« 瀬戸内浪漫紀行(姫路のおもしろ公園編) | トップページ | 瀬戸内浪漫紀行(鞆の浦〜呉) »

2010年6月15日 (火)

瀬戸内浪漫紀行(牛窓〜児島の宿〜瀬戸大橋〜下津井)

P6055413
太陽公園をあとにし、瀬戸内の海岸線へ復帰。ずぅ〜っと前から気になっていた岡山ブルーラインを走る。無料の道だけど交差点はなくすべてインターチェンジとなっている。ツーリングマップルでは「岡山〜備前のおすすめルート」となっているし、”ブルーライン”というネーミングにも惹かれた。だけど景色のいいところは最初の片上大橋のところだけ。道も1車線の高速道路という感じで走りが楽しい道では無かったなあ。もちろんこの上なくスムーズに走れますが。
ブルーラインを降りて「日本のエーゲ海」といわれる牛窓に寄ってみた。時間帯が悪かったのかな?海はきれいだと思うんだけど、「エーゲ海」的なところっていったい何処なんだろう。
う〜ん、時間が遅いので宿に急ごう。


今晩の宿は瀬戸大橋のすぐ近く、児島の宿を予約している。仕事でよく泊まっている水島コンビナートの中のビジネスホテルもかなり格安でいいんだけど、どうも会社の人達と合いそうでなんかヤダ(笑)
ということで楽天で児島の宿を見つけ立ってワケ。
せっかくだから鷲羽山スカイラインを走って児島を目指す。これは気持ちの良いワインディングだ!走り屋が集まってきそうな感じのところだけど意外と一人静かに走りを楽しむことができました。

R0019012
尾根筋の展望台からは暮れなずむ水島コンビナートが一望出来ます。もう少し暮れてくると一面にサイバーパンクな夜景が現れてくるんだろうなあ。
 
 
 

R0019014

今日の宿は「シーサイドトリュフ」という宿、民宿?
GPSのおかげで迷うこと無く到着したが、これは結構わかりにくい場所にある。なにしろ普通の住宅街の中にある普通の民家だからだ。
楽天トラベルのクチコミ評価が4.74点なんていう考えられない高得点なのと価格の安さに惹かれて来ました。


 
 



R0019013

ほら、ホントに民家でしょ。玄関でピンポーン、と呼び鈴鳴らして入るのがなんだかとてもドギマギしました(笑)
中もハッキリ言って民家です。実際に住んでいた自宅を改造して宿泊施設にしたものだそうだ。

 
 
 

R0019015

母娘二人で経営している宿なんだけど、なんだか親戚の家にでも泊まらせてもらっている感じになるんです、ホント。
たまたまツインの部屋に泊まることになったんだけど、この部屋いいです。窓の外にはテラスがあり。しかも瀬戸大橋が見えます!
部屋も風呂もきれいだし、おすすめですよここ。

 

P6065417

翌朝は早速瀬戸大橋を眺めに鷲羽山に登ります。



P6065421
海上にうっすら掛かっている朝霧が橋を包み。とても幻想的な感じです。







P6065426

砂山のような鷲羽山の公園付近



P6065440

P6065446

P6065476

山頂も制し、その先のあずま屋までも歩いてきてまたもや脚が棒になった・・・
すこしここで休憩だ。それにしても雄大でいい眺め。






R0019017

なんと北九州ナンバーのキャンピングカー発見。仕事をリタイヤされて日本一周しているご夫婦でした。北海道から戻ってきている途中だとか。お互い北九州ナンバーだったんで、それをきっかけにしばらくおしゃべりをした。







R0019022

鷲羽山近くの港町、下津井の昔ながらの街並みが気になったので中に入ってみることにした。ここはじつにいい風情を出していましたね。







R0019043
かつての廻船問屋を改修した観光施設もあった。昔は栄えていたんだろうなあ、と思わせる立派な家。
しかし、この界隈は単なる観光レトロ地区ではなくしっかり生活感のある自然な佇まいがありました。



« 瀬戸内浪漫紀行(姫路のおもしろ公園編) | トップページ | 瀬戸内浪漫紀行(鞆の浦〜呉) »

バイク」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/48632124

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内浪漫紀行(牛窓〜児島の宿〜瀬戸大橋〜下津井):

« 瀬戸内浪漫紀行(姫路のおもしろ公園編) | トップページ | 瀬戸内浪漫紀行(鞆の浦〜呉) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ