« 上関~柳井 山口東部ぶらぶらツーリング | トップページ | 真夏の恒例、天草牛深シュノーケリング »

2010年7月30日 (金)

暑いのでバイクで阿蘇に行こう!

P7255634
暑いなあ~
でもこの青空を見ていたら飛び出したくなる。
先週のツーリングは高速メインだったので、下道でしかも海ではなく涼しい高原コースを走りたい。となれば手っ取り早いのは、やまなみ~阿蘇の定番コースか。


 
 
 
 
 
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつものように日田へ南下し、阿蘇を目指す。日田のスカイファームロードを快走。涼しい五馬高原から亀石峠へと上り詰める。ここから阿蘇五岳の景色を楽しもうと砂利の広場にバイクを停めた。しかし低い雲が垂れ込め阿蘇は雲というか霧の中だった。
熊本側に入ってしばらくすると牧場の牛の群れが見えた。しかし、口蹄疫の予防のため牛には触らないようにと書いた看板が立っている。
右手に新しい道が伸びているのが見えたので好奇心が押えきれず進入した。いったいどこに向かう道なのか全くわからないけど・・・
道はグリーンロードと書かれていた。「グリーンロード」といえば南阿蘇のが有名だけどここにも「グリーンロード」ができたのだ。
 
 
 
 
 
 

R0019538
ファームロードから脇にそれるとなんとも涼しげな堰堤が。ちょっと白水堰堤を彷彿とさせる風情がある。









R0019539
でもここ前に通った記憶があるなあ。確か逆方向だったけど。滝巡りをした時かな?じゃあ、下城の滝のあたりに出るのかな?












R0019543

やはり小国の下城付近を通ります。R212の下をくぐっていきます。だーれも通っていない広域農道。今のうちに楽しみましょう(笑)







R0019547

ついでに下城の滝を見ていきましょう。豪快な滝なんだけど見るポイントが殆ど無い。本来ならもっともっと有名になって然るべき規模と雰囲気を持っている滝なんだけどなあ。





R0019558

下城の滝の上流にある滝もなかなかの豪快さを持っています。今は朝早いのでだれもいないけど昼近くになると上流側で水遊びをする人たちで賑わうはずです。







R0019567

いままでずっと気になっていたんだけど、R212から見えていた建設中の橋はこれだったんだ。おおいちょう大橋だって。なるほど、下城の滝と共に有名なのは下城の大イチョウですからね。

R0019573

これがグリーンロード。クネクネの部分は走って楽しんだので写真はこれだけ(笑)

R0019577

涼しくて楽しい道でした。標高566m、とあります。道幅はファームロードより狭いけど、ツイスティーでアップダウンのある面白い道でした。まだ新しく舗装も綺麗です。なにより誰も走っていないのがいい。

 

P7255613

昔からよく通っていたR212ですが、うねる道の光景がなぜだかツボにハマって写真を撮ってみた。

 




P7255627

阿蘇登山道を登ります。走りを楽しむには交通量多いけど、景色はやはりすばらしいですね。これぞ阿蘇、って感じ。


P7255628

いつもは登山道の柵の近くにいて日田が触れることさえできるんだけど、今は口蹄疫対策か、こんな遠くに隔離されてる牛や馬たち。







P7255634

草千里の展望駐車場の方から烏帽子岳とその手前のかつては火山の火口だったという草千里ヶ浜を望みます。ここは木を切り倒してから景色が抜群に良くなりましたね。

P7255643

阿蘇の火口に向かう道から逸れ、ここから南阿蘇に下っていきます。天気が良くて、涼しくて最高です。

P7255646

登ってくる自転車が何台も。そうか今日は「阿蘇望」だ。そうか今日は「阿蘇望」の開催日だったんだ。 「阿蘇望」とはこれ 阿蘇の主要4峠、草千里、地蔵峠、俵山峠、箱石峠を自転車で踏破する120km。しかもこの真夏に。ひぇぇ〜

P7255650

何台も峠を目指し登っていきます。がんばれー!!!

R0019594

南阿蘇に降りて白水のあたり。ここだけは間近に牛を見れた。

R0019588

いいんだろうか、こんなに道の近くに放牧していて・・・。でも隔離するほどの広さはここの牧場にはないんだなあ、きっと。



R0019600

なんか、仔牛かわいい〜




R0019603

久木野にあったマグマ食堂。まえからなんとなく気になっていたレストランだ。名前がなんかすごいしね。


R0019605

ま、マグマラーメン!?
丼*カルデラ
焼豚*阿蘇五岳
白葱*中岳の噴煙
松の実*焼けた噴石・・・
などをイメージしているらしい。



R0019611

でた!マグマラーメン。それほど癖のある味ではなく普通に食べれました。

南阿蘇の方のグリーンロードも走るつもりでいたんだけど、グリーンロード方面の空が真っ黒で、なんとなく雲行き怪しかったので高森峠から高千穂へ逃げました。
なんかこのまま引き返すのももったいないので高千穂を通り過ぎさらにR218を進みます。
このころになると気温は最高潮。もう体ごと蒸発しそうな暑さだ。朦朧としながら先へ先へと本能的に進みます。
そして延岡市街へ入り込む。ここがまた激熱だ!いかん海方面へ逃げよう。
ということで日豊リアスラインをトレースするコースを選択。しかしこのあたりの道も改良が進み幹線に沿って走ってしまうとまっすぐのトンネルつなぎの海を望めない道ばかりだ。海沿いのクネクネの断崖上の狭路を選んで走る。









P7255663

やhり思ったとおり。日豊リアスラインからの眺めは絶景の連続。海の色がなんともいえない。しかも断崖上から見下ろすリアス式海岸の情緒が素敵だ。

P7255664
日本海側の景色とも違う穏やかだけど豪快な眺め。

 

P7255667

漁港の方の袋小路に入り込んでしまったけど、こんな絶景も見れました。

P7255670

自然の作った庭園ですね、こりゃ。


P7255677

さらに日豊リアスラインを進むがなかなか北上できない。なにしろ大きな入江や湾をいちいち回りこんで走らないと行けないから。確かにこのあたりは高速道路の開通を望んでいるという事情がわかる。でも高速道路や幹線道路が開通したらますます寂れていくよなあ。
そんなことを考えながらやっと佐伯まで来た。
もちろんここからは東九州自動車道で一気に北上だ。


356.5マイル(571km)
本日の走行距離です。なんだかんだで結構走りましたね。

« 上関~柳井 山口東部ぶらぶらツーリング | トップページ | 真夏の恒例、天草牛深シュノーケリング »

バイク」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/48983851

この記事へのトラックバック一覧です: 暑いのでバイクで阿蘇に行こう!:

« 上関~柳井 山口東部ぶらぶらツーリング | トップページ | 真夏の恒例、天草牛深シュノーケリング »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ