« ロングライドで志賀島 | トップページ | 瀬戸内浪漫紀行(姫路のおもしろ公園編) »

2010年6月14日 (月)

瀬戸内浪漫紀行(フェリー編)

P6055212

6月5,6日の土日。おそらくは梅雨入り前の最後の週末だろう。
そう思った僕はいてもたってもいられず、金曜の仕事が終わると速攻で会社から帰り、旅立ちの準備をした。準備が終わりバイクに荷物を積むと新門司フェリーターミナルに直行だ! そう20:00発の神戸港行きの阪九フェリーに乗るのだ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新門司のターミナルに着くと受付の乗客のカウンターの前にはチケット待ちのお客さんの長蛇の列。けっこう混み合ってるのか?なんとかギリギリ乗船完了。間に合った!

1505474528_13

乗りこんだあとは必要な荷物を降ろし、2等席の自分の寝床を確保してしまえば、あとはのんびりモードだ。展望風呂に入って汗を流し、夕食&ビールだ。食事後は いつもの船内探検、といってももう何度も乗っているので目新しものは特にないけど。




R0018994

ホテルのロビーを思わせる船内をうろうろする。




R0018993

夜の甲板に出てみる。流石に風が強くて寒いし、長時間はいられない。それもそのはず40km/hで海上を移動してるんだから風は強いはずだよね。
2等の部屋で消灯時間までビールを飲みつつ地図を見ながら明日から走るルートを検討した。

 



P6055178

翌朝、6時前には目が覚めた。天気は最高!甲板の上も気持ちいい。






P6055184

目の前の島は淡路島。遠く朝日の昇る方向に明石海峡大橋がシルエットになって浮かび上がってきた。きらめく朝の海。爽やかさ満点!







P6055186

徐々に近づいてくる明石海峡大橋。






P6055193

朝日をバックにどんどん近づいてくる。近づいているのはコチラのほうだが・・・






P6055194

あさ7時には明石海峡大橋の下を通過するということで多くの人のが甲板に上がってきた。みんなその瞬間をワクワクして待つ。






P6055201


シルエットになっていた橋はみるみる巨大になって頭上に迫ってきた。でかいっ!
結構なスピードで頭上を通過していった。もちろん通過しているのはコチラの方ですが・・・。ものすごい迫力!感動です!






R0019002

明石海峡大橋をすぎるとすぐに下船準備です。荷物を持って車両甲板に降りて接岸するのを今か今かと待ちます。
ゲートが開いて明るい青空のものとトラックや車と一緒に船外に吐き出されます。




P6055214_2
交通量が多くて信号待ちだらけの神戸の街を抜けて明石までやって来ると、先ほど下をくぐってきた明石海峡の勇姿が目の前に迫って来ます。陸から見てもでかいでかい。

さて、これから2日間の瀬戸内の旅(ツーリング)の始まりです。   つづく・・・

« ロングライドで志賀島 | トップページ | 瀬戸内浪漫紀行(姫路のおもしろ公園編) »

バイク」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/48629989

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内浪漫紀行(フェリー編):

« ロングライドで志賀島 | トップページ | 瀬戸内浪漫紀行(姫路のおもしろ公園編) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ