« サイクルツアー北九州2011 | トップページ | ナニコレ珍百景ツーリング »

2011年7月 1日 (金)

モバイルギア再び?


Mk_2
1998年、世間がインターネット時代に本格的に動き始めていた頃。僕はまだパソコンさえ持っていなかった。その頃は当然、ブログもSNSも無かった。ネットでつながっている仲間とのコミュニケーション手段といえばまだメーリングリスト(うわ!懐かしっ!)が主流だった。
ネットで見つけて参加したバイクのオーナーズクラブのメーリングリストは会社のパソコンで受けていたが、150通/日を超えるメールはもう仕事の邪魔になって邪魔になって・・・。(こいつら絶対仕事してねえ!)

ということで仕事の環境を守るため、メールを個人環境で受けるのに何らかのマシンが必要になった。当時、まだ携帯にはiモードはなく、携帯でインターネットメー ルをするなんて発想は誰も持っていなかった訳で、メールするにはまずはパソコンが必要だった。しかしメールメインのためにパソコンを買うにはとてももった いない気がしていたし、自分の中ではパソコンってまだオタクの持ち物という認識しかなかった。そこでパソコンではなく別のお手軽な機材を買うことにした。

Mcr320
それが当時NECから発売されていた「モバイルギア」というデジタルガジェットだ。
「パーソナル用途の本格的インターネットメールマシン」というキャッチコピーで登場したそれはPDAという位置づけながらフルキーボード装備、モデム内蔵でコンパクトなクラムシェル型の箱体。もちろん当時としてはこれが限界のバックライトなしの白黒液晶画面。ウェブサイトもまあなんとか"一応"は見ることはできた、が見るに耐えない、というのが実状。
これで自宅では電話を差し替え、出先ではISDN対応の公衆電話にモジュラーコードを接続してダイヤルアップでメール送受信してた。
これでも確か当時は7万円くらいしたんだよなあ。当時としては安かったんだど、ネットブックが3、4万円で買える今では信じられない値段かも。

でも、これものすごく重宝した。モバイルパソコンなんてものも無かった時代、出先でメールができたり文章が書けるのは画期的な出来事だった。出張先や電車の中でぱカッっと開いて起動時間もなく、すぐさまキーボードでサクサクと文章が書ける便利さは現在のパソコンや携帯でもかなわないでしょう。この操作性が気に入って、結局上の写真の2台を乗り継いできた。
これで新幹線や飛行機の中で長文のツーレポを書く楽しみを覚えたと言っても過言ではない。乾電池駆動なので電源に困ることもないのでロングツーリングに持って行ったこともあったよなあ。

しかし時代は移り、パソコンも携帯も驚異的に進化して価格も安くなった。さらに通信の接続手段も有線から無線へっして3G、WiFiも当たり前となり、「ダイヤルアップ?なにそれ?」みたいな・・・。
その後、パソコンを購入してしまうとあっと言う間にモバギのスタイルは陳腐化してしまい、さらには致命的とも言える機構的な破損も加わり、全く使わなくなっていった。

その後、高機能なPDAや携帯電話、そしてスマートフォンなど続々とあたらしいデジタルガジェットが登場してきたが、パカッと開いてサクサク文章作成できるツールはできなかった。そして「モバギ」は物書きを中心に伝説的な「名機」となっていきました。


Pomera
そして、2008年末、キングジムから「POMERA」が発売される。ネットへの通信機能が一切無いという割り切りまくった仕様で、「こんなものが売れるワケねえ」という大方の予想に反して大ヒット。メーカーが品切れのお詫びを出すほどだった。移動中にキーボードで長文を書きたいという需要は確実にあったのですね。一斉に飛びついた者たちの中にはきっと「モバギ」の便利さを経験した者もいたでしょうね。実際、POMERAの開発者も、「操作性の参考にしたのはNECのモバイルギア」だと公言しています。
もちろん自分も「これだっ!」と飛びついた中の一人です。
でもやはりイマドキはネットにつながる環境は欲しいですよね。なのでiPhoneプラス、Bluetoothキーボードという組み合わせも試みたけど、快適に文章を書くにはちょっとストレスが多かったなあ。膝の上とかでは使いにくいし。
出先で、電車の中でも快適に文章を書くとしたらやっぱり今のところPOMERAが最高。電池の保ちも良いしキーボードの出来もいい、辞書はATOKだし。でも折りたたみなので膝の上で使うのはちと不安定。

先日、ビックカメラに行ったとき、一台のパソコンが目に入った。小さなモバイルパソコンというかネットブック。よくよく手に取ってみるとOSはwindowsではなさそう。こりゃあ一体なんだ!ちょっと前に小さなクラムシェル型のLINUXマシンがシャープから「NetWalker」という名前で出てたが、あれよりはもっと大きい。そう、ちょうどVAIO P くらいの大きさだ。
妙にそそられたのでじっくり観察してみた。どうもOSにAndroid2.2を搭載しているらしい。要するにマシン的にはフルキーボードを搭載したAndroid携帯と言うわけだ。ただし、3G回線にはつながらないから通話もできないからもちろん電話じゃあない。でもWiFi環境では使える。もちろんパカっと開いたらいきなり使える。これはいい!

Lifetouchnote001_2
これ、NECから出ている「Life Touch NOTE」というマシンらしい。今年2月にすでに発売されていたらしいが全然知らなかったなあ。見ての通りフルキーボードを備えていて思いついたときにすぐ電源を入れてパタパタ文章を作成できる。電源は充電式バッテリーだが電池のもちはパソコンよりもずっといいらしい。WiFiでネット接続できる。Web閲覧ももちろん可能。Androidのアプリも使用可能。
スマートフォンとモバイルPCの中間みたいな製品だけど、これこそはまさしく現代の「モバイルギア」
じゃないかっ!実際、いろんなレビュー記事を見て回ったけど、必ず「モバイルギア」が引き合いに出されているのが面白い。開発者たちもやっぱりモバイルギアを意識して開発したそうだ。
結局、ビックカメラでは衝動買いはしなかったけど、うちに帰ってから気になって気になって仕方なくて結局ポチってしまいました(笑)
さて、POMERAとの使い分けに悩みそうだけどとにかく使い込んでみよう。そのうちレビューも書くかも。

« サイクルツアー北九州2011 | トップページ | ナニコレ珍百景ツーリング »

デジタル・ガジェット」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。熊本市からイヌビと申します。
 こちらで記載することではないと思いつつ投稿させていただきました。

 夏になると掲載されている牛深シュノーケリングについてご相談したいことがあります。
 もしお時間許されるなら、アドレスにご返信いただけると幸いです。

イヌピさん
シュノーケリングの記事でコメントしていただけると幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モバイルギア再び?:

« サイクルツアー北九州2011 | トップページ | ナニコレ珍百景ツーリング »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ