« サンダーバード1号 | トップページ | 天草サイクルマラソン2011(前日) »

2011年2月27日 (日)

今年最初の角島ロングライド

P1000030
土曜日は角島へロングライドに行ってきた。
天草サイクルマラソンまであと一週間となり、一度くらいロングライドをやっておかなければ!ということで行ってきました。以前からマイミクよし ちゃんと「ロングライド行こうよ!」という話にはなっていたのでこの機会に一緒に走りに行くことにした。どこに走りに行くかは未定のまま。秋月~小石原 ルート、志賀島ルート、角島ルートが候補だったけど最終的に距離の割には楽な角島ルートに決定。
マイミクよしちゃんとはご近所さんにして幼なじみ。学年が違うから中学高校あたりからは全く疎遠になっていたけれど、まさかこんな歳になって自転車で一緒に遊ぶ日が来るとは・・・。多分30年以上ぶりでしょうかね

約束どおり朝8時30分ジャストにスタート。日差したっぷりでも風はまだ冷たさを感じる。でも走っている分にはちょうどいい気温かもしれない。朝の小倉の街を駆け抜け、35分で関門海峡フェリーの九州小倉側の日明港に到着。

P1000006

自転車+人で300円。関門トンネル人道を通れば20円で済むんだけど、フェリーで渡るほうがなんとなく旅情があるのだ。トンネルは帰りに通ればいい。


P1000009

9:20だと思ってちょうどいい時間に来たつもりが、実際には20分後の9:40発だった。ネットで確認したのはどうも下関側(荒田港)の出発時刻だったようだ。まあいいかしばし待とう。


P1000008

フェリーが到着しました。これから乗り込みます。


P1000011

13分間の海峡クルーズ。プチ旅気分を味わいます。


P1000013

本州下関側の荒田港は彦島にある港です。ここからかつて有料道路だった旧彦島道路を走り本土へ向かうことになります。この旧彦島道路の展望・休憩スペース「ナイスビューパーク」から響灘を望みます。雄大な風景に心も広がります。それにしても天気がいい!サイコー!


P1000014

彦島大橋を渡ります。1975年の開通当時「世界最長のコンクリート橋」であった彦島大橋、高さがあるので高所恐怖症の人には渡るのは辛いのかも。しかも大型車がけっこう通るので自転車で走るのはさらに怖いでしょうね。


P1000015

もちろん彦島大橋からは響灘を大きく望めます。青い空と碧い海が美しい。向こうには国際コンテナターミナルとなる建設中の人工島、「長州出島」が見えています。


P1000016

これが長州出島と本土とつなぐ橋。長州出島が完成したら一般人でも渡れるようになるのかな?
そもそも一体いつ完成するんだ?いつまでたっても工事中だが。
R191に出たらあとはまっすぐ角島へまっしぐらだ。追い風に乗って2台は滑るように走って行きます。渋滞気味の街中をクルマを抜き去りながら走るのが痛快だ。

P1000020

川棚過ぎたあたりからは今度はよしちゃんに前を引いてもらう。納車したばかりCannondale SuperSixが眩しいぜ!実はこの日は納車してから初のロングライドなのだ。実はロングライド用には別にクロモリを1台注文していて納車待ちだとか。 で、このCannondaleのカーボンバイクは坂専用に組んだものらしい。でも平地も速いよ~
そしてやはり、坂道速いっ!平地そのままの速度をキープしながらずんずん坂を登っていくんだから困ったものです(笑)
一番大きな峠でも標高44m。ほとんどのルートで美しい海を左手に見ながら淡々と走って行きます。ほんとに気持ちの良いルートですね。


P1000021

そのままずんずん走って、角島大橋の絶景ポイントに到着。なんとよしちゃん、この場所知らなかったとか。角島大橋が有名になったのはこのビューポイントからの撮った写真がブログやなんかに紹介されていったからだと思っているんですけどねえ。
自分が以前ここで撮った写真もブログに載せてますがけっこういろんなところでパクられまくったものです(笑)



P1000024
P1000028

しっかし、ここからの風景は何度見てもいいですね。春~夏に見るほどの透明感のある海のきらめきはないけれどこの季節も素晴らしい。


P1000031

もちろん角島大橋を渡って角島に行きます。ここを自転車で渡る爽快感は車なんかでは味わえないものですね。バイクでも気持ちいけど一瞬で終わってしまうんですよね。

 
 

P1000034

「しおかぜの里角島」に到着。自動販売機にはこんなペイントしてありました。なんと下関はサイクルタウンとして売り出し中のようだ。たしかに「ツール・ド・しものせき」が人気イベントになってるし、自転車で走りやすく、とにかく風光明媚ですもんね。


P1000036

ハラ減った。メシにしよう。二人ともイカカレーをチョイス。私は600円普通盛りにした。


P1000037

よしちゃんは700円大盛りをチョイス。・・・ちょっとまて!100円違いで量は倍ですかっ!?
なんか釈然としないものを感じるなあ。しかし、この量は食いきれないゾ(笑)


P1000044

そして角島名物「青のりソフト」をいただきます。
青のり??ええっ?って思われるかも知れませんが、ほぼこれは抹茶ソフトですね。ほんと抹茶みたいな味がする。でも最後には青のりの味が確かに口の中に残ります。


P1000047

さて、ではまた角島大橋を渡って来た道を帰ります。また川棚まではよしちゃんに前を引いてもらうんだけど、これが速い速い。気を抜くと置いて行かれるのでめちゃめちゃ頑張って走ります。当然坂道速いんだけど平地も速い。
川棚からは自分が前を走ります。今までの速さをキープせねば迷惑だろうと自分も必至で走りました。
あとで聞くと「なんでそんなに速いんだー!きつくてたまらんかった」らしい。なんで?そうなの?普通後ろを走るほうが圧倒的に楽なはずなんだけど、今回は後ろ走ってるほうがお互い辛さを感じていたみたいだ。
ということでどう考えてもお互い普段よりハイペースで走っていたみたいで、下関市街に戻って来た頃には二人とも脚が終了していたようだ(笑)
関門トンネル人道を通って帰るつもりだったけど、若干遠くなることと、人道を自転車押して歩きたくないので帰りもフェリーで帰ることにした。フェリーなら脚も休めるしね。あせあせ


P1000049

ちょうど乗れそうな便の時間に間に合いそうだったんだけど、あまりにもペダルを踏む脚が重いので、一本フェリーの便を遅らせてもいいや、って気になってきた。そんな感じでダラダラ港に向かってたんだけどなんとか滑り込みで乗れた。
たった13分だけど、この休憩が嬉しい(笑)
そして無常にもフェリーは日明港に到着、接岸です。




 

P1000050

もう、日がぐっと傾いていて夕方が近い。
港から自宅までは残すところ13km、 もう疲れ果てた2人はクールダウンをかねてのんびり帰って行きました。
きつかったけど天気も良くて楽しかった♪
よしちゃん、また走りに行こう!次は志賀島かな。

本日のルート

サイクルコンピュータでは約150kmでした

« サンダーバード1号 | トップページ | 天草サイクルマラソン2011(前日) »

旅行・地域」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/50984554

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最初の角島ロングライド:

« サンダーバード1号 | トップページ | 天草サイクルマラソン2011(前日) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ