« 瀬戸内浪漫紀行(鞆の浦〜呉) | トップページ | 若松~遠賀川ポタリング »

2010年6月16日 (水)

油木ダム~えふ~平尾台〜nico

R0019130
天気が悪くなるという予報の週末。(結局この日から梅雨入りと言うことになったが・・・)土曜日はなんとか夕方までは持ちそうなので自転車で走りに行ってきました。
新しいウェアは長袖、ロングパンツだけど一応夏用ってことなのでこれを着て行くことにした。中国製は今時なんにも珍しくないけどこれはれっきとした中国ブランドのウェアだ。でもなかなの品質感でデザインもすっきりしていていい感じ。これで値段はヨーロッパブランドの3分の1なんだから「買い!」ですね。
ということで追い風も手伝って快調にスタートです。

 





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
犀川の「えふ」に直行しようかと思っていたけどまだ全然お腹すいてない。ちょっと遠回りしていこうと今川沿いの道を川を遡る方に走る。この先には北九州京築地方の水瓶、油木ダムがある。そうだついでにダムまで行っちゃえ!


R0019105

クルマの通行量は皆無。自転車を止めるとまわりは風の音と鳥のさえずりしか聞こえない。杉木立の中で空気はひんやりとして気持ちイイ。
ダムへ至る坂は思ったほどきつくなくて楽勝です!





R0019109

油木ダムが見えてきた。




R0019116

油木ダムに到着です。意外と楽に来れるところですね。ダム湖一周もいいかも知れないな。これからの定番コースの一つとしてキープしておこう。



 
 
R0019110

ダム湖を臨むと、なんと梅雨前というのにめずらしく”あの"油木ダムに水がたっぷりある。いつも貯水量が数%しかないってニュースで名前が出てくる油木ダムがです。今年は水不足の心配は必要ないのかな・・・






R0019115

堰堤を走って反対側の道から降りることにする。





R0019119

なんか落ち葉いっぱい。スピードは出るし、怖いなあ。








R0019132

ダム堰堤の下に到着。
そうだ、たまには自転車君風に記念写真を撮ってみよう(笑)
ダムをバックに撮影。周りに誰もいなくてよかった。






R0019134

今川沿いを下り、赤村を経て、峠を2つ越えて「えふ」に到着です。






R0019136

いつもパスタを注文しているので今日はチキンカレーにしてみました。
きっと甘いカレーがて出てくるんだろうと心配していたんだけど、思ってたよりもスパイシーで美味しいですね。






R0019141

チキンもでかくて、よく煮込んでて美味しいです。満足、満足。






R0019142_2


「季節のパフェ」はチョコバナナパフェでした。今の季節はシトラスパフェというのもあるらしい。
これは想像通りけっこう甘い。まあこれは自転車乗る時にしか食べようとは思わんなあ(笑)




R0019149

今はランチセットはこんな感じ。りんごカレーはいつか食べてみたいけれど、どうにも子供向けの甘そうなイメージがあって、注文したことがない。
次回くらいにはチャレンジしてみるかな・・・




「えふ」をあとにして今川沿いをずっと下っていく。風向きのころころ変わる今日の天気。スピードが一定にならなくてなんだか疲れるなあ・・・

これから椿市を経由し、京都峠を越えて北九州空港まわって帰ろうかと思ってたんだけど、どうせ京都峠の坂道登るくらいならまだ登ったことのない行橋側からの平尾台へのルートを行ってみようと急に気が変わった。




R0019158

行橋側からのルートってなんかけっこうキツクない?こんなに急な坂だったのか?すでに60kmを走ってきた脚だからキツイのか?
いやあこれはほんとにキツイよ。足をつきたくなるのをぐっとこらえて淡々と登っていった。






R0019165

3号橋のところから行橋側を見る。いやあホントに登ってきましたねえ。





R0019181

頂上付近に到着。梅雨直前の緑濃い平尾台の風景。爽やかです。風が気持ちいい!








R0019182

天気はこれから崩れて行くと言うものの雲はまだ厚くなく、まだ遠くの山までも見渡せる。しばらくカルスト地形独特の風景を堪能する。

そういえば、くろさんのmixi日記で平尾台に「nico」というシュークリームが美味しいお店があるって書いてあったな。そんな店知らないけどなあ。「地鶏のお店 ひらお」の近くって書いてあったけどあの周りに店なんぞ無いぞ。







R0019211

おお!もしかしてこの看板では!?パティスリー ニコ、ここだ、ここ。






R0019213

でもこれ「地鶏のお店 ひらお」でしょ・・・?。どこにあるのそんな店?
 
 
 
 


R0019189

何のことはない、駐車場に登っていった裏側にあるんだね。こりゃわからん(笑)







R0019194

店の表はこちら側なのか。






R0019192

小さい店だけどとてもこざっぱりしたきれいな店。ジャムもたくさん棚に並んでいる。
お店のおねーさんにハァハァ言いながらシュークリームとコーヒーを注文する。いや、おねーさんに興奮してるからじゃなくて坂を登ってきたからだよcoldsweats01




R0019196

この軒先のテーブルでいただくことにする。ここは風が通っていて涼しくて気持ちイイ。さきほどまで若いおねーちゃんたち3人組が賑やかにおしゃべりしていたけどすぐにいなくなってくれた。
あとに残ったのは風のそよぐ音と鳥のさえずり、そして静かに店内に流れるボサノバ。ああ、これは小野リサですね。土曜日の昼下がりに聞く小野リサの優しい声は実に癒されますね。
緑の草原を眺めながら、ゆったりとした音楽を聞きながら何時間もずっとここに居たいような気持ちになってきた。







R0019201

ぼんやり景色を見ながら待っているとシュークリームとコーヒーがやってきました。おお、なんだかウマそう!






R0019203

カリッと焼けたシュー生地がなんとも美味そう。かぶりつきたい衝動を抑えてまずは撮影です(笑)
しかし、またやってしまった。あまりにレンズを近づけすぎてカスタードがレンズに付いてしまった・・・。国東でのたこ焼きソースに続いてまたしてもやってしまった・・・。アホやな。








R0019206

この景色の中で優雅にシュークリームを食べる幸せ。いいよねえ。
お店のおねーさんによると聞こえてくる鳥のさえずりはうぐいすやらカッコーやら季節ごとに違っていて楽しんだそうだ。なんだかいいねえ。
まあ、冬はかなり厳しい環境らしいけど・・・そりゃそうだろうなあ。







R0019209

シューの中はたっぷりふわふわのカスタードクリーム。あふれて手がベトベトになってしまうよ~
 
他にもロールケーキとかチーズケーキとかもあるみたい。次はロールケーキを食べに来るかな。
 







R0019214

さて、小倉側に降りて家に帰りましょう。
あ、そうだ。レンズクリーナーを買いに行かなくては!さっきのクリームの付いたレンズをクリーニングするために。

ちょっと遠回りして98km、3,900kcalのポタリングでした。また、当初の予定と違って坂をいっぱい登ってしまった。きつかった・・・。
でもいろいろ新しい発見もできて良かった良かった。

本日のコースはこちら

« 瀬戸内浪漫紀行(鞆の浦〜呉) | トップページ | 若松~遠賀川ポタリング »

旅行・地域」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/48646922

この記事へのトラックバック一覧です: 油木ダム~えふ~平尾台〜nico:

« 瀬戸内浪漫紀行(鞆の浦〜呉) | トップページ | 若松~遠賀川ポタリング »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ