« 「ツール・ド・しものせき2009(ツール・ド・下関)」を走ってきました | トップページ | 佐賀インターナショナルバルーンフェスタ2009 その2 »

2009年11月27日 (金)

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ2009 その1

R0016710

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ、行くようになってから何年目かな?自分の中ではなんだかもう秋の恒例行事ですね。
毎年、後輩でありマイミクであるまゆちゃんと一緒に行くんだが、今年も11月3日一緒に行く約束をしている。それでも行きたい気持ちが押さえきれず、まずは1人フライングして10月31日に行ってきた。

とにかくバルーン競技は天候に左右される。雨も大敵だが風が強くても開催できない。昨年は早朝出発して朝7時前に会場にたけれど、風向きが悪いかなにかで一斉離陸が見れなかった。今年こそは、という思いで真っ暗な夜明け前の高速を走ったのでした。金立SAで休憩するとスゴい台数のクルマが駐車場に停まっている。全部バルーンフェスタ狙い?大混雑必至か・・・
まあしかしそれよりも心配なのは風だ。SAの中に立てられている幟がバタバタとはためいている。ぐはあ、こんなに風が強かったらアウトだなあ。
佐賀大和で降りなかったので渋滞は一切無し。しかし金立での風を思い出し、半ばあきらめ気分でいつもの無料駐車場に着いて自転車をクルマから降ろした。
ん?でも風無いし、暖かいし。しかも夜明け前の空は暗いけれど快晴だということがうかがえる。だって満天の星空だ。こんなに天気がいいのに寒くないってすばらしい。

今日一人で来た目的はまだ見ぬマイミクのガペルスキーさんに合うため。同じGaapという小径自転車のオーナーだ。


Pa313496
こんなに暗くて、しかも人は多くて会えるんかいな?と思いつつ夜明け前の土手の上の道を走っていると、シルバーのGaapが目に入って思わず「あっ!」と声を上げると、その声に気付いたのか土手の方からやってきた人がいた。ガペルスキーさんでした。
拍子抜けするほど簡単に出会えました。
ちなみにガペルスキーさん、同じOLYMPUSのデジ一眼E-520のオーナー同士でもあったのでした。

Pa313506
朝日が昇って、佐賀平野を照らし始めました。


Pa313510
その朝日の中、Gaapの2ショット。初めて自分以外のGaapを見ました。でも同じGaapとはいえ、全然雰囲気の違う2台だよなあ・・・

それにしても今日は天気がいい。ホントにいい。あまり寒くないのもいい。風も穏やかでまさにバルーン日和の予感。
何回もバルーンフェスタは来たけれど初めて朝の一斉離陸が見れました。次々に膨らんで立ち上がって次々にふわりと離陸して行く。涙が出るほどに感動しましたよ、ホントに。

では、その様子をどうぞ。

Pa313529
バーナーの試運転?

Pa313549
オフィシャルの気球が先行して飛んでいる下で競技バルーンが広げられ離陸準備をしている。

Pa313554
徐々に膨らんで行きます。

Pa313557
次々に頭をもたげ始めるバルーンたち。

Pa313562
いよいよ飛び立つ準備ができました。

Pa313564
ラベルのボレロをBGMに次々に離陸していきます。すばらしい!来て良かった!

Pa313586
70機を超える気球が飛んで行きます。

Pa313594
ほらもうあんな遠くへ。


Pa313611
次の競技に出場する気球が準備を始めました。

Pa313621
準備OK

Pa313624
飛びました。

Pa313620
膨らませています。

Pa313631
これも飛びました。


R0016695
朝の競技が終わって競技気球はいなくなるので、僕らはしばらく嘉瀬川河畔を2台のGaapで走ります。


R0016700
腹が減ったので会場内に戻って昼メシタイムです。
屋台がいっぱい出ている中で気になったのがこれ。なんだ?肉巻きおにぎりって?宮崎名物?ホントですか?

R0016698
肉の薄い皮を焼いておにぎりを包んでいる。そしてそれにマヨネーズやチーズをトピング。

R0016702
チーズのを買ってみた。美味しかったけど1個500円ってちょっと・・・


R0016712
バルーンファンタジアというシェイプドバルーンの係留展示が行われている。
しかしこれも10時半に終わり、午後の競技まで会場内にバルーンは皆無になる。ここでガペルスキーさんとはお別れ。次は別のGaap乗りも誘ってミーティングやりましょう!
Gaapって「人気がある」と言われるけれど、ちっとも他のGaap乗りに会えないんですよね(笑)。他にメンバー集まるといいなあ。


そして、僕は一人、吉野ケ里遺跡公園に向かうのでした。

R0016715
吉野ヶ里は神埼市にありますが、神埼と言えばあの「日本一たい焼き」の1号店のある場所。当然寄って食べて行きます。

R0016714
さすがにここのたい焼きはがんがん焼いているので焼きたてが食べられます。皮はサクサク、中のアンコはほっこりジューシー。おいしいです。
ピントが自転車の方に合っていてすいません(笑)

Pa313639
吉野ヶ里遺跡、メインゲートは意外に近未来的でした。
でも中は取って付けたような復元建築のオンパレード。
2000年以上前の弥生時代ですよ、なんかリアリティ無いんですけど・・・

Pa313641
倉庫

Pa313654
倉庫群

Pa313657
物見櫓から見たムラの風景。

Pa313667
物見櫓。どうしてこんなものが復元できるんだろう?


Pa313671
こちらも倉庫群。


Pa313680
でもこちらはリアリティありまくり。墳墓の発掘展示。周りの土や甕棺は本物です!


Pa313685
儀式の風景の再現らしい。

Pa313688
こちらも巫女による意識の再現。

Pa313689
またこのゲートから現代の世界へ戻ります。


3日後にも行くので午後の競技までは見ないで帰ろうかと思っていたけど今度はバイク関係のマイミクろっちさんからのメールが・・・。すでに会場にいるらしい。
人を掻き分け会場を自転車押して歩いているとろっちさんが手を降ってる。僕の日記を読んでツーリングマップル見ながらコースチェックをしているというジンさんと一緒に九州ツーリングに来ているそうだ。

Pa313692
3人でバイクツーリングの話しをしつつもバルーン競技に興奮。
次々にマーカーを落として行くバルーンに声援を送る。

Pa313696
マーカーをゴールのすぐ横に落としていくバルーン。素晴らしいバルーンコントロールだ。風まかせで何キロも先からこれだけ正確にポイント目指して飛んで来る技術に感動しきりです。


Pa313701

Pa313700


Pa313703

Pa313723

17時に競技は終了。日が沈んで行きます。
雲一つなく日の出から日の入りまできれいに見えた素晴らしい天気の一日。風も穏やかで最高のバルーン日和でした。
ろっちさんたちとこのあともつ鍋を食べに行って解散しました。いい一日でした。

« 「ツール・ド・しものせき2009(ツール・ド・下関)」を走ってきました | トップページ | 佐賀インターナショナルバルーンフェスタ2009 その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

満喫されていますね〜。
見事な気球です。直に見て見たら壮観だろうなあ。
北海道では士幌ってところの気球が有名です。
キャラクターの気球は楽しいし、ドラえもんもよく出来ていますね。
吉野ヶ里の遺跡群もとても興味がありますが、結構大きなものなんですね。

それにしても肉巻きおにぎりはおいしそう。
思わず生唾が。値段は冷や汗がでそうですが。

>BEMさん
そうですね、気球の群れは圧巻ですね。何度見ても感動します。
それに今年は2回も行って2回とも最高の天気、バルーン日和でした。こんなの見てしまってはもう来年から何を期待すればいいんだろうと思いましたよ。
肉巻おにぎり、バルーンフェスタだから太っ腹決めて食べました。それ以外じゃあの値段出して食べる気にはならないかも・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/46755063

この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀インターナショナルバルーンフェスタ2009 その1:

« 「ツール・ド・しものせき2009(ツール・ド・下関)」を走ってきました | トップページ | 佐賀インターナショナルバルーンフェスタ2009 その2 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ