« ツール・ド・国東に向けて自転車整備 | トップページ | 『ツール・ド・国東』参戦記 »

2009年5月 5日 (火)

阿蘇ツーリング

P5012465
5月1日
ツールド国東もあるし、家業の手伝いもある。良く考えたらGW中、バイクに乗ろうと思ったら今日しかない!
こりゃ乗っておかないと!と思い立ち、ツーリングに行きました。やっぱりGWといえば阿蘇だ。うん、なにがなんでも阿蘇だ。っちゅう勝手な決め付けで定番コースで行きました。
ただ先日、高千穂に行ったコースとダブらないようには気をつけましたよ。

まずは日田へ。ここまでのコースは変えようがないのでいつもの道。どうせバイクうじゃうじゃな日田一品街には寄りたくないが、最近「元気の駅」なるものができたたというのでそこに行ってみた。
R0013369
 
 
 
探す間もなく見つけた。日田の市街地を抜けた後、隈川の中州、中ノ島町にあった。台霧大橋の手前。ここは広い!いつのまにこんなのができていたんだろう、気付かなかった。幟には4月16日オープンと書いてあった。
ちょうど開店時刻の9:00になったので中に入ってみました。様々な地元の物産があって面白い。洒落たお菓子、食品があってみているだけでも面白い。特に焼酎の品揃えは圧巻ですね。九州各県の焼酎が県別に揃えられている。
やはりここは圧倒的に広い駐車場から考えて、観光バスの立ち寄りポイントとして考えられているような気がするな。
腹が減ったのでその中のお店で焼かれているパンを買って食べた。缶コーヒーを買おうとしたけど自動販売の類いは一切ない。うーむ、ここって一品街に変わる朝のツーリング集合場所にいいかな?と思っていたけど、トイレは店内にあるので開店の9:00まで使えないし、自動販売機もないんじゃ早朝の集合場所としてはキツいかな・・・
 
日田からはファームロードではなく、昔ながらの松原ダム〜オートポリス横を通って外輪山上、阿蘇スカイライン〜ミルクロードに出る。天気もよくて阿蘇五岳もきれいに見える。最高に気持ちいい。
兜岩展望所に立ち寄る。阿蘇谷を見下ろす絶景ポイント。


P5012405
双眼鏡を一生懸命見ている女性。何を見ているのか?バードウォッチング?それにしてはやたら遠くを見ているが・・・。しかもたった1人で。そんな地味な(失礼!)趣味に似合わずけっこうキレイっぽい人だったので気になった。携帯を接眼部に当てて写真撮ってる。この後、別の場所でも見てたなあ。

P5012425
兜岩展望所を出てミルクロードを少し走った後、左折。ここに知る人ぞ知る絶景ポイントがある。くねくねの道でしかも路面状況悪い。でもそれに換えがたい素晴らしい景色がここにはある。

P5012427
 
P5012429
下から登って来たバイク2台。愛知と横浜の2人。阿蘇のライダーハウスに泊まっていて知り合ったという。この場所もそこで得た情報で来たらしい。絶景ポイントに感動しまくりだった。地図(ツーリングマップル)上でどこなのかしきりに僕に聞いて来た。
明日は高千穂に行くらしい。「GWの高千穂は混むぞ〜」と脅しておきました(笑)
 


R0013372
阿蘇大橋を渡ってR325経由で南阿蘇方面へ行くことにした。ここから前から気になっていた大きなコンクリートの橋が右下に見える。ここに行ってみることにした。「阿蘇長陽大橋」だ。美しい渓谷をまたぐ橋。ちょうど南阿蘇鉄道のトロッコ列車が鉄橋(第一白川橋梁)を渡って行くのが見えた。日本国有鉄道最初の鋼製アーチ橋であり、水面からレール面までの高さ約62mは本四連絡橋・瀬戸大橋の高さも凌いでいて、廃線になった高千穂鉄道の高千穂橋梁に次ぐ高さのだとか。列車が運行されている鉄橋としては日本一ってことか。
なんかスゴい橋が人知れずひっそりと存在しているんだな・・・
 

R0013379
腹が減ったので昼飯だ。なんだかいろいろと新しい施設ができているので目移りするなあ。
昼飯はこの阿蘇山を一望できるウッドデッキが気に入ったのでここで食べることにした。


P5012451
昼飯のあとは本日の走りのお楽しみポイントであるグリーンロード南阿蘇〜俵山峠だ。
まだ地図に載っていなかった頃、「謎の超美麗ワインディングロード」として噂だけが先行していた道。わざわざ探しに行ったなあ。相変わらず美しい景色と絶妙のアップダウンのあるワインディングで走りを楽しめる。交通量が少ないのがいいですね。

P5012463
俵山峠はかつて交通量も多くタイトなワインディングをクルマを気にしながら走っていたのだけど、今はトンネルができてクルマはほとんどみんなそちらに流れて行った。今は走りを思いっきり楽しめる道だ。
そして林立する風車群の異様な景観がここの新しい目玉になった。
 
 
  
P5012480
当然、俵山峠の展望所からの眺めも堪能した。相変わらず心も広がる雄大な大パノラマだ。
 
 
 
R0013388
西登山道と南登山道、もちろん阿蘇山に登る登山道だけどそんな呼称って昔からあったっけ?
要はかつての阿蘇吉田線が南登山道、垂玉温泉のところを登るのが西登山道だと思ってるんだけど違うのかな?

P5012485
吉田線から見える雄大な南阿蘇の風景。高度を増すごとに南阿蘇の広大な景色が眼下にどんどん広がってゆく。
  
 
 
R0013389
牧草地の風景も心和む。もちろんここの景色も雄大。
  
 
 
P5012499
言わずと知れた草千里が浜。いわゆる「草千里」ですね。GWの本番は明日からなのかあまり混雑していなかった。外国人観光客がたくさんいたけど何だったのかな?
草千里09というイベントがここで開催されるらしい。10年ごとにバイク乗りがただ単に集まるというイベント。正直言って僕にはそのイベントの意義がよくわからない。写真集?思い出の再生産?
まあとにかく自分はあまり興味がわかない。バイク乗りのたむろしたがる習性ってあまり好きになれないし、あのバイクだらけの騒然とした雰囲気もなじめない、むしろ走っていた方が自分は好きですねえ。
 
 
 
R0013393
日も西に傾いて来ている。米塚がそろそろシルエットになりかけだ。さあ帰りを急ごう。
 
 
 
R0013411
馬の放牧。のんびりしてるね〜、こちらはもうのんびりはしていられないんだが・・・
 
 
 
今回、この絶好の天気の中、混雑覚悟で定番コースを走ったけどあまりごった返していませんでした。GW本番はきっと5月2日からなんですね、やっぱり。まあおかげで全編快走できて楽しめました。
それにしてもデート中のカップルと、荷物満載の旅姿バイクはいつ見てもうらやましいっス(笑)
 
走行距離261マイル(418km)
※今回250マイル(400km)を無給油で走れましたよ。
燃費は24km/l 以上だ。

« ツール・ド・国東に向けて自転車整備 | トップページ | 『ツール・ド・国東』参戦記 »

バイク」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

元気の駅はせめて8時から開いてて欲しいですよね。
せっかく綺麗で駐車場も広いので惜しいです。
絶景Pも結構、有名になりましたね。
あの風景は何度見ても飛べそうな気にさせてくれます。
でも白川鉄橋はそんな気がしないほど
怖い橋ですがトロッコは乗ってみたいですね。

あああっ、いい天気ですねー。
阿蘇には昨日、日程の都合で強行しましたが、草千里ではひょうが降ってきてとても寒かった。。濡れ濡れですごい状態になって帰ってきました。
今度天気のいい日にソロツーでリベンジだなぁ。。

>響さん
ですよね、8時ならいいですけどね。ただ単に集合場所にしか使うつもりのない人たちにとっては(笑)
4,5台までならコンビニのほうがいろいろ揃ってていいですね。
この絶景ポイントのような道がほかにもありましたね。一般車両は通れませんが。一度間違って走ってしまったことが・・・
トロッコ、自分も乗ってみたいです。

> ひろろんさん
ありゃあ、大変な日に行ってしまいましたね。こりゃ是非またの日に行かないとですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/44903949

この記事へのトラックバック一覧です: 阿蘇ツーリング:

« ツール・ド・国東に向けて自転車整備 | トップページ | 『ツール・ド・国東』参戦記 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ