« 角島RUNの動画を作成しました | トップページ | もう10月ですね »

2009年9月12日 (土)

夏の終わりの滝めぐりツーリング

25_p8303062_2
mixiのコミュで企画した滝めぐりツーリング。8月29,30日で行ってきました。
参加者はsonoちゃん、ちゃたろさん、ろむさん、と僕の4人だ。馴染みすぎている感もある(笑)、いつものメンバーだ。
8月30日といえば阿蘇の草千里で「草千里09」なるイベントが行われるが、今回のメンバーはそういうのあまり興味ないメンバーばかりだし、渋滞するのわかっていたのであえて阿蘇を避けてのツーリングとなりました。
苅田北九州空港IC前のポプラに9時集合。山口東部から来るちゃたろさん、熊本から来るろむさんもいるので多少遅めの集合時間設定だ。 行橋バイパスを経て県道58号〜椎田道路〜広域農道を快走。後ろから動画を撮りたかったのでsonoちゃんに先導をお願いした。

そもそも滝巡りツーリングなんだけど、このメンバーだとまずはソフトクリーム?安心院の王さまのぶどう巨峰ソフトである。意外とさっぱりとした味だ。

01a_cimg0491

01_cimg0490

ソフトクリームを食べて景気付けしたあとは本来の滝めぐりスタート。
最初は福貴野の滝。ここは展望台から小さく見ることしかできない滝だと勝手に思いこんでいた。滝壺まで行けるんですねー!初めて知った。展望台の駐車場まで行ったもののせっかくだから滝壺まで行きたいぜ!引き返して村の中を通る狭い1車線の道を奥へ奥へと進む。さらに石や砂が浮いている山道になり対向車が来たらアウトって感じの道になったよ。このまま道が行き止まり、Uターンってことになったらちゃたろさんとsonoちゃんに怒られてしまうよ。しかし幸いなことに行き止まりは東屋兼トイレもある駐車場のある広場になってた。よかったね。
02_p8292993


ここからさらに山歩き。登山道みたいな道をてくてく歩いて進みます。けっこうな山道です。ろむさん遅れがちです(笑)
03_cimg0495


滝の音が聞こえたかと思うと目の前に滝出現!おおけっこうデカい!
そうですねえ、なんだか東椎屋の滝に似ています。歩いて来る道のイメージは全然違いますが、目の前に広がる巨大な断崖に落差の大きな滝が落ちている姿はそっくりです。
05_p8293027


よく見ると滝はふた筋になってますね。

04_p8292998

この滝、実は滝の裏側に回り込めます。慈恩の滝や、鍋ヶ滝ほど裏側が奥に引っ込んでないので足元は狭いうえに飛沫はかなりかかります。でもここまで来たら行っとかないと!

08_p8293015

10_p8293024

こんな素晴らしい滝なんだけど日本の滝100選の選外です。近くに西椎屋の滝、東椎屋の滝が揃って滝100選に選ばれてるのと、東椎屋の滝とはキャラが被っているからだろうなあ。

福貴野の滝を見た後は日出生台の自衛隊演習地の広大な草原を見ながら快走!
見ると道ばたにたたずむ牛1頭。うわっ!いきなりこっちに向かってきた!イヤ本当に向かってきたと思った。モーほんとに一瞬「もうだめだ、これで終わりだ、みなさんさようなら」って頭の中に浮かんだくらいだった。
牛にしてみればバイクが何台もやってきたので逃げようとUターンしただけだったのかも知れないけどほんと恐かった。この模様は動画で(笑)

よかろうパークのところから突然の断崖の道に出る。そこから道は急降下。R387に合流後、次の滝をめざします。
R387はいつのまにか橋ができてすごく走りやすい道になっていた。高い高度から見下ろす景色もいい。ループ橋ではないがループを思わせるカーブした橋が印象的。こんなすばらしい道だけど交通量は極小。

さて次の滝に到着です。
西椎屋の滝。日本の滝100選の一つ。落差86mの滝。

12_p8293035_2

11_cimg0509

ここに辿り着くには険しい道を400m歩いて行かなくてはなりません。ものすごい傾斜の下り道ですが、以前行った時に比べると奇麗に整備され階段が作られて歩きやすいです。以前はただ薮の中の道無き道を下りて行くイメージだった。
その苦難に満ちた道のりは是非動画でご確認ください(笑)

この滝、下って行っても滝壺までには辿り着けません。いや、岩場を頑張って下りて行けば行けるのかもしれないけど、かなり危険。下の滝見の展望台から見るのが精一杯でしょうね。それでも飛沫を浴びる大迫力の風景です。

滝からあがってきた時にはもう13:30を回っている。へとへとな上に腹減りまくり。めまいがしそうだ(笑)
早く昼飯食いに行こう!R387を走り玖珠へ。最近よく名前を耳にする玖珠の「金太郎」という店に行ってみた。

14_r0016070

15_r0016072

15a_r0016075

いわゆるレトロな町のレトロなお店。雰囲気たっぷりですね。

16_r0016083

食べたのはかぐや姫セット?だったかな。850円の定食。鳥天にだご汁と、大分の郷土料理てんこ盛りですね。味、ボリュームともに満足満足。

さあ空腹も満たされたら次の滝へ。もう結構いい時間なので日田方面に向かわなければならない慈恩の滝とか桜滝とか三日月の滝はもうパス。3番目の滝は玖珠の「竜門の滝」です。
竜門の滝といえば夏は天然のウォータースライダーを滑る子供たちの姿が風物詩となっていますが、いやあいました、いました。駐車場は満車でお祭り騒ぎのような賑わいです。

17_p8293054

なんと海洋生物だと思っていたビキニギャルが山の中に大量発生中でした!新種でしょうか!?(笑)
18_cimg0530 19_cimg0534

さて、夕食の買い出し、テント設営、入浴の時間を考えたらもうそろそろキャンプ場に向かわないといけない時間です。当初志高湖キャンプ場にしようかと考えていたんですが、温泉が施設内にあるというのが決め手となり、由布市挾間町の「陣屋の村」キャンプ場に行くことに決めました。湯布院の道の駅経由して、目的地までスムーズに到着。
しかし、なんだか妙に閑散としている。なんででしょうか?
テントサイトと思われる芝生の向こうにあった建物は陶器を作っている窯元のようでした。そこの人に聞くとキャンプ場は休止中で、自己責任ならどうぞ、とのことでした。
もう他のキャンプ場に行く時間もない。まあ水も出るしトイレもあるので問題無しということで、さっさとここにテント設営した。
しかし、敷地内にあるという温泉は見当たらず、しょうがないので買い出しついでに国道沿いの温泉へ入りに行った。
あとで調べたんだけど、業務委託した業者が7月末で辞退したため宿泊や温泉などの営業は2010年3月末まで見合わせているとのこと。それまでに業者が決まれば2010年4月から営業再開するらしい。
ちゃんとしたホームページがあるから油断していました。そういうこと全然書かれていないんだもんなあ。

夜は野外宴会。
チヂミを焼いて食べました。
21_r0016093

22_r0016094

キャンプ場の朝。これから次の目的地に向かって出発です。

23_r0016095
 
次の目的地はそう「由布川峡谷」。去年初めて行って感動しまくったので今年も絶対に行くぞ!と決めていたのだ。
キャンプ場から由布川峡谷まではすぐの距離。ほんとなら由布岳の雄大な姿を見ながら走れるんですが天気が悪くてまったくその姿は望めず。
しかし、峡谷の駐車場に着いた頃には日差しが出てきた。こりゃいい写真が撮れそうかも。

常識はずれの長い急な階段を下りて行くとこの景色が広がる。神秘的だ。朝早いのでまだ誰もいない。いるのは僕らだけ。

26_p8303063

27_p8303066


でかい石があったのでみんなで持ち上げてみたよ。

28_p8303116

ほんとはもっと奥の奥の景色の素晴らしいところまで行きたかったんだけど、みんなの足取りは激遅。なんなんだろう。水に濡れてもいい格好を準備して、サンダルも履いているから遠慮なくジャブジャブ進めるはずなのになあ。。。

一人で行ってもしょうがないから、引き返すことにした。もうお腹も空いてきたしね。

30_p8303126

またまた長い階段をのぼり駐車場まで帰る。帰りの足取りはなんどそんなに速いんだよ!(笑)

32_p8303131

昼食は塚原にある「四季庵」というところにした。合掌造りの屋敷を白川郷から移築したという建物はすごすぎて今まではちょっと入るのを躊躇していたんだけど今日は行ってみることにした。

47_r0016152

躊躇する理由はお値段が高いんじゃないだろうかという危惧によるもの。去年も塚原でとんでもない高額の地鶏定食を食わされましたからね。あのときの3,200円の定食には度肝を抜かれましたね。

38_r0016102

39_r0016105

だご汁定食1,260円。このシチュエーションで食べられるのなら満足な値段かな。しかも温泉の入浴がセットになっての値段だ。

41_r0016123

合掌造りの屋根裏も見学することができるし、なかなかいいとこですよ、ここ。

40_r0016107

ヤギやニワトリが遊ぶ庭で一緒になって遊ぶ。

43_r0016140

44_r0016145

45_r0016147

さて塚原もあとにし、北九州方面へ帰ろう!
なぜか熊本のろむさんも一緒にやって来て、つぎにたどり着いたのは犀川の「えふ」だったりする(笑)

48_r0016153

やっぱ、ここに来たら「季節のパフェ」でしょ。今の時期はいちじくです。いちじく嫌いのsonoちゃんがっかり・・・
でも我々は食っちゃうのだ。9月いっぱいはいちじくで、そのあとはマロンパフェになるそうだ。

49_r0016155

フルサイズのパフェを注文してしまったけど、これは激甘!ボリュームもすごいし最後はけっこう苦痛だったかも・・・

50_r0016158

今回の滝めぐりツーリングはこれでおしまい。「えふ」でとりあえず解散。
滝めぐりとしてリストアップしていた滝は福貴野の滝、西椎屋の滝、三日月の滝、慈恩の滝、桜滝、竜門の滝だったので達成率50%でした(笑)
ネックはメンバーの体力かなあ。
なんだか滝めぐりより食べ物のほうが充実していたかも(笑)

今回の動画を編集してYoutubeにアップしました。
再生中の画面をクリックして大画面で。さらに[HD]をクリックして高画質でどうぞ。

 

« 角島RUNの動画を作成しました | トップページ | もう10月ですね »

バイク」カテゴリの記事

動画(自作)」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

福貴野の滝っていいですねぇ!
行ってみたいでけど、一人だと怖いっすか?
西椎屋の滝は俺の友達も足がカクカクになったって聞きましたよ。
やっぱハードなんだなぁ。
実は由布川渓谷は、去年のレポ読んでたので、旅の途中で寄りました。
夕方だったから谷底は日照不足気味。
地元の人に聞いたら、やっぱ朝に日が差し込むという話だったので、写真は午前中勝負ですね。
「四季庵」て、いいとこ見つけましたね。
温泉セットで、その値段は安いですよ。

 日出生台演習場。この記事から推測すると、みなさんより数時間あとに通ったようです。牛はいませんでしたよ。笑
 草千里は通過するだけなら苦痛な渋滞はなくけっこう楽しめました。こちらも普段は人がいない所を狙って走っているので、めったに無いイベントと考えれば、得たものは少なくないという所でしょうか。
 OhIkeさんも当日、ソロで大分を走っていたようです。

とことん滝のこだわったツーリングが見事です。
西椎屋の滝と聞いただけで膝がガクガクします。
夏場はパスです。
ビキニギャルは今年は海がダメだったのでこんな滝で遊んでたのですね?

こんにちは。
あんなに大きい滑り台みたいな滝があるなんて知らなかった。
知っていれば夏に甥っ子達を連れて行ってあげたかったなぁ。
牛! 私も日出生台でした。気持ちのいい道なのでつい飛ばしてると、下りコーナーの先にたむろしてた5頭の牛に間一髪フルブレーキ(><)ABSに感謝した瞬間でした(笑)

>イッシーさん
福貴野の滝って滝壺から見れるとは知らなくて、今回初めて滝壺から見ました。良かったです。こんな雄大とは思わなかったです。本文でも書きましたが東椎屋の滝そっくりです。
由布川峡谷は日の高い時期がいいですね。

>404さん
同じところを走ったんですね、奇遇ですね。
草千里は渋滞に一般観光客も巻き込まれかなりの苦情があったそうです。主催者も「渋滞起こすならもう開催は無い」と警察からお灸をすえられたようで次回の開催は難しそうですね。
 
>響さん
ホントは6個の滝を巡ることを目論んでいたんですけど3つしか回れませんでした。メンバーの体力不足が課題ですね(笑)
西椎屋の滝は道が奇麗に整備されていて歩きやすかったですよ。
由布川峡谷ももっともっと奥まで行きたかったんですけど、あまりの歩みの鈍さにイライラしていましたよ。
ビキニギャルは天草の海では大量発生していましたよ(o^-^o)
 
>かおりんさん
龍門の滝、知らなかったですか?
まあ自分も実際滑っているところを見たのが今回が初めてですけど。。。
こんなに人気のある観光スポットだとは知りませんでした。駐車場はほぼ満車でした。
日出生台は牛が道に出て来るもんなんですね。それにしても5頭の牛って・・・恐ッ!

実は、先ほどヤフーで『Gaap 九州』で検索したところこちらのページが真っ先に出て来たんです。
皆さんのコメントを読んでいると、gaaperさんのも書いてあるではないですか!
で、gaaperさんのmixiフレンドを見てみるとOnOuEさんもいらっしゃる!! 

写真を色々と拝見しましたが、私がGaapを購入するにあたって参考にしたのがOnOuEさんの黄色いGaapだったのを思いだしましたよ。

私が知る限りmixiのGaap関係者は私を入れて3名ですが、他にも相当な人数のGaap乗りがいるはずですよね!
行きつけのチャリ屋の話しだと、入荷したらすぐに売れてしまうと言ってました。
でも、出会った事がない.....

玖珠の龍門の滝は従弟が玖珠にいる関係で、小さい頃は夏には良く行ってました。
滑るのは結構怖いですよ〜(笑

gapelskyさん、こんにちは。
ええ!?なんと自分のGaapを見て購入検討されていたとは!
まあ、ホントは黄色じゃなくて別の色が欲しかったんですがこれしかなくて・・・(笑)
今でも別の色が欲しいです(^-^;

『Gaap 九州』で検索したところ・・・というからには九州在住なのでしょうか?
いつか是非ご一緒しましょう。実は自分以外のGaapにいまだお目にかかったことがありません。
志賀島?若松〜遠賀?関門?この辺ならご一緒できるのではないかと思っていますがどうでしょうか?

おおっ、 いーですねぇ〜!
いつか、是非ですねっ!!

ちょっと言葉不足でしたね。
おっしゃる通り、佐賀県に住んでますが生まれ育ちは福岡市内でした。
もう一人、鹿児島の鹿屋にいらっしゃる方がGaapに乗ってましたが、最近盗難に遭われて現在捜索中の様です。
私の知るmixiのGaap関係者はOnOuEさんを入れて3名ということです。
Gaap10lotでGaaperさんからmixiに誘われたのは私とtetsuさんとinainaさんの3名です。
因に、私のGaapはシルバーメタリックです。

ところで、OnOuEさんのブログはさすが旅情派をうたうだけあってとても楽しいですね!
私が初めて見た時の最初の印象は、大きな民家?の庭に黄色のGaapが停めてあった映像が心に残っていますよ〜


>gapelskyさん
佐賀でしたか、福岡市内だとばかり思っていました、失礼しました。
佐賀だとどんなところを走っているんですか?
佐賀自転車道っていうのもあるみたいですね。
gapelskyさんはGaapをいろいろカスタムされているようですね。自分はシートポスト、サドル、ステム、ペダル、タイヤ、とポジション改善をメインにしてきただけでカスタムらしいカスタムってやってないんですよね。ちょっとお見せするのが恥ずかしいかも(笑)

いえいえ、カスタムといってもフェンダーいじりくらいで、
内装変速はメンテフリーや汚れ防止の為という動機が不純
でいい加減なやつですよ(笑

あ〜、そう言えば7月に小倉を訪れたんですよ。
目的は松本清張記念館に行く事だったんですが、
行ってビックリしたのが今年は生誕100年記念事業を
北九州がやっていて、アーケード全部に垂れ幕が下がって
宣伝してましたね。
私は全然知らなくて行ったんですけど、もっと宣伝すれば
いいのにと思いました。
佐賀は清張さんの奥様のお里なんですよ。

もっとはやくOnOuEさんを知っていればその時にお会い
出来たかもですね〜。
因にその時は西鉄高速バスで、天神から1000円で小倉まで
行けました。

私も滝巡り大好きです(笑)
せっかくなのでコメント残しておきますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/46188015

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わりの滝めぐりツーリング:

« 角島RUNの動画を作成しました | トップページ | もう10月ですね »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ