« 大連出張その2 | トップページ | 大連出張その4 »

2010年12月 3日 (金)

大連出張その3

R0021061

なんとこの日は前日よりさらに早く仕事が終わってしまった。
もう軍事施設を写してしまうかも、なんていう変な心配もかなぐり捨ててカメラ片手に街にくり出そう。
iPhoneを中国のキャリアに接続し、GPSマップを頼りにうろうろ。日本国内のSoftBankより圧倒的によく繋がって実に使いやすいぞ!(笑)
でも、どこ行こう?歩ける範囲で面白い場所ってあるのか?

まずは商店街みたいなところをブラブラ。露店の数がすごい!

R0021065 
まあ、とりあえずここか。中国語で「大連俄羅斯風情街」、つまり「ロシア人街」に来てみました。もちろん今はロシア人などいるはずもありません。神戸の異人館みたいなものか。
歩道には露天のおみやげ物屋さんだらけ。

R0021066

なんだかいかにも作り物っぽい感じがするな・・・。
そうです。ほとんど作り物です。本物(オリジナル)は数えるほどしかないとか。ほとんどがこの通りウソ臭いロシアもどき建築です。
オリジナルのロシア建築はこの通りの隣にあるそうなんですが、老朽化も激しく街はスラム化が進んでいるとかでちょっと近づくのはためらわれます。

R0021067

この建物もなんとも言えないハリボテ感が漂ってきて嘘臭さ100%(笑)
まあテーマパークだと思えば・・・

R0021071

この老朽化進んだ感じからこれは本物かなって感じですね。

R0021072

これもオリジナルっぽいですね。旧大連自然博物館だそうです。よくみるとボロボロです。現在、大連自然博物館は移転されて星海公園の近くにあるそうです。歩いては行けないなあ・・・。もっと時間があればタクシーでも行きたかったが。

R0021077_2

ハリボテ街の向こうに大連の新しい街が見える。

R0021085

これって間違いなく門司港レトロにある国際友好記念図書館のモデルになった建物ですよね。つまりロシア帝国が1902年に建設した東清鉄道汽船会社事務所。
そういえば大連と北九州市は友好都市だったなあ。多分その縁で
「国際友好」の名を冠して門司にレプリカを建てたのかな?
ただ、調べるとこの大連の建物も複製とか。しかも2000年建築らしい。じゃあ門司のより新しいじゃん!(ボロいけど
もう何が何だか・・・(笑)

R0021093

裏通りに来てみました。きらびやかな表通りとは違う。ハリボテストリートとも違う本物の中国の臭いがするぞ。でもなんかちょっと怖いぞ(笑)

R0021098

果物や野菜などの商材を売る地元の庶民相手の露天が並びます。

R0021107

R0021108

正直、街はボロボロ。壊しているのか壊れているのかよくわからない。

R0021117

大陸横断でもしそうな長距離列車が佇んでいます。機関車がデカい!客車が長い!

R0021119

昔ながらの懐かしい路面電車が走っています。

R0021123

しかし同じ線路に最新のLRTも走っているこの不思議な光景。交通ルール最悪なこの街ではやっぱりクルマの渋滞に巻き込まれまくり。歩いている僕のほうが追い越してしまったよ(笑)
そして写真でご覧のとおり大連の街には自転車やバイクは一切走っていません。なぜだろう。禁止されているという話も聞いたことあるが真相は?
そしてもうひとつの大連の街の景観の特徴は電柱がないこと。なんか非常にすっきりしている。

R0021131

表通りは一転してめちゃめちゃオシャレ。高級ブランド品の店がずらりと並びます。でもこんなところで日本人は買い物しないとか。日本で買ったほうが間違いなく本物を買えるからとか・・・。そういうことか。


R0021136

とにかく新しい建物はでかいビルが多い。そしてまだまだ、ぶち壊した古い街の上に新しい建物を建てまくっています。
道路は片側3車線があたりまえしかしこの広い道路は人々は信号無視して渡っていきます。怖ぇ〜!若いおねーちゃんも信号なんてそもそも無いかのように器用に車の間を抜けて渡っていく。信号を待っている方がむしろ恥ずかしくなるくらいだ。

R0021144

R0021146

R0021149

夜の大連の表通りはきらびやかの一言に付きます。裏通りとのギャップが激しすぎる・・・

R0021156

R0021153

今晩の晩飯は「もつ鍋」
博多に本店のある店の大連店らしい。
まったく日本そのものの店内。日本語の話せる店員。日本そのもののメニュー。お客もほとんど日本人。落ち着くといえば落ち着きますねえ。
味はもちろんそのまんま本場の味、美味い!
まあ、もつ鍋の写真を撮るなんている愚行はしませんでしたので写真はありません。
シメはチャンポン派、雑炊派に分かれましたが、中国歴の長い人は迷わず雑炊?
なぜ?定番はチャンポンでしょ?
食べてわかりました、麺が違います・・・。ゴムだコレ・・・

と、そんな感じで毎日食いまくり。しかも全然カラダを動かさない。まずいよこれは、太るよ。
というかすでにお腹まわりがパンパンなのが実感できる・・・(哀)
 

« 大連出張その2 | トップページ | 大連出張その4 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/50177256

この記事へのトラックバック一覧です: 大連出張その3:

« 大連出張その2 | トップページ | 大連出張その4 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ