。もうたまらずに山の方に逃げ込みます。そして、別子銅山の遺構を利用したテーマパークとなっている道の駅マイントピア別子で雨宿りです。2時間位だらだらと休憩しただろうか、それでも雨足は弱まらない。仕方がないので出発することにした。

せっかくだから日本のマチュピチュとも言われる別子銅山の東平(とうなる)地区に行ってみようかとそちらに向かって狭道をしばらく走ると、なんと交互通行の規制が・・・。50分も待たなくちゃならないし、帰りも規制時間帯に引掛ると大変な時間のロスになるので諦めましたよ。とほほ。

その後は四国の法皇山脈越えの山岳ルートを走ることになる。グイグイ標高を上げ、最終的には標高1000m以上になった。雨にも濡れているしかなり寒い。長いトンネルを抜けると、ダム湖沿いの県道6号にスイッチし、快走できた。この後、あっさり法皇トンネルを抜け、瀬戸内沿いの三島に降りればいいものを渋滞が怖いので国道319号を行くことにした。しかしこの選択が大誤算。R319は想像を超える"酷道"だったのだ。ダム湖沿いのくねくね道、しかも路面はウェット。こんなところを走らされる後続のメンバーたちの泣き顔が目に浮かぶ。
もう耐え切れず堀切トンネルを抜けて川之江に降りて幹線道のR192〜R32で走ることにした。ああ、最初からこっちを走っていれば良かった・・・。

そんなこんなでやっと深いV字谷を望む祖谷渓までやって来ました。
 
 

P4300722

祖谷渓といえばやっぱりこれ。小便小僧ですね。

 

 

P4300723

ホント、足がすくむ高さですね。

 

 

P4300729

さらにここまで来ればお約束のかずら橋にも寄ってみました。

 

P4300740

ブーツカバー付けてかずら橋を歩くのは滑りやすくてけっこう怖いです!

 

P4300741

ほら、こんなことになるでしょ!(笑)

職場チームとは大豊I.C.のところまで同行し、そこでお別れです。雨で残念なツーリングになったけど、この後は存分に楽しんで欲しいですね。私はこの後、高速一気走り松山港まで戻ります。

« 2013GW四国ツーリング(その4:奥物部〜松山) | トップページ | 2013GW四国ツーリング(その6:大豊〜松山) »

バイク」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/57419950

この記事へのトラックバック一覧です: 2013GW四国ツーリング(その5:松山〜大豊):

« 2013GW四国ツーリング(その4:奥物部〜松山) | トップページ | 2013GW四国ツーリング(その6:大豊〜松山) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ