« 佐賀インターナショナルバルーンフェスタ 2010初日 | トップページ | 今年の紅葉 »

2010年11月 8日 (月)

瀬戸内浪漫紀行(とびしま海道編)


11月6日 土曜日・・・
バルーンフェスタだの、うすき竹宵だのほざいていましたが、結局のところ「とびしま海道」行ってきました! ついに念願かなったというところでしょうか。
「とびしま海道」とは正式名称「安芸灘諸島連絡架橋(あきなだしょとうれんらくかきょう)」です。それは、広島県豊田郡大崎上島町と、その南東に位置する安芸灘諸島を結び本州側の呉市に至る区間を8つの橋梁(総延長約5,300m)で構成された橋の総称なのです。一部には「裏しまなみ海道」と呼ぶ者もいますが・・・

Map2
きっかけは先日「サイクルツアー北九州」にてばったりと遭った学生時代の友人K岩君からのお誘いメール。K岩君ところの会社のメンバーで「とびしま海道」走りに行くから参加しない かという誘いだ。メンバーはみんなK岩くんの勤務する、マ○ダの社員の方々で、もちろん地元の人たち。わざわざ自分一人が九州から参加するのもどうかと思っ たかけど、これぞ千載一遇のチャンス、とばかり行ってきた。ずっと行きたかった「とびしま海道」、これを逃したら今度いつ行くチャンスがあるかわかりませんからね。
ということで先日のバルーンフェスタのときと同じく、またまた3時起きで準備して出発だ。夜明けなんてまだまだの真っ暗な高速道路を広島に向かって走る。もう中国自動車道では気温4℃のところもあり、いよいよ冬もやって来ているという感じ。
K岩邸に6:30に到着し、彼のMPVに乗り換えて呉の先の広の運動公園オークアリーナまで行く、ここの駐車場に車を停めて自転車を降ろした。頭上には快晴の青空が広がっている。ここからが本当のスタートだ。
キリっと張り詰めた朝の冷たい空気が気持ちいい、というかむしろ寒い、いや相当寒い。厚い冬用ジャージにウィンドブレーカーという出で立ちだが、 それでも寒かった。しかし、走り出して安芸灘大橋手前の集合場所まで来るともう汗が流れてきた。なにしろ日差しが強い。日焼けしそうだ。日向では暑いけど 日陰では寒いという極端さ。

R0020497

安芸灘大橋の通行料は普通車700円、二輪車も50cc以上は550円とかなり高い。帰りも通るわけだからその倍のお金がかかる。こりゃ結構な値段である。しかしながら自転車は無料!この優越感!(笑)
こりゃサイクリストに人気が出るわけだ。

R0020494

料金所の前で全員集合。総勢8名、だったかな?
まずは安芸灘大橋を渡ります。瀬戸内の海を見下ろす海上の道。

R0020505

R0020508

R0020512

下蒲刈島に渡るとすぐに次の橋、トラス橋の蒲刈大橋で上蒲刈島へ。海にすぐ面した道を快走する。

R0020519

上り坂を淡々と登っていく。みなさん速いっ!
坂を登って行った先はトンネルだ。このトンネルを抜けると目の前に豊島大橋(愛称:アビ大橋)がどーんと目の前に現れる。この橋からの瀬戸内の眺めも絶景!青い空と青い海の間を飛ぶように橋を駆け抜ける。

R0020530

橋を渡り切ると今度は下り。みかん山の斜面を海へ向かって駆け下り、また海沿いへ。ここは豊島、満潮の海面がすぐ横に迫る海沿いの道をまたまた快走。

R0020534
またも長大なトラス橋、「豊浜大橋」を駆け抜け、大崎下島へ渡る。

R0020535

満潮の海がすぐ横に迫る。青い海、穏やかで鏡のような海。僕らはそのすぐ横を滑るように駆け抜けていく。

R0020538

なんとK岩君、脚を攣る!みんなで暫し回復を待つ。


非対象な斜張橋、平羅橋を渡り、小さな島々を数珠つなぎに渡る。
平羅島〜中の瀬戸大橋〜中ノ島〜岡村橋〜岡村島。岡村島が現在のところとびしま海道の最先端だ。ここはもう愛媛県。そう、この岡村島にかかる岡村橋の中ほどが実は広島県と愛媛県の県境。写真スポットにもなっているらしい。じゃあ我々も思う存分を写真を撮るよ。

R0020548

R0020549

R0020552

ここからUターンして帰路へ。しかしその前にちょっと観光。
江戸時代の雰囲気を残すという御手洗(みたらい)の町並みを観光だ。

しかしなんと、ここに来てワタクシの自転車が痛恨のパンク!
原因がよくわからなかったのでタイヤをチェックしたあととりあえずチューブ交換だ。

R0020569

人に見られながらのパンク修理はなんか緊張するなあ・・・

R0020573


ここ、御手洗(みたらい)地区は、瀬戸内海に浮かぶ大崎下島(広島県呉市)の港町。江戸時代以降、潮待ち・風待ちの港町として賑わった。しかし、山陽線の開通と機帆船の時代を迎え、往時の賑わいは終焉を迎えた。交通の便が悪く、他の地域に比べて開発が遅れたことで結果的に江戸後期から昭和初期の建物が数多く 残ることになった。
そして、1994年(平成6年)に全国で38番目の重要伝統的建造物群保存地区に選定された。
自治体としては御手洗村として発足、1956年(昭和31年)大長村などと合併し豊町、2005年(平成17年)に呉市に編入された。
この御手洗の街はかつて風待ち、潮待ちの港の歓楽街として栄え、公認された4軒の"茶屋"とともに、船員相手に遊女の「船後家」の商売も行われていた。中には1軒で100人の遊女をかかえていた茶屋もあったとか。
当時は住人の数割を遊女が占めていたという花街だったというが、現在のガイドマップや観光ガイドではその存在は完璧に抹消されている。遊女の 「ゆ」の字もない。遊女達の墓地というものもあって展望台からも見えるのだけど、ガイドマップには一切記載がない。観光地となるためには負の遺産は消し去るしかないのだろうか・・・。なんだか石見銀山の処刑場跡、千人壷のようではないか。ああ、無情。

R0020575

歴史の見える丘公園というところまでヒルクライムだ。みかん山の急坂を必死に登るぜ!

R0020576

げ、予想外に高いところにある展望台みたいだ。

R0020586

でも、景色は素晴らしいですねえ。走ってきた島々や橋が一望できます。

R0020590

写真では分かりづらいですが、なんと来島海峡大橋もうっすらと見えています。

R0020587

しばし休憩です。記念写真もみんなで撮りまくった。

坂を降りて、かっとびチームと別れ、K岩くんと僕とで御手洗の街の観光です。
でもまずは腹ごしらえですね。

R0020603

R0020592


狭い路地を入っていくとそこはまさにタイムスリップしたかのようなレトロな空間が広がっている。なんだか鞆の浦に通じる雰囲気もありますね。

R0020624

R0020617

日本で一番古いという時計屋さんです。もちろん今も営業しています。どんな古い時計でも修理するとか。

R0020635_3

自転車を降りてしばし散策してみます。ちょっとわざとらしいですか?すみません(笑)

R0020642

来た道を帰ります。もういちど次々と橋を渡って帰ります。

R0020652

西に傾いてきた日差しで光る海を横に見ながら快走です。

R0020653

ここでもやはり、お約束の自撮りです(笑)

R0020666

一番新しい豊島大橋は優美な吊り橋ですね。こちら側から見るとまた西日に映えて美しい。

R0020676

R0020679

橋の上からの風景がまた美しい。行きがけはかっ飛ばしていたので景色はあんまり見れなかったので帰りはのんびり堪能して帰ります。

R0020687

トンネルを越えると下り。これから先は上り坂は殆ど無い。安堵・・・


R0020706

安芸灘大橋からすぐの下蒲刈島にもレトロな界隈がありました。あ、そうか行きにはここは走っていなかったんだ。まあ石畳だし、自転車で走るのに快適な道では確かに無いですけどね。

R0020710

あ、子猫だ!

R0020711

ネコを見たらとにかくまずは触るんです。すみません。

R0020717

やっと安芸灘大橋のたもとの公園に到着。ワケのわからないモニュメントの間に安芸灘大橋が見える。
大橋を渡り、オークアリーナまで戻ってサイクリング終了だ!いやあ絶景のサイクリング楽しかった

K岩君、ほんとうに有難う。他にも島々を巡るサイクリングコースのネタを持ってるらしいのでまたいつか参加させてもらおう!

R0020722

R0020730

R0020746

クルマでの帰り道にまだ時間があるので呉の「てつのくじら館」を駆け足で巡って来た。ほんとに本物の潜水艦を展示してるんですね。なんかすごいな。

そして最後はやっぱりお好み焼き!
もちろん本格的な広島風ですね。

R0020757

目の前で焼いてもらう。

R0020763

K岩君おすすめのお好み焼き屋、ゴチになりますっ!
けっこういろいろ楽しさてんこ盛りのサイクリングでした。こりゃあまた行かなくちゃ!だね。

K岩君、ホントに今日はどうもありがとう!!そして皆さんにもヨロシク!
また島めぐりやりましょう!


« 佐賀インターナショナルバルーンフェスタ 2010初日 | トップページ | 今年の紅葉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

気持ちのいい天気、景色、海道やったね。今年最高のツーリングなったよ。
また一緒に走りましょう。
攣った脹脛、まだ痛いかな。

6日とびしまをご一緒したT島です。
K岩氏よりこのブログを紹介されました。
きれいな写真ですね。
仲間内では、秋吉台や津和野へ行きたいという話が出ていますので、機会があれば、また是非ご一緒しましょう。

>K岩君
いやあ、ほんと素晴らしかった。
瀬戸内、島巡りの旅、病みつきになりそうだ。また良いコースを考えて誘ってください。九州から行きますよ〜

>Pathhunterさん
先日は大変お世話になりました。素晴らしい道と景色に感動しました。途中何度も停まって写真撮りたくなるほどでした(笑)
皆さまの足手まといになるかもしれませんが、次回もありましたら是非お願いします。

きゃあ!広島にいらしてたんですね!?
車とばして来て自転車とは…すごいです。
自分達が気がつかない瀬戸内海の綺麗さを改めて見せてもらえて嬉しいです。
ありがとうございます。私は週末、県北の山に紅葉を求めて歩いていましたが、ガスってて何も見えず、で月曜日に田舎の山に松茸探しに行きましたが週末によその人が入ってるからあるわけない、と 父の言葉通り、影も形もなく…
今年は豊作と言われてるのに……なかなか難しいですね。

>かこさん
そうです。広島行ってました。
なんですか?瀬戸内海のきれいさを気付いてなかったんですか!?それは残念すぎる。
こんな風光明媚なところを!なにしろ日本初の国立公園ですよ。
瀬戸内海はフェリーで横断したり、橋で縦走したり何度も楽しんでますよ〜。
かこさんは週末は山だったんですね。私も冬になったら広島の山の方に行っちゃいますよ(笑)

よくご存知で。瀬戸内海の真ん中の鞆の浦が日本初でしたっけ?
仙酔島にもよく通いました。

OnOuEさんは冬はスキーですよね?過去ブログ拝見しました。ぜひご一緒したいものです(笑)。

瀬戸内海って潜ってしまってから、あまり好きではなくなってしまったのか、改めて美しさに気づかさせてもらってホント嬉しいです。

OnOuEさんの過去ブログで私の携わっている仕事に関係するお店のハウスカードの話とか書いてあって、顔も知らないのに、なぜか勝手に親近感を抱いてます。

>かこさん
日本初の国立公園は1934年に瀬戸内海国立公園、雲仙国立公園、霧島国立公園の3か所が同時に最初の指定を受けました。鞆の浦だけってことではないと思います。
仙酔島って鞆の浦の真ん前のあの島ですか?なにかあるんですか?あの島。
潜るって、スキューバか何かやってるんですか?なんだか凄いアクティブですね。ウィンタースポーツもやるんですね。
雪山で会えたらいいですね(^o^)
ハウスカードって、やっぱ広島つながりで、ゆ◯カードのことでしょうか(笑)

OnOuEさん!
カード、ビンゴです。飯の種です(笑)


仙酔島は蒸し風呂があったり、焼き物体験できたり、昔の方法で塩を作っていたり、ほんの数分のフェリーで別世界でしたよ。泊まり客がいたら18時から和太鼓披露してたり…とか。ただ、しばらく行っていないので今も続いてるかどうかは不明ですけど。

海は沖縄の海潜った翌週瀬戸内海潜ってしまい7メートル潜るとまっ黒闇で、怖くなって遠のいちゃいました。


スキーも雪が降らなかったり、タイミング合わなかったりでしばらく行けてないけど今季こそは行きたいんですよ~。
市内で雪がチラチラしだしたら、いてもたってもいられなくてタイヤ履き替えて行くほどの時もありました。スキー行きたさにタイヤの付け替えできるようになったんですよ。

かこさんはスキーもされるんですね。
広島だからきっと本格的なんでしょうね。
なんかすごく活動的ですよね。他にもいろんなアクティビティに手を出していそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/49975588

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内浪漫紀行(とびしま海道編):

« 佐賀インターナショナルバルーンフェスタ 2010初日 | トップページ | 今年の紅葉 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ