« 「サイクルツアー北九州」に出場 | トップページ | 中国ハシゴ出張1-秦皇島 »

2008年11月24日 (月)

緑仙峡キャンプツーリング

Pb231827

mixiのコミュニティ「険道好き!九州ツーリング企画室」。
そこの副管理人就任記念(ホントかっ!?)に名刺代わりにイベントを企画。熊本県の山都町にある緑仙峡キャンプ場まてのキャンプツーリングを11月22,23日に実施しました!

1週間前の「サイクルツアー北九州」への出場で頭がいっぱいで、実際にキャンプ場を決めて予約したのは2日前の木曜日。もー、ぎりぎり。そういうことで参加者はたたの3人かよ!思いきや北九州組3人、宮崎組3人の計6人の実にジャストな人数での開催となりました。
つむりんさん、NOVさん、個性豊かなメンバーを連れて来てくれてありがとう。特に北九州組は同い年であることが宴会中に発覚して盛り上がりましたあ(笑)

北九州組は日田で待ち合わせ、ファームロード〜瀬の本〜R442〜大野川上流広域農道〜県道131号〜産山〜県道40〜波野(道の駅波野でそばを食う)〜広域基幹林道阿蘇東部線〜高森〜R325〜R265〜蘇陽〜R218〜道の駅清和文楽村〜R218〜通潤橋、と走った。
阿蘇ツーリングを終えてやってくる宮崎組との待ち合わせ予定時間は15:00。なのに我々北九州組が到着したのは13:30分過ぎ。


ちょうど通潤橋の放水が始まったりしたので、撮影しまくりです。

Pb221750


Pb221760


Pb221770


Pb221781


Pb221805

 
NOVさんから到着が遅れるとの連絡があったので、通潤橋のすぐ裏にある五老ヶ滝まで見に行った。行ったのは自分だけだったけど・・・
いやあ、でも壮大です。通潤橋のすぐ裏にこんなすごい滝があったなんて!


Pb221782


Pb221792


 
村のじいちゃんのあやふやな案内と嘘つきなカーナビに翻弄されるも、やっとのことでAコープに到着。目的のカレー鍋の具材を買い込む。買い出しが終わった瞬間現れたNOVさん御一行。なんというタイミング!
通潤山荘の温泉に入り、あとはキャンプ場に向かうだけ。

Pb221808


しかし、キャンプ場への道のりが長い、しかも日は刻々と暮れ、暗〜い山道をこれでもかって言うくらい分け入って行く。ほんとにこの道でいいの?と散々不安にさせられるが、分岐点でキャンプ場の看板が思い出したように現れる。
これで到着かと思わせつつ、とんでもなく暗い夜道はどんどん山の奥へ奥へと我々を誘い込む。

やっとのことでキャンプ場到着。あたりはもう真っ暗。人の良さそうなおいちゃんが管理人。オンシーズンは通常1棟15,000円だけど11月からのオフシーズンは7,500円だ、素晴らしい!
早速チェックインし、荷物を真新しい匂いのするキャビンに運び込み宴会準備だ。


Pb221809_2


Pb221813


 
カレー鍋もできあがり(ああ、写真撮るの忘れた)、乾杯をして宴会開始だ。
カレー鍋は美味しくてけっこう好評だった。お酒もおいしい。自己紹介も一巡するころにはすっかり出来上がってましたね(笑)
楽しい会話が弾む弾む。楽しいメンバーが集まって良かった!
みなさん、またどこかで走りましょう。宴会しましょう!
次は忘年会か!?(笑)


24239156_413637971


Pb231828


Pb231826a

« 「サイクルツアー北九州」に出場 | トップページ | 中国ハシゴ出張1-秦皇島 »

バイク」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
先日のキャンプは大変楽しかったです!
私のブログへのコメントもありがとうございました。
私はアスファルトで塗装された普通の道が好きなのですが、それでよければもうちょっと長い距離を一緒に走りましょう。

マキさん、こんにちは!
キャンプ楽しかったですね〜
またやりましょう。
ほんと、今度はもっと一緒に走るのを楽しみたいですね。
暖かくなったらテントキャンプもどうですか?
 
じゃあ、しばらく中国行ってきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/43214266

この記事へのトラックバック一覧です: 緑仙峡キャンプツーリング:

« 「サイクルツアー北九州」に出場 | トップページ | 中国ハシゴ出張1-秦皇島 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ