« 「ツール・ド・国東」にエントリーすることにしました | トップページ | エントリー完了! »

2010年2月11日 (木)

瑞穂〜芸北国際スキーツアー

R0017659

2月6,7日の土日、スキーに行ってきました。今回も宮崎のひーのりさんの企画に乗って泊まりでスキーです。 職場の蔵王へのスキーツアーに参加出来なかったひーのりさん。泊まりでは今年これしかいけないとあってわざわざ北九州の我々をピックアップしてくれるという気合の入れようだ。 向かうは島根の旭温泉。スキー場は瑞穂ハイランドだ。

ひーのりさんが北九州に到着したのは金曜日の23時過ぎ。これから夜の高速を走って島根へ向かう。この日、東北地方は記録的な大雪だというが西日本はそれほどでもない。高速も冬タイヤ規制などなく快走。道端にも雪はあまり見えない。夜空には満点の星。快晴だ!
朝、というか深夜3時に瑞穂のハイランドサイドの駐車場に到着。車の中、4人でプチ宴会をやったあと寝袋にくるまって仮眠だ。
朝起きるとなんと雪が降っている。え!?あの満点の星空はなんだったの?

雪の中、チケット売り場の列に並ぶ。といっても実際は今日宿泊する宿から事前に引換券を送ってもらっていたのでインフォメーションですぐに交換してもらった。しかし直前に1名追加したので引換券は間に合わず結局は1人がチケット買うのを待ち続ける。チケット売るのおせ〜よ!
チケット購入後、すぐにゴンドラ乗れるかと思いきや次は整理券をもらう列に並ぶ。いちいち整理券がいるのか!?いつからそんなシステムになったんだ瑞穂! 青、ピンク、緑、黄色など色分けされたカードを貰う。その色でゴンドラに乗れる時間が決まっているらしい。僕らがもらったのは黄色。「黄色のカードは1時間半待ちです」っておい!!このうえさらに1時間半も待つのかよ!午後券(午後券の時間帯は11:00〜)でもいいような時間だ。しかし事前に午後券は売ってくれないというえげつなさだ。イイ商売しとるな〜。
もう必然的にビールタイムだ。滑る前から(笑)

チケットは日本一高いと言われる瑞穂。しかし設備は確かに充実している。バブル期を彷彿させるリゾート感。それに休止している施設はひとつもなくフル稼働。ちゃんとお客が集まっているということなんだろうなあ。
そこは正直すごいと思うけど「もう二度と来んっ!!!」(笑

R0017648
ゴンドラで山の上に移動したあと、リフトでゲレンデのコース上に上がる。もちろん青空を望むべくもないんだけど、雪はこのころはまだあまり降ってなかった。

 


R0017652

リフトから眺める雪景色。木々は雪で覆われ、まさに樹氷状態です。寒さがさらに身に凍みます。
何度か滑っていると度々吹雪に襲われます。正直滑るどころではありません。向かい風で全然前に進まない。顔が痛い・・・。
フェイスマスク持ってきておいて良かった〜
雪もさることながらゲレンデは人混みですごかった。スノーボーダーがゲレンデの真ん中で座り込んでるのが邪魔だ。2人並んで座ってたのにさらに3人、4人と横に並んで座っていってゲレンデ通せんぼ状態に。一体何考えているんだろう??? 何も考えてないんだろうな・・・

R0017656

吹雪いていてもせっかくだから滑らないと・・・。
リフトに乗っていると吹雪の上に霧まで出てきた。地面も良く見えない。前に行くリフトも霞んで見える。我々は宙ぶらりんのままいったいどこまで連れて行かれるのか、そんな妄想まで浮かんでくる。
とかなんとか言いながら結局リフトの営業時間ギリギリまで滑るひーのりさんと自分なのであった。あとの二人は早々に撤退した(笑)

 

R0017660

さて、スキー場から約15分の宿「しろつの荘」に到着。あたたかい温泉と予想外に豪華な料理が迎えてくれました。
ちなみに隣の部屋は女子大生4人組でした。なんかすれ違う度になんか妙な視線を感じたんだけど「ウェア効果」なんでしょうか?まあ我々の自意識過剰でしょう(笑)




R0017661

R0017664

R0017665

翌日は昨日とは打って変わってものすごく良い天気。まさにピーカン! どうですか、この空の青さ!
昨日の瑞穂に懲りたので今日は芸北国際スキー場にやってきました。人も瑞穂よりは少なくてチケットもらくらく購入。リフト待ちも少ない。やっぱりここはいね。 

 

 

R0017671

空の青さと雪の白さの鮮烈なコントラスト。これぞまさにスキー日和ですね。滑るのが楽しみ〜♪ 


R0017676

昨日とはまるで表情が違う我ら。
おおひらエクスプレスのいう名の6人乗りリフトは快適に僕らは山頂へと運んで行ってくれます。


R0017673

おおひらエリアの山頂にて。
これから滑りま〜す。滑ってる動画はそのうち編集してアップします。


R0017686

ゲレ食のカレーをいただきまーす。コンビニでチケット買ってきたらお食事券でタダだったんだけどなあ。宿からゲレンデまでコンビニが1軒もなかったんです。

 

R0017687

ゲレ食のソフトを食べるのはひーのりさん。



R0017688

カケズエリアの上で記念撮影。リフトからは遠くに大山が見えていたけど写っているかな?
このあと散々滑りまくって本日のスキーも終了。もう脚がバリバリになりました。
翌日の廃人状態は確定ですね。

R0017694

帰りの高速のSAで名物「美東ちゃんぽん」をいただきました。今シーズン2回目だけど今日のSAの込み具合はすごかった。ちゃんぽん30分待ちだった。
そういえば普段は車の少ない中国自動車道も結構な交通量だった。戸河内でもインターチェンジ渋滞起こっていたなあ。全部スキー・スノボによる渋滞なんだろうな。スキー、スノボ人口の低迷が言われていますが今回に限ってはけっこうな人出でしたね。今シーズン最大の混み方だったんだろうと思います。


それにしてもひーのりさん、宮崎〜島根のスノードライブお疲れ様でした。いやほんとお世話になりました。何から何まで。
車の中で聞かせてもらった「Superfly」気に入りました。めちゃくちゃイイ声ですね〜。気に入った。
名前からするとカーティス・メイフィールドをリスペクトしているのかなあ?と思ったけどそれほど音には現れてない感じ。70年代風な音作りはカッコいい。今度じっくり聞いてみます。

« 「ツール・ド・国東」にエントリーすることにしました | トップページ | エントリー完了! »

スキー・スノボ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瑞穂〜芸北国際スキーツアー:

« 「ツール・ド・国東」にエントリーすることにしました | トップページ | エントリー完了! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ