« 安心院ワイナリーRUN2011秋 | トップページ | しまなみ縦走2012に参加 2日目 »

2012年3月29日 (木)

しまなみ縦走2012に参加 1日目


 
今年もしまなみ縦走に参加してきました。
『しまなみ縦走』とは毎年この時期に開催される自転車イベントで、広島県の尾道と愛媛県の今治を結ぶ『しまなみ海道』サイクリングコースを走るイベントです。2日間にわたるイベントで、年齢、性別、車種の区別もクラス分けもありません。
リカンベントもトライクも一輪車もOK。徒歩での参加だって実はOK。
事前のエントリーも必要なく、参加費も無料と、まさにフリーダム!
今年も瀬戸内の絶景や味を堪能してきましたよ♪


今年もmixiでラブコールをいろいろと送ってみて、「参加したい」というもチラホラあったもののそれっきりで、結局また去年と同じくnaga2さんと2人旅ということになった。去年も書きましたが単なるアスリート系なサイクリストとは違い、元チャリダーならではの旅心を持っているので相棒には最高です。
今年も天気予報はやはり実に微妙で、雨の確率はけっこう高かったけどやめようなんてどちらも一言も言い出さないのがまあなんとも僕ららしい(笑)
それよりも今年は雨よりも風の予報のほうが深刻で風速8〜10m/sなんていうとんでもない数値が発表されている。バルーンフェスタの競技が中止されるのは風速7m/sというし、高速道路の吹流しが水平になるのが風速10m/sというから結構な風なのだ。しかも予報では西風。我々が計画している尾道→今治ルートでは進行方向が南西なので殆どの区間で向かい風となってしまう・・・

P1010796_3

それでももう行くしか無い!
今年も始発ののぞみ2号で広島へ行き、こだまに乗り継いで新尾道で下車する
小倉駅ではおそろい輪行袋が並ぶ。去年のしまなみ縦走のときに僕のシンプルで軽量な輪行袋を見てnaga2氏もさっそく導入したようだ。確かに年に数回、輪行する程度だったらヘビーデューティーなものより軽量なものを選んだほうがいいよね。

P1010797_3

新尾道の手前の三原駅あたりでふと窓の外を見ると雨が窓を幾筋にもつたっている。けっこうな雨が降ってる。予報よりかなり天気悪そう。走り出しが雨の中っちゅうのはかなりトホホな気分なのだ。

P3240106_4

P3240109_2

新尾道駅で降りて、駅の外に出ると雨は降っていない。ラッキー!しかし、西の空はどんより。こりゃ雨に遭うのは覚悟だな。
ウェットな路面を市街の尾道駅前まで下っていく。

P3240113_2

尾道駅前にある受付テントの前には参加者たちが集まって走る準備をしている。ここで参加受付をして参加バッジとマップとスタンプ台紙を受け取り、半額で全ての橋を渡れるクーポンチケット(250円)を買って出発だ。
雨がぱらつき始めたけどとりあえず移動開始するしか無い。

P3240117

P3240120_2

まずは福本渡船で尾道から向島へ向かう。大勢のサイクリストたちと一緒だ。

30845010_1578780377_23large_2

向島ではコンビニで水など補給してが、ぱらつく雨に躊躇してなかなか出発できない。まあでも行くしかないよね。(すまん、naga2さん、俺の写真いただきます!(笑))
しばらくはウェット路面を踏みしめて走る。

P3240137_3

P3240140_2  

最初の橋、因島大橋。ケージに囲まれているが風はもろに通りぬけるからビュンビュンの横風の中を走る抜けることになる。それでも立ち止まってお約束の記念撮影だ。


P3240144_2

因島では当然『はっさく屋』に寄るのだ。

P3240145_2

P3240148_2
そしてお約束のはっさく大福と去年気になっていたいちご大福をいただきます!去年に比べると今年はお客さんいっぱいだ。しかもサイクリストばかり。
参加者は女性が多いなあ。華やかでいいなあ、来年は是非女性メンバーを入れよう!(笑)

P1010801_2

P1010805_2

P1010811_2

P1010812_2
因島フラワーパークはいつもおもてなしがすごい。もはやチェックポイントというよりもエイドステーションだ。今年もはっさくにホットレモンにコーヒーに、いろいろ"おせったい"がありました。


P1010803_2
中学生ボランティアも相変わらず大活躍です。


P1010814_2
次に渡るのは生口島への架け橋、生口橋です。


P1010815_2
美しい斜張橋の生口橋を渡るとそこは生口島。しまなみの観光の拠点、瀬戸田町のある島です。


P1010824_2
ここもお約束ポイント、ジェラート屋さん『ドルチェ』に立ち寄ります。


P3240158_2
おしゃれな店内。



P3240152_2
どれを食べようか、ほんと迷います。

P3240154_2
naga2氏はオレンジとさくらのジェラート。


P3240156_2

P3240157_2

ワタクシはジェラートセット350円。抹茶とコーヒーにしました。350円って安いよね。

P1010826_3
沿道にはヤシの木が植えられていて南国ムード満点ですが今日は強風と寒さで全く似合わない風景だ。しかも自転車はいくらペダルを回しても前に進んでいかないかない。なんともこのもどかしい感じ。到着が遅れるかなあ

P1010831_2

P1010830_2

チェックポイントにもなっている瀬戸田のサンセットビーチ。夏に来ればいいところなんだろうねえ。今日は寒くて寒くてそれどころじゃ・・・


P1010837_2
世界一の斜張橋だった多々羅大橋を渡ります。

30845010_1578780138_87large_2

毎回やっているのでもう今年は素通りしようかと思っていたのですが、naga2さんのリクエスト(笑)でやりました。多々羅鳴龍です。拍子木を打つとカキーン、キンキンキンキン・・・と不思議な音が響き渡ります。要するに主塔間で起こるフラッターエコー現象です。
(naga2さん、また写真いただきます!(笑))

P1010842_2
多々羅大橋を渡ると、チェックポイントでもある道の駅多々羅公園が見えてきます。


P3240166_2

今回は出足でモタモタしたため去年よりも遅れがでているのでほぼ中間地点の多田羅公園で昼飯だ。去年は御島まで行って大山祗神社に参拝したり、そのあたりで昼飯食ったりしたんだけど。もちろんその遠回りコースで僕がパンクしてしまったのが結構イタかったのだけど。
去年は今治への到着が遅くなって焼鳥屋がすでにどこも満席で今治名物の焼き鳥が食べられなかった苦い経験があるのだ。今年はあの二の舞は踏みたくない。




P3240163_2

多田羅公園のレストランで島ラーメンというのをたべたよ、あっさりした魚介系スープの塩ラーメンでした。魚が入っていたのは自分的にはNGなポイントでしたがそれを我慢すればなかなかさっぱりとした美味しいラーメンでしたよ。何より体があったまったのと塩分補給できたのがいい。





P1010845_2

多々羅公園のあたりはしまなみ縦走のちょうど中間地点であるためか今治側からのサイクリストたちとのすれ違いがピークとなり大変賑やかなイメージです。





P1010848_2

P1010851_3

しまなみ唯一のアーチ橋の大三島橋を渡ると伯方島。言わずと知れた伯方の塩の伯方島です。
ここの橋は車道二車線化をあきらめた橋なので自転車道は格段に広いです。




P1010858_2

チェックポイントであるマリンオアシスはかた。ここのビーチも南国ムードあふれる場所ですが、海から吹き付ける折からの冷たい強風で寒い寒い。この寒さじゃ名物、伯方の塩ソフトも敬遠せざるを得ない・・・
それにしてもこの写真では全く寒さを伝えられないなあ。なんだこの青空(笑)




P1010863_2

P1010868_2


伯方・大島大橋でしまなみ最後の島、大島に渡ります。村上水軍の島でもあります。






P1010871_2

ここまで来ると意外と時間に余裕があることに気づいたので亀老山に登って見ることにした。来島海峡大橋を見下ろせる絶景ポイントらしいので一度は登ってみたい山だったんです。
ただ標高307m、けっこうきついと思われる。実際、傾斜がどれくらいかわからないけどとにかく行ってみるのだ。亀老山の看板を見つけてそちらのほうへ。さあ、吉とでるか凶とでるか・・・。
登り初めてすぐわかった。「あ〜、やっちゃったよ、こりゃ」(笑)
すごい斜度ですね、これは平尾台よりよっぽどきついぞこりゃ!
それでもnaga2氏はグイグイ登って行って僕の視界から消えていった。ここのところ全く乗れていない自分と元チャリダーとではやっぱ地足が違うわ。
1台の地元ローディーらしき人がすいっと抜いていったけど、抜きざまに「縦走の日に亀老山に登るなんていう物好きが結構いるんですねえ」などと声をかけられた。"物好き"などと言われるほどキツい山なのか?やっぱり?
だよね(笑)



P1010882_2
でも登れば登るほど絶景が眼下に広がっていく。これはすごい。きついけど来て良かった。最後の激坂を登りきり、ついに山頂の駐車場に到着。






P1010873_2

P1010877_2

ちょっとした露天も出て観光地という感じ。藻塩アイスなるものが売ってたのでこれを食べて火照った体をクールダウン。塩が効いててなかなか美味い。実はこれ通販で人気のお取り寄せ商品らしい。




P3240170_2

今や展望台にはおきまりの恋のまじないの南京錠。




P3240171_2
まるで軍事遺構を思わせる凝った作りの展望台を登ると360°の大パノラマ。来島海峡大橋を見下ろすここからの風景はしまなみ海道の観光パンフレットには必ずと言っていいほど掲載される有名な風景だ。ちょっと黄砂でかすんでいるけどすばらしい風景だ。


P3240176_2

こっちはまだ体が火照っているからアイスなんか食ってるが、周りの空気とは明らかにテンションの違うラブラブファイヤーなカップルが「寒い!寒い!」と大騒ぎしていた。決してハタチ前後くらいの若いカップルではなかったのだけど。。。
でもいいなあ・・・




 
P1010885_2

今度は亀老山を下る。激坂を寒さをこらえて下った後は最後の橋に向かう。
港へ向かう緩い坂道を下っていくと先ほどまで見下ろしていた来島海峡大橋が巨大なシルエットになって目前に迫ってきた。




P1010892_2

P1010893_2

長大なループ橋で橋まで登ると待っていたのはやはり強烈な向かい風。ひたすらペダルを漕いで前へ前へと必死に進む。もう脚が思うように回らない。亀老山に登ったのがかなり効いたようだ・・・。
そしてついに今治に上陸!





P1010895_2

サンライズ糸山に16時の到着。実は去年より早い。大三島の御島チェックポイントには寄らなかったし大三島の北半分を走らなかったし、今年はパンクがなかったのが大きいのかもしれない。
最後のスタンプを押して貰い、記念品をもらう。いつもの完走証と記念の楯、そして伯方の塩セットだ。楯は毎回同じだけどよく見ると絵が違っているんだなあ。

そして国道を走って市役所前の今治プラザホテルに16時半くらいに到着。結局は去年よりも早い時間に到着してしまった。亀老山に登ったのにも関わらずだ。やはり今治の焼き鳥を食べたい一心というのがあったからですかねえ(笑)


P3240195_2

P3240199_2

早速、ホテルにチェックインしてシャワーを浴びる。
naga2さんがしっかり焼鳥屋を予約しててくれていて、僕の希望通りに「山鳥(さんちょう)」シャッター街化した商店街を通りぬけて目的の山鳥に到着。
ビールで乾杯し、念願の今治の焼き鳥をいただく。

P3240200_2

P3240201_2


自転車のことはもちろん、海外出張のこと、大学時代の共通の友人のこと、などなど・・・。いろいろ話に花が咲きました。ちょっと飲み過ぎて話さなくてもいいことまで話してしまったかも。。。(笑)
酒が飲めることを自負する二人だけど、今回はけっこう二人とも呂律(ろれつ)が怪しくなってくるくらい飲んでましたねえ。
ホテルに帰ってまさにバタンキューで、布団に入ることも無く、そのまんまベッドの上に伸びていました。気がついたら朝5時半。コンビニで買ってきた朝食も冷蔵庫に入れないで、テレビの横に置いたままだった。
窓の外はまだ暗かったけど星が出ていて、天気の良いのはすぐにわかった。
さあ、2日目はどう走ろうか。

ということで2日目につづく。。。

« 安心院ワイナリーRUN2011秋 | トップページ | しまなみ縦走2012に参加 2日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/54341314

この記事へのトラックバック一覧です: しまなみ縦走2012に参加 1日目:

« 安心院ワイナリーRUN2011秋 | トップページ | しまなみ縦走2012に参加 2日目 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ