« 滝巡りツーリング2010夏,その2(8/28〜29) | トップページ | 角島RUN 2010動画完成 »

2010年9月 8日 (水)

角島RUN2010(9月5日)

Imgp0240

豊前の「サイクルショップおおもり」さんの企画、というかmixiの「TEAM SENNAコミュ」の企画と言おうか、とにかくいろんなショップ、チームの壁を越えて楽しんで走ろうという自転車イベント、それが角島RUN(ゆっこちゅんRUN)だ。なので、無所属の僕でも参加しやすい。
昨年、初めて参加して今年は2回目だ。
昨年は8月開催だったけど今年は9月にずれ込んだ。だけど猛暑の続く今年、去年のイベント開催時よりも明らかに暑いよ。
しかも9月開催になったせいで、関門トンネルの通行止め期間にかかってしまったので今回は自走で行くのは諦めた。ということでクルマに自転車を積んで出発だ。

 
 
 
 
 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 Imgp0176

川棚温泉〜角島往復70kmがイベント基本型。朝8:30に川棚グランドホテルお多福の前に集合だ。ほぼ全員九州からの参加なので、みんなクルマに積んできたり、電車で輪行してきたり、あるいは関門トンネルの代替バスを使ってでも自走にこだわったりと、参加の形は様々だ。
僕はクルマで関門橋を渡って行くという一番の楽勝コース。ほんとは自走したかったけど代替バスは去年の通行止め時は自転車の扱いがぞんざいだったという噂だったので今回は回避した。




 

Imgp0181

川棚グランドホテルの駐車場に集合。みなさんあちこちで再開の挨拶を交わしている。同じ自転車乗り、結局いろんなところで繋がっていて、1,2人を介すればみんな知り合いになってしまう。
続々と集まってくる参加者たち。結局30人以上集まったようだ。
 
 

 

Imgp0185
さあ、これから一緒に楽しく走りましょう!
 
  

 

Imgp0186 
おそろいのチームジャージを披露するメンバー。なんだかずいぶんと和風情緒溢れるデザインです。

走行中の画像は無し。全て動画でとったのでそのうち編集して公開しますよ。

Imgp0220
土井が浜弥生パークで休憩。
 
 

 

Imgp0222

ここでは休憩とともに自己紹介タイムとなります。指名制なのでチーム所属者が次々と指名されていく。結局僕は最後の自己紹介。なんだか無所属って寂しいかも・・・。
 
 
 
 

Imgp0221

自己紹介が終わればみんな妙にリラックス。
 
 
 
 

Imgp0218

今年は時期が遅かったから蓮の花がまばらです。去年は池いっぱいに咲き誇っていたんですけどね。いくら暑さが続いていると言っても季節は確実に移ろっていっているようです。
 
 
 
 
 
 
 

Imgp0228
記念写真を撮ったら角島に向かってもうひとっ走りです。

Imgp0242

角島大橋の手前の展望スポットに到着。自転車集団が多くてバイクは端っこに追いやられています。おお、これはBMW K1300Rだ。あまりよく見たこと無いけど、意外とカッコいいなあこれ。次期主力戦闘機(バイク)にどうだろうか、なんて。でも高いよなきっと。
 
 
 
 

 Imgp0243
熊本ナンバーのBMW軍団だった。このクソ暑いのに黒い革装備でキメている。ぐへぇ〜暑そう。夏は明らかに自転車で走るほうが涼しいと思う。
 
 
 
  

Imgp0250
天気の良さはクソ暑さに直結、だけどこんな美しい海を見れるのならば我慢するよ!
 
 
 



Imgp0251
さあ、橋を渡って角島へ行こう!
橋の上の画像もなしです。動画で撮っているので乞うご期待!
 

 

 

Imgp0291
角島の大浜海岸は9月というのに夏全開だ。海水浴客もたくさん。それにしても9月の海にビキニギャルが生息しているなんて我々の観測史上初めての経験です!
 
 
 
 
 
 

Imgp0266
どうしても冷たいものに手が伸びます。青のりソフトに、かき氷、それにイカ焼き(笑)
青のりソフトは青のりというよりなんだか抹茶ソフトのような味わいでした。
 
 

 

Imgp0277
ああ、ノンアルコールビール・・・。ノンアルコールとはいえなんだか美味そう。
ガマンならん。 
 
 
 
 

Imgp0287
結局、乾杯!(笑)
 
 
 
 

 

Imgp0286
売店前に暑さで伸びきっているネコを発見。ホントにべったり伸びている。一瞬死んでいるのかと思ったよ。
お約束でさっそく触ってみます。しかし全然起きない。
 
 
 
 
 

Imgp0284
やっぱりなにやっても起きない。目さえ明けることは無かった。
 
 
 
 

Imgp0302
角島大橋を戻って本土側に帰って来た。ここで最後の記念撮影タイム。「自転車君風に」と注文を付けた上で自転車君に直々に撮ってもらった。 



Imgp0305
さあ、記念写真撮るよ〜
 
 
 
 


Imgp0304 

記念撮影終了。だれも笑ってないよ、怖いよ。

ここで一応解散して、みんなフリーで川棚温泉まで走って帰る。とっとと帰途に付く者。だべったり冷たいもの飲み食いしたり、おしゃべりしたいとみんな好き好きに過ごす。
ほとんどの人は川棚で温泉に入って汗を流し、瓦そばをみんなで食べて帰るようだ。


僕はとっとと帰ることにした。昼飯も喰わず、汗も流さず。その訳はブルートレインを見たいから。そう、9月3〜5日にNHKとJR九州の企画で、ブルートレインが九州一周するんです。しかも自宅前を走るローカル線、日田彦山線をブルートレインが通るというなんともビックリな光景が見られるんだ。これを見逃すわけにはイカンでしょう。
しかし、列車が通過するのは15時頃のはず、しかし今はもう14時回ってる。たぶんもうだめだよなあ・・・。門司港が終点なので先回りすれば確実に見れるはずなんだけどそれはなとも味気ない。日田彦山線をブルートレインが走るというありえない光景が見たいんだ、しかもうちの田んぼの前を走る光景を。 

半ば諦めて家の近くに戻ってくるとなんと田んぼのあぜ道に人だかりが! まだ通過してない!家の庭にクルマを滑りこませ、今日持って行ったコンパクトデジカメをひっつかんで田んぼの方に走った。もう家に帰って一眼レフを持ってくる時間もない。「ピーッ!!」っという甲高い聞きなれない警笛が!うわ、もう間に合わん!
ダッシュだ!一気に駆け出したら足攣った!痛ぇー!自転車で酷使した直後だからだ。足を引きずりながら田んぼの前に来ると列車が目の前に。
ちょうど母が野良仕事をしてて「あんた、どうしたんねその足」と聞く。「いや、今そこで足つった・・・、あはあは」


 
 
 

Imgp0306_2
もう、構図とか何とか言ってられないひたすらシャッターを押す。なんとか撮れました。もっと近くでちゃんとした構図で撮りたかったけどまあいいや。うちの田んぼの向こうを走るブルートレイン。なんだか感激ですね。

Imgp0307  

一瞬で通りすぎていくブルートレイン(BSデジタル号)。じっくり見たかったけど、いいんだ。もう1,2分遅かったら見逃していたのだからこれでもラッキーだ。

それにしても人だかり凄かったな。こくこのポイントを見つけたよなあ、鉄っちゃんたち。きっとブルートレインが稲穂の中を走るポイントを見つけてここに来たんでしょうね。

片付けをする撮り鉄さんがいたので「どこから来られてんですか?」と聞くと、「大阪から来ました」だって・・・。昨日は肥薩線でSL人吉号が牽引するブルートレインを撮っていたとか。うーむ、なんて軽いフットワークなんだ。

ということで今日は角島RUNも走れてブルートレインも見れて満足満足な一日でした。


 

« 滝巡りツーリング2010夏,その2(8/28〜29) | トップページ | 角島RUN 2010動画完成 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

先週はお疲れ様でした。
いつ見てもOnOuEさんの写真はきれいでですね!
何枚か写っていたのでダウンロードさせていただきました。

動画も楽しみに待っています。

ヒデさん、初めまして。ですよね?
ブログを拝見したけど多分お会いしたことはないかと・・・
もしかしてまこさんの会社の方?
写真いつも見ていただきありがとうございます。
動画はやっとアップしました(^-^;

うらやまし〜〜〜い!次回は、誘って下さいo(><)o

お〜、ヨシちゃん(笑)
こういうのんびりRUNも興味あったの?
じゃあ次は是非誘います。
mixiに招待しとくからTEAM SENNAのコミュ二ティをチェックしといてね。
ではでは。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/49374100

この記事へのトラックバック一覧です: 角島RUN2010(9月5日):

« 滝巡りツーリング2010夏,その2(8/28〜29) | トップページ | 角島RUN 2010動画完成 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ