« しまなみ縦走2011レポート その1 | トップページ | しまなみ縦走2011レポート その3 »

2011年3月25日 (金)

しまなみ縦走2011レポート その2

P1000226_2 しまなみ海道は海峡部の橋梁として、
・新尾道大橋
・因島大橋
・生口橋
・多々羅大橋
・大三島橋
・伯方・大島大橋(伯方橋、大島大橋)
・来島海峡大橋(来島海峡第一大橋・来島海峡第二大橋・来島海峡第三大橋)
の合計10本の橋がある。
新尾道大橋は自動車専用道なのでこのうち自転車で渡れるのは9本だ。

ということで、まだ2本目の生口橋です。天気が良くて最高の景色だ。これからこの橋を渡るのかと思うとゾクゾクしますね。



因島大橋は鳥かごのような橋で、あれはあれでまた面白いんだけど、この美しい斜張橋の生口橋で海と空の間を駆け抜ける開放感が初めて味わえた。

P1000230




大海原の上を空を飛ぶように渡る。瀬戸内の多島美を満喫です。こりゃあ気持ちいい!

P1000236




橋の出口の料金所にクーポンチケットを投げ入れて次へ進んでいきます。

P1000237




料金所を出るとすぐに生口島のチェックポイントです。どんどん、確実にスタンプをゲットしていきます。

「がんばってくださいね!」「はい、ありがとうございます!」爽やかな挨拶が交わされていきます。

P1000238




生口島の瀬戸田町のジェラート屋さん、ドルチェに立ち寄る。ここはメインルートの脇にあって分かりやすくて、店も小ジャレていてとても目立つ店。もちろんガイドブックなどにも必ず載る人気店だ。

P1000251




店の外には自転車のスタンドもあり、当然サイクリストたちにも人気の店のようだ。

30845010_1043857800_62large

 
 
 
店内はこんな感じ。初めてここを通りがかったときは男一人で、とても入る勇気はなかったなあ。

P1000250




naga2さんは塩アイスとデコみかんをチョイス。特産品をダブルで揃えてみましたって感じだ。やるな。。。

塩はもちろん伯方の塩。デコみかんはこの島特産のいわゆる「デコポン」のようなミカンだ。デコポンはご存知のとおり、熊本特産のみかんだけど登録商標なので、ここでは「デコみかん」と言ってるんだろう、たぶん。

P1000241




ワタクシは栗アイスとチョコチップ。昨年はデコみかんと抹茶という組み合わせで失敗したので、今回はちょいと似通ったテイスト同士を取り合わせてみました。これはなかなか美味かった!正解!

P1000246

 
 
 
店を出たあと、耕三寺や平山郁夫美術館のある市街地を抜けるとヤシの木の生える爽快な南国っぽい海沿いの道が続く。ここも気持ちいいなあ。

P1000256

 
 
 
このあたりで変な乗り方をする人を発見。手放し運転なの?いや一輪車だ。中学生くらいかと思ってたらよく見たらおっちゃんだ。スゴイなあ一輪車でしまなみ縦走に参加なのか?完走できるといいねえ。当然スピードに勝る我々はとっとと追い越して行くのでした。
そのうちすぐに瀬戸田のサンセットビーチのチェックポイントに到着。烏龍茶やレモンピール(レモンの皮を乾燥させた甘いお菓子)をいただきました。

P1000258

 
 
 
ずらりと並んだ高そうな自転車。サイクリングイベントなんだなあっていう実感が湧いてきますね。でもけっこうママチャリで参加している人も多い。地元の人かと思ってたらしっかり参加者だったりする。

P1000259


 

坂道で自転車を押し歩いている女性。この人はきっと参加者だよねえ。でも単独参加なのか?スゴイなあ。

P1000262

 
 
 
さあ、いよい多々羅大橋です。前半のハイライト、まるでハープを思わせる優美な橋。そしてその美しい橋を取り巻く景観もまた素晴らしい。自然と人工の美しき調和。

P1000269


 
 
こないだまで世界最長の斜張橋だった多々羅大橋で海の上を飛ぶように渡っていきます。日差しも風も柔らかな空気も全てが気持ちいい。

P1000277

 
 

『多々羅鳴き龍』、ここで拍子木を打つと反響で面白い音が鳴り響きます。これは橋脚の間に音が連続反射して起こるフラッターエコー現象ですね。ここを通るときは毎回やっているけど今回もやりますよ。お約束です(笑)

30845010_1043857768_141large

 

 

多々羅大橋を渡って、大三島に到着。『多々羅しまなみ公園』のチェックポイントでスタンプをもらった。ここで全行程の約半分といったところか。そ ろそろ腹も減ってきた。ここはやはり『大漁』の海鮮丼を食べに行こう。ここの海鮮丼は魚嫌いの自分が唯一「美味いっ!」と思った海鮮丼なのだ。
めざすチェックポイント道の駅『しまなみの駅 御島』は直通ルートとは離れた位置にはあるけれど、まさにこの近くに『大漁』があるのでちょうどいい。
そしてnaga2氏の寄りたいと言っていた大山祇神社(おおやまずみじんじゃ)もちょうどここの隣だ。行かない手はない。

ちょっと予想してなかった三村峠に苦しんだけど、しまなみの駅 御島』のチェックポイントに到着。メインルートからはずれているうえ、ここのスタンプは「同一島内なので省略しても良い」ということになっているので、自 転車はほとんど見かけない寂しいチェックポイントだった。


スタンプをもらったあとはさっそく『大漁』に行ってみよう・・・。え!?何?この行列!人気があるにもほどがある!

P1000283




ということで先に大山祇神社に参拝に行くぞ。

真新しい、というか建築中の山門をくぐり本殿へ向かう。

P1000285

 
 

本殿に参拝。山の神、海の神、戦いの神として歴代の朝廷や武将から尊崇を集めた神社で、日本各地に一万社余りある山祇神社、三島神社の総本社なのだそうだ。 

P1000289


 

さて、『大漁』の行列に並んでる人は減ったかな?おいおい、ますます列が長くなっとるやないか!こりゃダメだ。

P1000295




しょうがないので近くの別の店に行ってみたよ。よくある観光地のレストランって感じの店だ。レモンじゃこカツラーメン?だっけ?naga2氏はこれをチョイス。

P1000297




自分は『かぐやうどん』というのをチョイス。出てきたものは単なる天ぷらうどんでした。あー、なんかちょっとがっかり。

P1000300

 
 
 
え?ちょっと待って!これ、麺が真っ黒じゃないですか?なんと竹炭を練りこんでいるんだそうだ。竹→かぐや姫、の連想で『かぐやうどん』なんでしょうね。
でも味は普通にうどんでしたけど・・・

P1000304




さて。せっかくここまで来たので大三島の北の端まであるサイクリングコースをぐるっと回っていこう。

予想外のキツイ峠に泣いたけどその後は海沿いをのんびりクルージングだ。
ところがここで痛恨のパンク!

30845010_1043857668_165large

 
 

ちょっと慌てて修理したもんだから、タイヤレバーにチューブを挟むか何かで再びチューブに穴を空けてしまって実質2度もパンク修理するハメに。トホホ。

まあちょっとタイムロスしたけれど、ちょど良い休憩だったかな。


ということでまだまだ旅は続きます・・・

« しまなみ縦走2011レポート その1 | トップページ | しまなみ縦走2011レポート その3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/51215217

この記事へのトラックバック一覧です: しまなみ縦走2011レポート その2:

« しまなみ縦走2011レポート その1 | トップページ | しまなみ縦走2011レポート その3 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ