« 国道442号線の謎 | トップページ | 2009年シーズン初スキーは芸北国際 »

2009年1月18日 (日)

裏しまなみ海道とは一体・・・

1050650692_184
「裏しまなみ海道」というものがあるという噂を聞いた。
なんなんだろう?それは。うーん、気になる。

ということで、またしてもずんずん調べてみた。
それは「安芸灘諸島連絡架橋ルート」のことだった。
あきなだしょとうれんらくかきょう???

それは・・・

「広島県豊田郡大崎上島町と、その南東に位置する安芸灘諸島を結び本州側の呉市に至る区間を8つの橋梁(総延長約5,300m)で構成された橋の総称である。
現在、8号橋(名称未定)を除き供用されている。3号橋は2008年11月18日にようやく供用開始されたが、8号橋は計画段階であり事業化されていない。」

・・・ということだ。そしてさらに・・・

「また、7号橋の岡村大橋が架かる岡村島は愛媛県にあるが、さらに愛媛県側の大三島へ4つの橋で繋ぎ、西瀬戸自動車道(しまなみ海道)に接続する構想もある。」

・・・とある。

こ、これはまさに「裏しまなみ海道」

しかし、本名があった。
「安芸灘とびしま海道」 (あきなだとびしまかいどう)
http://www.city.kure.hiroshima.jp/kuredoc/topics080828_0100.html

うーん、なんとも微妙なネーミングセンスだ。
一般の公募で決まったということだけど。次点の

「せとうち島回廊(しまかいろう)」

のほうが何か素敵だ。 もし大三島まで繋がっていたら絶対この名前以外ないよ。

うーん、でもココ走ってみたいな。この距離なら自転車がいいなあ。

« 国道442号線の謎 | トップページ | 2009年シーズン初スキーは芸北国際 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/43780428

この記事へのトラックバック一覧です: 裏しまなみ海道とは一体・・・:

« 国道442号線の謎 | トップページ | 2009年シーズン初スキーは芸北国際 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ