« 2011夏の思い出1〜上海出張1 | トップページ | 2011夏の思い出3〜上海出張3 »

2011年9月 3日 (土)

2011夏の思い出2〜上海出張2

P7300262
上海の郊外にあるお客さんの工場での仕事も終わり、土曜日である今日はまとめの会議上海市内のうちの会社の事務所でお客さんを迎えて行なった。
打ち合わせは午前中で終了し、午後はフリータイムだ。上海の駐在メンバーが上海市内を案内してくれることになった。



P7300260 
会社から出てしばらく歩くとそこは歩行者天国。上海を訪れる観光客は必ずここを訪れるという場所だ。土曜日ということもあって多くの観光客が歩いていた。中国というとなんとなく道端にゴミがたくさん捨てられているイメージがあったけど、さすがに万博も経験した今となってはゴミはほとんど落ちていない。ただ、駐在メンバーに聞くと「ゴミ拾いの人がたくさん雇われているからですよ」という。確かに制服姿の清掃員と思しき人はたくさん見かけますけど・・・(笑)
 
 
 



P7300272
 
照りつける日差し。暑い暑い。汗だくです。ズボンの腰回りがグッチョリ。気候がいい時に歩けばそれなりに楽しいんだろうけど、これだけ暑いとちょっと堪えます。歩行者天国を歩ききりもうすぐ外灘(ワイタン)です。
 
 
 




P7300289

この外灘(ワイタン)と呼ばれる一帯は19世紀後半から20世紀前半にかけての租界地区(上海租界)で、その当時に建設された西洋式の高層建築が建ち並んでいる場所。巨大なレトロ地区と言える。
本当は夜に来ると夜景が素晴らしく綺麗らしいんだけど、昼間見てもそのスケール感とレトロな荘厳さには圧倒される。
そのレトロな外灘地区を背にして川(黄浦江)を挟んだ向こう岸を眺めると、これがまたレトロとは程遠いとんでもない景色が眼に飛び込んでくる。
 
 



P7300297
 
これが浦東新区の景色。余りに非現実的なスケールで目の前にそびえ立つ巨大高層ビル群。あっけに取られて、言葉がでない。なんだかまるでGCでも見せられているようで、現実感がまるでない。
 
 
 
 
 
P7300321
 
未来的な大都市の景観を見た後は、今度は豫園(よえん)へ移動。豫園は明代の役人が作った庭園。上海では避けて通れない観光スポットですね。日本語も回りから聞こえてくるし、日本じ観光客の定番コースなんでしょうね。
 
 
 
 
 


P7300396
 
暑くて暑くてたまらないんだけど、とにかく観光して回るしかないでしょ。広い庭園の中を汗だくになりながら歩きまわった。
 
 
 
 
 


P7300350
 
写真で見ると一見涼しそうだが、これが暑いんだよ、暑いったら暑い。
豫園を一回り歩きまわったあとは涼しいタクシーに乗って、次のスポットへ移動です。そう、先ほどのCGチックな摩天楼の建ち並ぶ浦東新区へ!




« 2011夏の思い出1〜上海出張1 | トップページ | 2011夏の思い出3〜上海出張3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/52637988

この記事へのトラックバック一覧です: 2011夏の思い出2〜上海出張2:

« 2011夏の思い出1〜上海出張1 | トップページ | 2011夏の思い出3〜上海出張3 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ