« 瑞穂〜芸北国際スキーツアー | トップページ | 天草サイクルマラソン前の最後のロングライド »

2010年2月24日 (水)

古湯〜天山(佐賀センチュリーラン下見)、激坂サイクリング

最近、バイク乗りの知り合いの中で妙に自転車にハマってきている人が続出している!それもひとりふたりじゃない。まさに続出。単にロードバイクがブームだから?それとも健康を気遣うお年ごろになってきたから(笑)
そういうことで、2月21日(日)、バイクツーリンググループ「マイナリスト」のメンバー、yamamenさん、テトラさんのお誘いで佐賀センチュリーランのコースを走ってきました。

yamamenさん、テトラさんとは一度一緒にツーリングしたことがあるだけだけど3月7日の天草サイクルマラソンへの脚づくりのために長距離走りたかったし、たった72km程度のコース走るために佐賀まで行くのはなんだかもったいない気もしたけど、何よりお二人と走ってみたかった。それにこの佐賀センチュリーランのコースプロファイルがすごいんだ!バスタブみたいなシンプルなコースプロファイル。そして標高ほとんどゼロ付近から一気に700m近くまで駆け上る激坂。今までこんな休みなしに登る坂も、こんな高い標高まで登ったこともない。果たして足つかずに登り切ることが出来るのか?

 

前日の土曜日も天気良くてどこかに駈け出したい気持ちでいっぱいだったけど、自転車2台と車とバイクを洗車。スキーに行くのに汚れまくった車をやっと洗うことができてほっとした。自転車はこの機会にチェーンオイルを替えてみた。テフロンドライルブというもの。

109_1

先日の輪行で輪行袋やらウェアやら手指やらを汚しまくって、なんとかならんもんかと考えていたところ。ドライルブとかチェーンワックスなるものの存在を知った。どうやらこれらはべたつかず黒くならずという優れもののようだ。しかし耐久性はイマイチで雨で簡単に落ちてしまうとか。まあそういった耐久性と汚れにくさ、そして評判を考えてこの「テフロンドライルブ」にしてみた。塗った瞬間こそウェットだけど、乾くとホントにベタベタしない。なんかすごいぞ。バーテープもお気に入りのゼブラ柄に戻してみた。サドル、ホイールを外し、車に積んで作業終了。明日が楽しみだ。

10時に古湯温泉に集合ということで早めに8時前にうちを出た。九州自動車道~長崎道と高速を一気に走って佐賀大和i.c.で降り、R323で古湯温泉に到着。ありゃりゃ9時に着いてしまった。
「どこで集合ですか?」と携帯メールするも返事なし。仕方ないので公共施設っぽい建物を探し、その前が無駄に広い駐車場だったのでそこに車を停めて自転車組み立てたり、着替えたりストレッチしていた。するとちょうどいいタイミングでyamamenさん登場! なんだ、ここが正解だったんですね。

R0017754

みんなで記念撮影して早速出発!駐車場からでなく、20m程離れた実際の佐賀センチュリーランのスタートポイントからきっちり出発するのがお茶目(笑)。二人とも4月の佐賀センチュリーランに参加するとのことで今日はホントに下見の走りのようだ。
Garminのサイクリング用GPS Edge705にコースをインプットしてきたyamamenさんが必然的に先頭だ。

R0017756

出発してすぐに上り坂だ、うんざり。快調に前を走る二人。しかし自分はなんだか脚がまだ回らないなあ。まずいぞ二人に置いて行かれるかも。頑張らないと!しかし後半の激坂に備えて脚を温存しとおかないとまずいし。ということで少し離れて様子をうかがいながら走る。
ダム建設中の渓谷の風景を見ながら広い付け替え道路快適な道を走る。でもやっぱり上り坂は結構続く・・・。
爆音バイクがびゅんびゅんと走り去っていく。
だいたいコースが分かったし、体も暖まってきて脚がなめらかに回り始めたので先頭を代わってもらって2人を引っ張ることにした。まだまだ上り坂は続くけどだいぶ脚も慣れてきた。ふっと後ろを振り返ると「だっ、誰もいない!!」 引っ張るどころかぶっちぎってしまったらしい(笑)
すぐにテトラさんはやってきたがyamamenさんの姿はまったく見えない。テトラさんが言うには、どうもyamamenさん昨夜は飲みすぎたみたいでまだ昨日の酒が残っているらしいとか。坂を降りたところで待っていて欲しいとのこと。

観音峠からは今度は延々と下り。七山村を通り過ぎ、とにかく車並みの速度で下りまくる。しかし、下りは寒い、とにかく寒い。しかも北側斜面のため日陰なんでなおさら寒い。もう意味不明な笑い声が漏れてしまうほどの寒さだ。下りきったところでyamamenさんを待つ。
しばらくして降りてきたyamamenさん。あんまり寒くなかったとか。え~!!一体どんな体質なんだ!?

少し休憩してすぐにスタート。これからは平坦な道が続くよ。唐津に出てR202~県道40~相知(おうち)まではずっと平坦路。しかし平坦だけど平和じゃな~い!!工事中で道幅狭く、街中なんで車がすぐ脇をびゅんびゅん走って行く。しかもずっと向かい風。沿道に立ったすべての幟がまっすぐ一斉にこちらを向いてはためいている。泣けてくる。

R0017758

松浦川沿いに向きを変えてもずっと向かい風だ。たまらんっす。
先頭で一生懸命ペダルを漕ぎ続ける。ふと振り返ると今度はテトラさんの姿が見えない。yamamenさんと二人で来るのをひたすら待つ。もしかして道を間違えたのかも。電話しようかとしているうちにテトラさんの姿が見えた。

ここから厳木の道の駅までとりあえず走ることにする。またもやずっと向かい風。ひたすら耐える。天草サイクルマラソンも名物の強風が待ち受けているだろうからその練習のつもりでけっこうその気で走り続けた。yamamenさんが後ろにいる気配はずっと感じていたけどテトラさんは?

R0017768

テトラさんの到着を待って道の駅厳木で休憩。補給食にまんじゅうをいただく。テトラさんのおごりだ、イェー!

R0017762

R0017765

ゆっくりと廻る巨大な佐用姫の像の前で記念撮影だ!


Dsc0917045954_4
 

R0017759

 

トイレなど済ませ道の駅厳木をあとにする。さてここからがいよいよ一気に標高700m近くまで登る激坂の始まりだ。目の前には天山をはじめとする山並みがそびえ僕らを見下ろしている。うーむ、今からこれを越えてえ行くのか。。。

R0017776

坂はいきなり始まる。最初っからけっこうな勾配です。爆音バイクが次々と駆け上って僕らを抜き去っていく。結構良いバイクの走りどころなんでしょうね。

R0017780

R0017781

R0017783

厳木ダムのところで休憩。本番ではここにエイドステーションが設置されるそうだ。え?ここ一箇所だけ?なんだか寂しい。参加料3,500で1箇所かツールド下関なんか5箇所くらいエイドステーションがあるけどたしか参加料は4,000円くらいだったはず。まあ補給食を喰うために走るわけではないんだけど、地域の名物を喰えるのはこういうサイクリングイベントの醍醐味だ!と、僕は思っているのですが。。。

R0017785

R0017786

ここではyamamenさんが道の駅で買っておいた「けいらん」を補給食としていただきました、イェー!。「けいらん」って名前は聞いたことあるけど初めて食べました。ん~、なんだか別のものを想像していました。名前からして卵をふんだんに使ったお菓子だとばかり思っていました。

 

さて、ここからは一気に峠を目指します。さらに急な勾配が続きます。GPSに表示される標高の数字も着々と増えていく。しかしとにかくずっと上り坂、休むところなんて全くないよ!シッティングとスタンディングを繰り返し、使う筋肉を分散しながら走りながら休むという方法でゆっくりゆっくりとしかし確実に登る。yamamenさんの姿も後方にずっと見えている。クロスバイクでここまで登るとはなかなかやるなあ。注文しているというカーボンフレームのロードバイクが届いたらきっとすごいことになるんだろうな・・・。

R0017790

とにかく自分のペースで淡々と走り続ける。自分のペースをつかんでしまうと意外にけっこう気分良く登れてしまう。しかし左足の膝の外側にちょっと違和感が出てきた。先週の大分まで走ったときに出た痛みの前触れそのものだ。これはもうしばらくすると激痛に変わるぞ。まずいな。。。

R0017791

そう思っているうちに天山スキー場の看板が見えてきた。そろそろ峠か。そして唐津市から佐賀市への県境の標識が見えた。やった峠に到着だ!yamamen さんと二人でテトラさんの到着を待つ。しかしここは標高643m。自転車をこぐのをやめると寒い寒い。日陰を見ると雪も残っている。先に降りとくよ、と電話しようとしたところにテトラさん到着。

R0017792

R0017795

ここからは今度はゴールの古湯温泉まで一気下り。別に漕がなくても十分すぎるスピードが出るんだけど寒くてたまらんので必死で漕ぐ漕ぐ。怖いぐらいのスピードでワインディングロードを駆け下りた。古湯につく頃には前を走っていた車に追いついてしまった(笑)
そして出発地点に帰着。違和感が痛みに変わる前に降りてこられて良かった、ほっ。
自転車を車に積んで古湯温泉の共同湯に入りに行った。けっこうお客さん多いですねえ。ヌルヌルでぬるめのお湯が疲れを癒してくれます。

温泉から上がって解散。次は次週の津屋崎ポタリングで会いましょう。お疲れ様でした。
その後は、しまなみ海道サイクリングですか?それもまた楽しみです♪

さて、ここからは高速で一気に北九州まで。と思ったけどあまりに腹が減っているので金立SAで軽くうどんでも食べることにした。しかし車から降りる瞬間、脚ツッた!いてぇ~、思わず駐車場でうずくまってしまいましたよ。

帰りの高速はものすごい混み具合。長崎自動車道にこれだけ車が走っているの初めて見た。ずっと時速60kmペースでした。もちろん鳥栖ジャンクションからも渋滞。古賀i.c.付近でも渋滞。すごいことになってますねえ、休日の高速道路って。

« 瑞穂〜芸北国際スキーツアー | トップページ | 天草サイクルマラソン前の最後のロングライド »

旅行・地域」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした~。
OnOuEさんの健脚にびっくらこきました~。
下関の時までにはなんとか着いていけるレベルになりたいと思っております。

向かい風でも、ぜんぜん先頭変わらなくて申し訳ないです・・・。OnOuEさんの後ろがあまりに走りやすくて(笑)。
てか、前に出る力は持ち合わせておりません(汗)。

いろんな備品も見せてもらって、勉強になりました。
28日も宜しくお願いしますね。

yamameさん、お疲れ様でした。
健脚ですか?いやいやいやまだまだですよ。
それにしても酒が抜けて後半尻上がりに調子を上げてくるyamamenさんが怖かったです。
カーボンロードバイクが来たら一体どんなことになるんだろう・・・。
28日楽しみですね。天気がだんだん怪しくなってきていますけどね。

みなさん元気ですねぇ。
私はコース図みただけでゴメンナサイですよ。
苦手な登り克服するべく
坂道コースを模索中です(^^)

>ぴゅんぴゅんさん
自分も坂は嫌いですよ。坂だけを目指して行く人の気持がわかりません。
「だれがこんなコース考えたんかーっ!!」と、怒鳴りながら走っていましたよ。
だけど、長い距離の途中にある坂なら比較的受け入れやすいです。
達成感はありますけどねえ、確かに。

お疲れさまでした~。
毎回待ってもらってすみませんでした^^;
まだまだ全然修行が足りませんね。精進します!
何分まだ自転車乗り始めて二ヶ月の初心者な物で…ご勘弁をm(__)m
坂が苦手と言われてましたが…全く話のレベルが違いますね^^;
しかし自分的にも今回のサイクリングは得る物が沢山ありました。
まさかあの道を押さずに登れるとは思って無かったので…
(超スローでしたが^^;)。
ペダルの回し方のお話も大変参考になりました。
またよろしくお願いします!

テトラさんお疲れ様でした。
待ってるというより休憩がてらですから気にしないでください。
坂はやっぱり苦手です。
イベントとか出たらすごい人たちはいっぱいいますよ。
上り坂と下り坂を間違えているんじゃないかと思うくらいの人もいます。

あのペダルの回し方はどうでしたか?有効でしたか?
自分も本を読んで、やってみたら良かったんでやってるんですけどね。
また、そのうち一緒に走りましょう!!!

え〜っと、一つ言い忘れてました。

あの佐用姫像は少しずつ回転しているんですが、
気が付きましたか??  (・_・)エッ....?

ごめん!
知ってたのね〜  ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

Gapelskyさん、そりゃあ回っているの知ってますよ。
何度も行ったことありますからね。
また、面白い佐賀情報をよろしくお願いしますね。

yamamenさんとテトラさんとこも読みました~
なんだか余裕な感じですね! すごーい(^^)/
スタイルも決まっていてカッコイイです!
28日は参加されるのですか?
もしご一緒するなら私が一番みなさんの足を引っ張りそうなので
出来るだけ頑張ります(;^^)
自転車って楽しいですね☆

>かおりんさん
余裕ですか?う〜ん
28日は参加します。
しかし今日、脚を痛めてしまったかも、ヤバイっす。
明日はよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/47627990

この記事へのトラックバック一覧です: 古湯〜天山(佐賀センチュリーラン下見)、激坂サイクリング:

« 瑞穂〜芸北国際スキーツアー | トップページ | 天草サイクルマラソン前の最後のロングライド »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ