« 恒例、天草牛深シュノーケリング | トップページ | 天気がいいので自転車で英彦山まで »

2009年8月15日 (土)

阿蘇〜雲仙ツーリング

P8092931
8月7日、連休初日の金曜日の夜、ぴっころりんから電話で「馴らしツーリングに付き合いませんか?」というお誘いがあった。日田一品街に12:00集合っていうから日帰りじゃああんまり走れない。しかし、あの、ろむさんも参加って言う事だから日帰りで済むワケがない(笑)
しっかりキャンプ道具一式パッキングして出かけた。

一品街ではぴっころりん(TDM900)と今日の馴らしツーリングの主役アドさん(Z1000)、そしてろむさん(ER-6n)と合流。
ろむさんは今夜は南小国のライダーハウスRipapa亭に泊まるというので自分もそれに便乗してしまった。キャンプの用意は無駄になるけどまあ久しぶりにろむさんと語り合うのもいかなと思って。

一品街からは当然のようにファームロードを経由し瀬の本までやって来た。まったりペースもあいまって眠い眠い。瀬の本でコーヒー飲んで休憩して眠気覚まし。突然の通り雨に瀬の本の店の軒先に緊急避難ののち、道の駅波野まで走った。
ぴっころりんとアドさんはこのまま帰るというので、とりあえずここで解散。
馴らしツーリングはここで終了。これからが本番(笑)

Ripapa亭の存在は知っていたけど、行くのも泊まるのも初でした。南小国のそば街道の入り口にあるイタリアンレストラン「プチトマト」。そこに併設されたライダーハウスがRipapa亭というワケ。

Ca3c0070

Ca3c0068

Ca3c0069

Ca3c0067


本日の宿泊者は我々の他に2名。三重から来たSV400の人、北九州から来たハーレーの人。三重の人は10日間、目一杯九州を満喫して行くそうで本日が1泊目との事。北九州の人はオートポリスでのママチャリ耐久を走って来た帰りだとか。いろんな人がいますね。
雨が降り出したので近くの温泉までは傘を差して歩いて行った。
夕食はレストランでパスタ&ピザ(ろむさんと半分こ)。

雨は翌朝までずっと降り続けました。朝食を食べている間も今日はどうしようかという事ばかり考えていました。
R0015933


もうこのまま雨にぬれて家に帰って、そのあとスポーツクラブでも行こうか?なんて気弱な事も行ってたんだけど、この日は8月9日、当然テレビのニュースは長崎の今を中継しています。あれ、長崎の空は青いじゃん!天気予報を見ると九州全域が雨にも関わらず、長崎だけが天気がいい。四国方面から流れて来る多量の雲は九州山地にぶち当たり宮崎には雨をもたらしているけど、長崎までは越えて来ないみたいだ。
よっしゃ長崎行こう!島原半島へ渡るフェリーが出ている長州港までろむさんに先導してもらうことにして、雨が止んだ瞬間にRipapa亭を脱出。


西へ進むとみるみる天気は回復。菊池まで行くとこんな青空が広がっている。もう家に帰ろうかなんて気持ちはすっかり吹き飛んで、気持ちはすっかりウキウキキャンプモードへ!(笑)
P8092930



菊池では面白い建物があったので休憩&撮影タイム。鞠智城(くくちじょう、きくちじょう)跡だ。
P8092940



鞠智城は7世紀後半の古代山城(朝鮮式山城)の一つとされ、平成11年(1999年)に復元されたのがこの八角形鼓楼。
P8092933



ろむさんにお別れしてフェリーに乗船。
Ca3c0072



雲仙普賢岳も目の前に迫って来た。
P8092946



まゆやまロード、広域農道のグリーンロードを快走、快走。まゆやまロードは異形の山、普賢岳を目の当たりにする絶景の道なんだけど今日は雲に覆われてその姿を全て見る事はできなかった。残念。
キャンプ場は雲仙のどこかに泊まれればいいや、って感じでまずはエコパーク論所原のキャンプ場に行ってみた。しかし1区画4,000円だって!論外じゃ。
ということで以前泊まった事のある雲仙の温泉街にほど近い白雲の池キャンプ場に行った。1泊1,000円。今日は泊まりは1人だけでバイクも中に入れていいっていうのでここに決めた。
テント設営後、温泉は100円の共同浴場へ。背中に奇麗な模様のある人とかも入っていてなんかちょっと恐かったヨ(笑)
夜のキャンプ場はたった一人ということも会ってかなり寂しい、というか恐い。炊事棟、トイレ、キャンプファイヤー広場など設備の整ったキャンプ場なんだけどそこにたった一人でいるのが更に人気の無さを感じさせて不気味だ。



たった一人の晩メシタイム。あまり意味はないけどメシを炊くのは一種のキャンプの儀式(笑)
Ca3c0074



夜中に降った雨は朝には止んだ。だけどテントはびしょ濡れ。炊事棟の中に張っとけばよかったなあ。
P8102951



翌朝は早速、無料開放された仁田峠循環自動車道路。最初は見えていた下界の美しい有明海もだんだん霧に覆いつくされて、展望台に着く頃にはこのありさま。本当ならここから普賢岳の異形が見れるのだが・・・。
P8102953



ちなみに晴れていれば同じ場所からはこんな感じに見えます。
061022_05unzen



雲仙を駆け降り、またグリーンロードを愛野方面へ走ります。行きたいところがあったのでまずはそこに寄ります。
「牧場の里あづま」というところ。高台にあって諫早湾と橘湾を両方見下ろせる高台にあります。
P8102960



ここには「万里の長城」があるときいてやってきました。駐車場から既に見えているのが「それ」なのかっ!
P8102959



ここまで来るとまさに「万里の長城」!
P8102964



振り返るとそこにはあの話題になった諫早湾干拓潮受け堤防が真正面にあります。
P8102966



この堤防の上に道路が通っているそうで、一度は走ってみたいなあ。
P8102969



狼煙台?の中はこんな感じです。上は展望台になっています。
P8102965



ここから見ると何だかホントに万里の長城っぽい。
P8102986



本物の万里の長城はモンゴル人の侵入を防いでいましたが、こちらの長城は牛の逃亡を防いでいるのでした。

P8102987



それにしても、ウルグアイ・ラウンド農業合意関連対策事業費により建設云々と書いていましたが貿易の自由化とこれと何の関係があるのかよくわかりません。
 
さて、牧場の里あづまを後にし、一気に外海町まで行ってぐるりと長崎県を一周して来ようかなどと意気込んでいたんだけど、どうにも空模様が良くない。なんでだろうなあ。どうしてこんなに四国方向から大量の雨雲が運ばれて来るんだろうな?この時は知らなかったんだけど台風9号が発生して日本に猛威を振るっていたんですね。全く知らなかった。天気が悪いのも納得。
それに休憩の度にトイレの鏡に映る自分の顔が疲れ果てて行っているがわかる。暑さのせい?
外海町に行っても海がきれいに見えないんじゃ意味ないし、島原半島をぐるっと回って行くことにした。


千々石町では幹線道路の国道251号線ではなく県道201号北野千々石線を走った。ここは雲仙鉄道の廃線跡の路盤をそのまんま流用した道路のようだ。なのでとても狭い道だ。だけどさすがに平坦な道だ。ホームの跡も残っていて駅の記念碑も建っている。
P8102988


近代化産業遺産にもなっている。切り通しやトンネルはホント鉄道路線の面影をそのまま残しているって感じ。

P8102989



 
味わいのある国道251号から国道57号に合流するとすぐに小浜温泉に到着。小浜と言えば小浜チャンポン。日本三大チャンポンの一つである。マイミク、イッシーさんの情報で「蛇の目」という店のスープ麺がおいしいという情報を得ていたんだけど、わざわざ探す熱意もなかったしどこかでチャンポンが食べられたらいいやぐらいにしか考えてなかった。
でもね、あっさり目に入っちゃったんですよ「蛇の目」の看板が(笑)
こりゃもう無視するわけにもいかんでしょう。

で、行ってみた。見た目は寿司屋?中に入るとホントに寿司屋。カウンターに座るとちょっと強面の寿司屋の大将が寿司握っているよ! カウンターの先客も寿司食ってるよ。いいのか?ここでチャンポンなんか注文して。
R0015941



そしてありました、メニューに「スープ麺」が。
「スープ麺ってのはチャンポンですか?」と聞くとあっさりきっぱり「違う!」と。チャンポンも食いたかったけどやっぱせっかくここに来たんだから「スープ麺」だよな。
出て来た物はなんだかグラタン皿のような長い皿に盛られていた。
一見チャンポンのようでもあるけれど。。。
R0015942



ミルクの入ったスープ、そしてぽとりと落とされた生卵。こりゃ一体何だ?
麺はまるっきりチャンポン麺なんだけど。
R0015943


美味いよ、美味いけど。やっぱチャンポンも食べたかったよ。
値段は680円。思ってたよりずいぶん安い。良かった。

さあ、チャンポン、いやスープ麺も食べたことだし帰途に着こう。
島原半島を一周している間に軽く雨にあったけど多比良から長洲へのフェリーには無事カッパを着ること無く到着。
長洲からは大牟田〜八女〜星野〜浮羽〜小石原と県道を駆け巡って帰ってきました。高速道路を走って帰れば簡単に帰れるんだけど高速は別の意味で疲れるし、とにかくETC付けてないうちは意地でも高速は乗らないんだ(笑)
つーか付けるつもりあるんか?(笑)
八女ではけっこうな雨に降られたんだけど、日差しはあるし、カッパ着るかどうかメチャクチャ躊躇して結局着なかった。まあ着てもすぐに脱ぐことになったんだけど。

ということでいきなり発生した台風9号のせいで思わぬ不安定な天気に翻弄されたツーリングでしたが、まともにカッパを着ることはありませんでした。
もっといっぱい走りたかったけど、まあそこそこ発見があったし良かった良かった。

« 恒例、天草牛深シュノーケリング | トップページ | 天気がいいので自転車で英彦山まで »

バイク」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

雲仙の仁多峠の風景はやっぱり雄大ですね。
万里の長城まで行ってる!(笑)
誰もいなかったでしょう?
小浜ちゃんぽんにスープ麺と言うのが加わったのかな?
読んだ感じでは新たな名物としては難しそうですね。

昨日、うちの近所の国道7号で荷物満載のTDMとすれ違ったのでおのうえさんかと思いました(笑) 

素敵な写真の数々ですね。
来年の帰省は佐賀長崎を回ろうと思ってるので参考になりました。

ER-6を買われたご友人がいらっしゃるんですね。今回もかなり気になる1台だったのですが、やはりBMWから離れられませんでした。

というわけで、バイク買い換えましたよ(^^)

>響さん
仁田峠、ガスって無かったら良かったんですけどねえ。
万里の長城、何人か来ていましたよ。みんな狼煙台のところで引き返していました。
スープ麺、美味しかったんですけど、チャンポンとは全く違うし、どう捉えていいのか悩むところ。すでにこのお店では名物化しているようでテレビの取材とかもあった模様。
 
>にのまえさん
BMWの何を買ったんでしょうかねえ。
つーか、バイク乗ってます?

R1200Cを買ってしまいました(^^;
似合わないーって思ったでしょ(苦笑)
それが狙いだったりします。

2人目が生まれてからさらに乗れなくなってきましたが、土日に早起きして乗ってます。

本当は自転車とかカメラとか興味のあることはあるんですけどねー。おのうえさんのブログ見て我慢してますよ(^-^)

Cということはクルーザータイプってことですね。
似合っていると思いますよ。
ブログ見てガマン、ですか・・・
ガマンできることがスゴいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/45931828

この記事へのトラックバック一覧です: 阿蘇〜雲仙ツーリング:

« 恒例、天草牛深シュノーケリング | トップページ | 天気がいいので自転車で英彦山まで »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ