« リフレッシュ休暇ツーリング〜紀伊半島〜 | トップページ | リフレッシュ休暇ツーリング〜ビーナスライン〜  »

2010年10月21日 (木)

リフレッシュ休暇ツーリング〜鳥羽水族館から富士山〜 

R0020103

10月12日(2日目)
鳥羽〜富士山
せっかく鳥羽に来たのだから、「銀河系最大級」を標榜する鳥羽水族館に行ってみなくてはならんだろ。ライダーハウスを8時に出たが、水族館の開園は9時。時間があるのでパールラインを走ってみよう。
元は観光用有料道路だったパールライン、
平日の朝なんて車はほとんど走っていない海を望む高台のルートを快走だっ!展望台に滑りこんでみたがお店などは開店前山車誰もいない。
展望台には鳥羽一郎の歌碑がある。ここの出身らしいよ。でも正直どんな歌なのかはよく知らない・・・。
鳥羽の展望台でしばし広大な海の風景を楽しんだ。

 

 
 
 
 

9時前に水族館まで戻ってきた。券売機がオープンするまでちょっと待つ。大人1名2,400円か。けっこう高いなあ。水族館ってだいたい1,800円前後ですよねえ。それを考えるとやっぱ高い。でも高い分だけ期待も高まるというもの。

チケットを買って早速入館。平日朝の水族館は当然人はまばら。存分に見て回れるぞ。さてどこから見てまわろうか。

Pa126372
 
Pa126482

美しい熱帯の海を再現した水槽。

Pa126381
カブトガニ。なんでひっくり返っているのか?

 
 
Pa126383

生きた化石、オウムガイ。元気に泳ぎ回っていた。
 
 
 
 
 
 
Pa126393

ミノカサゴ
 
 
 
  
 

Pa126495

ウミガメも水槽の中を泳ぎまくっている。
 
 
 
 

R0020112

クリオネ。部屋の真中にある水槽で展示されていたので向こう側も写り込んでしまうぞ。



次に海獣のコーナー。ジュゴンやスナメリが見られる。


Pa126455

じっとしていてまるで置物のようだったジュゴン。



Pa126398

水槽の中を泳ぎまくっているスナメリ。こんな動き回っていては写真撮れんぞ、と思っていると1頭のスナメリが僕の前でピタリと止まった。まるでポーズを とっているようだ、というより実際にポーズを取っているぞ、こりゃ。周りの女性客たちもそれを見て「かわいー!」と騒ぎ出した。
 
Pa126406




しかし彼女たちがカメラを 向けても見向きもしない。もう一度僕がカメラを向けると僕の真ん前のアクリルガラスの前でピタリと止まる。位置を変えてもやっぱり僕の前で止まる。どうも 携帯やコンパクトカメラには見向きもせず、一眼レフにしか反応しないみたいだ。えー!写真を撮られてることがわかるのかな?かわいー!

Pa126402



クジラ目(もく)の 動物の中では一番首の可動域が広いので首がよく動く。なので知ってか知らずか首をちょっと傾げるポーズがまたかわいい!たまらん、連れて帰りたい(笑)
入場料2,400円ってのは水族館としては結構高めだが、このスナメリに会えたのでまあいいや(笑) バイバーイ!

Pa126473


R0020119

小腹が空いたので水族館のレストランで伊勢うどん食べた。汁がなくてまるでソースのような濃い醤油がかけられているだけ。コシなんてまるでない柔らかいうどん。これが伊勢うどん。
 
 
 
 

 


R0020120

廃止されてしまったとばかり思っていた伊勢湾フェリーは愛知側、三重側の自治体の支援によりまだ運行されていた。せっかくだからこれに乗って行こう。
乗客はさすがに平日だけあってほんとに少ない。こりゃ赤字になるのはあたりまえだなあ。
抜群に天気のいい伊勢湾を横断し、渥美半島の伊良湖に到着。ここから渥美半島の南岸を駆け抜ける。

R0020139

直線的な砂浜がどこまでも続く景色が雄大。この砂浜に 沿ってこれまた直線的な道が続く。沿道に植えられている椰子と折りからの強い日差しも相まって季節外れの夏気分、南国気分だ。
 
 
 
 
R0020152

高速道路のような浜名バイパス。ビーチ沿い、そして浜名湖沿いの景色の良い爽快な直線道路。

 
 
 
 

Pa126498
途中、日本三大砂丘と言われる遠州大砂丘に寄ってみたが全然観光的なスポットではなかった・・・。


さあ、こんな感じで気持ちいい道を快調に走っているが今晩はどこで宿泊するのか決めてない。木曽へ向かうか富士山まで行くか、はたまた寸又峡あたりのキャンプ場でビバークするか・・・。幸い本栖湖キャンプ場に連絡がつき、キャンプ可とのこと。やっぱ北関東を目指していたんだから、ここは富士山まで一気に行くしか無 い!そうなると時間的に東名高速を一気に駆け抜けるしか無い。
磐田ICから東名に駆け上がり一気に富士へ。のつもりが延々工事区間が続き、ほとんど走行車線側を潰された1車線の走行が続いた。車の列に混じってのほぼ70km/h程度の巡行が続く。もちろ ん完全に停止することもあり。これでは下手すると明るいうちに富士山の姿を拝めないのではないか?それじゃあ富士山行っても意味ないじゃん!

 
 
  Pa126507

東に進めば進むほど、日は西 に傾いていく。なんとか西の山の端に日が沈む前に富士山の展望がひらけたところに出た。

 
 
 

R0020163

それまで掛かっていた雲も消え去りほぼ富士山の全容が拝めた。やっ ぱり富士山ってデカい!そして美しい。しかしそのあとすぐに霧に隠されてしまった。なんてツイてる!
本栖湖までの道を下って行っているうちに日はとっぷりと暮れてしまった。本栖湖へ到着したがもう当然周りに人の景色は無い。受付は朝でいい、とのことで管 理人も帰っている。本栖湖キャンプ場は広大な林間のキャンプ場。どこにテントを張りゃあいいのか迷ってしまう。とりあえず水場とトイレの位置を確認し、平 らで乾いた地面を選んでテントを張った。

R0020177


幸い、auもSoftBankも圏内でありmixiにリアルタイムツーレポを書いたりして過ごしたので退屈も寂しさもあまり感じなかった。
そしていつの間にか熟睡。寒くもなく快適に眠れた。なんだかライダーハウスのベッドよりもテントの中のほうがよく眠れるのはなぜだ。

<本日のコース>

« リフレッシュ休暇ツーリング〜紀伊半島〜 | トップページ | リフレッシュ休暇ツーリング〜ビーナスライン〜  »

バイク」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いいポイントでの見事な夕焼けと富士山! できれば雪を被ってて欲しかった… でしょうか。
この前、浜名バイパスはやめたんですよね、やっぱりいい道だ~!
南伊豆もリベンジしたいので、ここもセットだな(・∀・)

愛嬌たっぷりのスナメリ☆ 私も会ってみたい♪

す、すみません↑ 名前なくても投稿されるのですね。。

>かおりんさん
夕日がいい感じでしょ。もうギリギリだったんですよ。このあと霧がかかって、さらに日没。ここまで来て富士山見れなかったらがっかりでした。
たしかに雪かぶってる方がカッコいいですよね。
スナメリかわいいです。福岡周辺だと、マリンワールドか海響館にいますね。
海響館のはバブルリングをやるそうですよ。観に行きたい・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/49800235

この記事へのトラックバック一覧です: リフレッシュ休暇ツーリング〜鳥羽水族館から富士山〜 :

« リフレッシュ休暇ツーリング〜紀伊半島〜 | トップページ | リフレッシュ休暇ツーリング〜ビーナスライン〜  »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ