« 真夏の恒例、天草牛深シュノーケリング | トップページ | 滝巡りツーリング2010夏,その2(8/28〜29) »

2010年8月25日 (水)

滝巡りツーリング2010夏(8/21〜22)、1日目



P8215697
mixiのコミュで企画したツーリング。企画者は私です。昨年の滝巡りキャンプツーリングが楽しかったので今年も企画してみた。
だけど、次週の方が都合の良い人もいて、翌週の方はぴっころりんの主催で2週にわたり別々の企画を立てることとなった。ということでメンバーは大きく分散してしまった。まあでも参加者は5名も名乗りを上げてくれているので実行するぞ!
出発点は山口県東部から参加されるちゃたろさんとの早期合流を考えて苅田北九州空港IC前ポプラに9:00と決めた。が、しかし前日夜にちゃたろさんは仕事の都合つかずドタキャン!いまさら集合場所や時間を変えると混乱しそうなのでそのままにするしかない。
というか自分もいきなりのクレーム出張でヘトヘトな金曜夜の帰宅で、集合場所調整したりとかする気力も起きず、さらにはキャンプ準備をする気力も起きずバタンキュー。
さて明日はいったいどうなることやら・・・。なげやりだー(笑)

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

福岡方面から集合のEIJIさんとmiyazakiXさん、そしてなんと延岡から集合のひーのりさん、と遠方からの集合が多く、たぶん皆さん早めに来てるだろうと15分前にポプラに行くとやはりひーのりさんとEIJIさんが待っていた。
ひーのりさんはもちろんTDM850、EIJIさんのバイクはこれ何?DUCATI?モタード?なんと1100ccのHyperMotardだった。思わずナンシーさん、イクラちゃんしてしまったよ。
で、miyazakiXさんは?集合の9:00を15分過ぎてもやってこない。これは何事か起こってしまったか!?
miyazakiXさんに電話し、「今どこにいますか?」ときく。すると「え?家にいますけど」との返事。。。「へ?」 なにかうっすらと意識が遠のいていくような感覚が・・・。
なんとmiyazakiXさん、イベントのキャンセルするのを忘れていたとか・・・。
やはり、イベントを二分割したりとか複雑にしたのがまずかったか。最終確認とるべきだったな。
ということで気を取り直して3人で出発だ。なぜこのメンバー構成でこの場所から、しかもこんな遅い時間に出発なのか・・・。 まあいい、とにかく走りましょう!(笑)
まずは北九州市内の国道10号線を南下。めちゃくちゃなクルマの走りに冷や冷やだ。こいつら全然バイクが目に入ってねえよ!

 
 
 
 
 

Imgp0126
無料化実験中の交通量激増した椎田道路を淡々と走ったあと、京築広域農道〜宇佐広域農道を快走し、そのあとは安心院ワイナリーで休憩です。もちろんお目当ては・・・

 
 
 
 

Imgp0130
そう、ブランデーソフトをいただきます。ブランデーといってもノンアルコールでございます。

 
 
 
 

Imgp0127

なめらかです。ほんのりとブランデーの香りがします。そして特筆すべきは、なんといっても"ふわふわ"と表現してもいいような柔らかさ。舌の上でふわっととろけていきます。お試しあれ。

 
 
 
 
 

P8215686
さて、最初の滝は「東椎屋の滝」です。昨年は「福貴野の滝」、「西椎屋の滝」と回ったのでこれでいわゆる「宇佐の三滝」制覇ですね。
この「東椎屋の滝」は「九州華厳」の別名を持つ落差85mの美しい滝。日本の滝百選に選ばれている。滝までの美しい渓谷美も素晴らしい。渓谷の川で水遊びをする親子連れが羨ましい。ただこの渓谷の道はとにかく滑りやすいので気をつけよう。危うくEIJIさんは意に反して水遊びするところだった(笑)

さあ、次の滝に向けて出発だ。しかしもう12時近いじゃないですか?さあどこで昼飯にしよう。別府に行くのは時間的に無理、というか無駄。じゃあ塚原高原のあたりのレストランにしようか。しかしあの辺、レストランありそうで無いんだよなあ。
一昨年の「響谷」の悪夢を思い出すよ・・・(>_<)
 
 
 
 
 
 

Imgp0132

お、なんだか良さそうなお店発見!「田舎modern」と書いてあるが店名だろうか?
もちろん「響谷」での経験からメニューと料金は当然事前にチェック。おお、当たり前な値段とメニューだ。ここに決めた。店内もなあなかコジャレているぞ。
みんな、暑さでやられてるのか軽めにうどんセットをチョイス。
あ、しまった、料理の写真撮るの忘れた(笑)

 
 
 
 
 

Imgp0134
ああ、リーズナブルな食事処で良かった。この辺通るときはまた、ここ行こう。しかし以前はなぜここに行かなかったのだろう・・・。道端だから必ず前を通るはずなのに。

さ、腹ごしらえも済んだし次行ってみましょう!
鶴見岳と由布岳の間を抜け志高湖の方へ進む。ここから県道52号で下って行くとそうそこはもちろん・・・

 
 
 
 

P8215691
そう、由布川峡谷です。駐車場にバイクを停め、靴を脱ぎビーチサンダルに履き替え沢を歩くための気合は十分です。準備している最中、ギラギラ太陽が照りつけ肌が焼け焦げそうだ。うう、早く涼しい谷底に降りたい。
急な階段、といっても昨年までのまるでハシゴのようだった階段はもっと登り降りしやすい緩い傾斜の階段に付け替えられていたが、そのやや歩きやすくなったを降りていくとそこは別世界。神秘的な風景に包み込まれる。そしてなんといっても涼し〜い!
 
 
 
 
 
 
P8215693  
しかし、今回はやたらアマチュアカメラマンたちがいました。どこにカメラ向けてもカメラマンが構図の中に入ってしまうのには苦笑いするしか無い。
 
 
 
 
 
 

P8215700
もっと奥へ奥へと行きたかったんだけど、ワタクシ以外はジーンズの裾を捲っただけなので先へ行くのは無理。適当なところでやめた。まあ、時間がないからここに長居しても仕方が無いのだ。



 
P8215709
じゃあ、由布川峡谷はこれまで。またいつか来るぞ〜

県道52号はだいぶ改良されていてきれいな道が付け替えられていた。一瞬どこを走っているのかわからなかったよ。



そしてそのまま「奥豊後グリーンロード」に向かう。ここは正式名称は直入庄内広域農道~大野川上流広域農道だ。

 
 
 

Imgp0137
奥豊後グリーンロード、こりゃあ素晴らしい。この道に入るとすぐにグイグイと標高を上げて行き、どんどん眼下に景色が広がる。天気の良さと相まってすばらしい景色が目の前に展開していく。空が広い!そして眼下の景色が雄大。山また山の風景がどこまでも眼下に広がっていく。芹川ダムの淡いエメラルドグリーンの湖面がこれまた印象的だ。
なんだか初めて平成パークラインを走った時の感動が蘇ってきたみたいだ。
景色も走りも堪能したひとときだった。

直入あたりに来るとここはもう何度も走ったことのある大野川上流広域農道そのものだ。そうかあ、この道でしたね。ここに繋がっていたのか奥豊後グリーンロード。 
 
 
 
 
 
Imgp0138  
ひーのりさんの発する「冷たくて甘いモノが食べたいオーラ」を後方から感じたのでソフトクリームでも食べようかとR442を走ってみる。ここはひとつ、ごまソフトでも、なんて思っていたんだけど、なんだか風変わりな建物を見つけたのでちょっと立ち寄ってくことにした。
駐輪場と思しきセメント舗装のスペースにバイクを停めた。
すると、店の人と思しき方がずんずんと一直線にこっちに向かってきた。ここにバイク停めちゃイカンとでも言うのかい?
いや「よくぞここに停めてくれました!」とかなんとか言ってるぞ。なんだなんだ???。

バイクに停めてもらうためにこのスペースをわざわざ作ったんだけど誰も停めてくれないんだとか。
それにしてもこの歓待ぶりはなんだ!聞くと元バイク乗りなんだとか。最後に乗ったバイクはハヤブサだとか。
バイク乗り大歓迎!なんだって。





Imgp0139

久住さやか GEORGE HALL というのがここの名前らしい。
学校のような建物は清亮学舎(せいりょうがくしゃ)という旧久住中学校をモデルに作った建物らしい。というか、どうもここは前オーナーからの引き継いだものらしい。
ネットで調べると前オーナーの時の情報もけっこう拾えた。 
 
 
 
 
 

Imgp0140  
あまりの歓待ぶりにちょっと腰は引けつつも、案内されるまま、ずんずん中に入ってみよう!
 
 
 
 
 
 
Imgp0141
おっと、中は半地下になってて、外観からは想像できない広大な空間が広がっている。まさにHALLという感じでしょうか。しかも洒落てる。だけどお客さんほとんどいないぞ。どうしたことだ。
 
 
 
 
 
 
Imgp0142
チーズケーキとフリードリンクでなんと400円。ちゅうことは飲み物は飲み放題ってわけだ。スープセットもオススメ、らしい。
スープと言っても侮ってはダメ、食事にしてもいいくらいボリュームがある、とは先ほどの社長の弁。
まあ、それにしてもこの社長。なれなれしいのか親切なのか、バイク乗りがよっぽど好きなのか、「今日キャンプするくらいなら家に泊まっていけ」と連絡先まで教えてくれたよ。
  
 
  
 
 
Imgp0146  

清亮学舎の中はビンテージバイクの展示場と化していた。まあ、古いバイクにあまり興味がないので写真は一枚も撮ってないや・・・。
裏には芝生の庭が広がっていてなかなかいい雰囲気。「キャンプもしたらいい」と社長は言ってたけど本気なのかな?本気にするよ(笑)
 
ということでバイクツーリングで寄ればなかなかいい休憩所なので皆さんも是非行ってみましょう。バイク乗りが行くと歓待されますよ。その際はもちろんバイクは駐輪場に停めてあげましょう。
そう、ここの場所はですねえ。グリーンロードとR422の交差点です。でっかい黒牛の像がある場所と言えばいいでしょうか?

さて、次の滝を目指して奥豊後グリーンロードの続きを走ります。クネクネの道を下ったり、下ったり、たまに上ったり、新設の稲葉ダムの付け替え道路が新しくできたため道を間違えたりと、なかなか手こずった。
 
 
 

 
 
 
 
 
P8215740  
さて、今日最後の滝、ではないな。白水ダムです。いやダムは河川法で堤高が15m以上のものと決まっているので、堤高が13.9mの白水ダムは白水溜池堰堤と呼ぶのが正確でしょう。
ちょっと夕方近いので白く輝く姿ではなかったけど美しい。
 
 
 
 
 
P8215736  
え!?なんと!立入禁止とかになってる!んなバカな!どうせ子どもが落ちて怪我したとか溺れたとかで
どっかのバカ親が管理者に文句でも言ったのだろうか。ここまで行って堰堤のそばまで行けないなんてそんな無粋なことがあるかいな!
 
 
 
 
 
P8215727  
ということで自己責任に置いて白水堰堤の近影を撮影(笑)
夕方でなかったら白く輝く姿が見れたのになあ、まあいいや。それでも十分美しい姿が見れた。
 
 
 
 
 
 
P8215723  

やさしいひーのりさんはカップルの写真を撮ってあげる。それにしても照れもせず平然と撮ってもらってる大人カップル。うらやましいっすねえ。
 
 
さて、そろそろ日が傾いて来たのでここから程近いキャンプ場「陽目(ひなため)の里キャンピングパーク」へ向かう。と言っても宿泊するのは自分ひとりだけ。EIJIさんとひーのりさんは用事があるため残念ながら帰宅だ。
ということでキャンプ場まではご同行いただき、チェクインとテント設営だけ済ませる。場所が場所だけに主要道路まではEIJIさんを送っていかなければ何がなんでもかわいそう。ということで買出しついでにR57まで出たもののスーパーなんてこんなところにあるはずもなく、走るにまかせて道の駅波野まで来てしまった。
なんだか腹へったので結局ここでみんなで晩飯食うことにしたよ。
しかし、波野と言えば蕎麦。蕎麦アレルギーのEIJIさん、ピンチ!!とりあえずメニューにカツ丼があったので事無きを得ましたが・・・。
  
ひーのりさんと私は遠慮無くそばセットをいただきますよーん!!(笑) 
 
 
 
 
 


Imgp0147
 
ミニカツ丼セットを注文したけど、どうみてもカツ丼はレギュラーサイズだ!すごいボリュームだ。



 
Imgp0149
  
そしてもちろん、蕎麦。これも普通サイズだよなあ。何がミニなんだろうか・・・。
 

腹がいっぱいになってひーのりさん、EIJIさんとお別れ。どんどん暗くなってく道をキャンプ場へと戻ります。途中、昼間汗だくの体だったことを思い出し荻の里温泉で汗を流します。温泉寄るのは実際なんだかメンド臭かったんだけど入って良かった。やっぱり温泉は気持ちいいよ、たまりません。
真っ暗になってキャンプ場に戻り、途中のコンビニで買ったビールでテントの中一人宴会。なんだか暑さと歩きまわったのに疲れたのかビール1本でバタンキューでした。
暑くもな虫にも悩まされることもなく快適な夜は更けていきました。
さあ、明日はどこを走ろうかな。 ・・・次回につづく
                        
     
 

1日目:8月21日のコース
苅田北九州空港ICのポプラ9:00集合
R10~椎田道路(無料)~京築広域農道~宇佐広域農道~R387~R500~東椎屋の滝(日本の滝百選)~別府(昼食)~県道52号~由布川峡谷~奥豊後グリーンロード(直入庄内広域農道~大野川上流広域農道)~久住さやか〜白水ダム~陽目の里キャンプ場(白水の滝)

« 真夏の恒例、天草牛深シュノーケリング | トップページ | 滝巡りツーリング2010夏,その2(8/28〜29) »

バイク」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

onoue様

はじめまして。大分在住のとり天と申します。
不躾にいきなりの書き込みをお許しくださいませ。
行きたい場所を検索するとonoue様のブログやホームページにたいていヒットし、内容濃く、歴史深いレポに引き込まれることしばしば、いつも勝手に覗き見するだけでしたが、近年知っている方々が登場するようになり、ますます覗き見度が増しまして、そしておもわず、

今回のレポで「響谷」の悪夢という言葉に(由布川渓谷の内容無視ですみませんもうすこしです)、もしや!とおもってレポを辿って拝見してまいりました。。
やっと、すっきりしました。。昨年侵入していき、怖くなって途中で引き返したもので・・

というわけで、とんでもない部分からのヒットでしたが、コアなレポ、そしてすばらしい写真!!!!感動しています。由布川渓谷はうちのすぐ裏手だったり、庄内から長湯にぬける道など、知ってる景色もでてきて、同じ日に私も似たようなルートをはしっていたのですれちがっていたかもしれません!

そしてもうひとつ、久住のスープの店のレポ、これもすっきりしました。私は阿蘇からの帰り道、いつもあの信号で一度止まるたびに、お店の人らしき人が大手をふって手招きするんです!でも、ちょっとびびって寄ったことがありませんでした。しかも、最後に乗ったバイクが隼ってところで、私もちょっと、、次回寄ってみようかなーとおもいます!


あ゛ースッキリw

私も無謀にも一瞬の時期でしたが'89GSX-1100でぐいぐいの恐ろしい想いをして、いまはおとなしくツーリングしています^^
また、おじゃまさせてくださいね!!!!
レポもたのしみにしています!!

とり天さん、初めまして!
とり天ステッカーと「のらきち」で有名なあのとり天さんですよね?(笑)
のらきちの話はのけぞるほど笑いましたよ!
で、私のブログを見ていただけたとは光栄です。「響谷」と「久住さやか」は参考になってなによりです。
マイナリストのツーリングはいつも参加したいと思っているんですがずっとすれ違いです。縁がないのかなあ。
この週末はなんだか似たようなところを走っていたんですね。でも全然遭いませんでしたね。やっぱ縁がないのか・・・。
そのうち、是非お会いいたしましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/49252420

この記事へのトラックバック一覧です: 滝巡りツーリング2010夏(8/21〜22)、1日目:

« 真夏の恒例、天草牛深シュノーケリング | トップページ | 滝巡りツーリング2010夏,その2(8/28〜29) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ