« 港町・薄暮編 | トップページ | 球磨川ラフティング2008 »

2008年8月 2日 (土)

関門海峡を渡ってサイクリング

0_bluewing
7月19日の日記です。3連休の1日目。
今日は最初から100km走るつもりで出発。
自宅から直接自転車に乗って関門海峡をわたり、下関まで行ってきました。
朝から暑い一日で、こんな日に自転車に乗って死にはしないだろうかと心配したものの、意外や走り出すとけっこう涼しい。停まってしまえばバイク同様、溶けてしまいそうなくらいに暑さを感じるのだけど、ジャケットを纏ったバイクほどではない。これは夏のスポーツとしては案外いいかも!

車の少ない裏門司、もとい新門司の道をひた走りました。激しい通り雨も何度もあり、変な天気の一日でした。 走っていて涼しいのはほんとに意外、自転車っていいね。
100km走ったけど、雨宿りで十分休憩できたのであんまり疲れてない。


1_
門司側のノーフォーク広場
 
4_
定番撮影ポイント、関門トンネル人道の県境
 
6_
関門トンネル人道の下関側から出るとみもすそ側の公園で紙芝居をやっていた「耳なし芳一」だ。
「耳なし芳一(みみなしほういち)は、安徳天皇や平家一門を祀った阿弥陀寺(現在の赤間神宮、山口県下関市)を舞台とした物語、怪談。小泉八雲の小説『怪談』にも取り上げられ広く知られるようになる。」

7_
いまや下関のシンボル、海峡夢タワー。夜は妖しく光り輝く。

8_
久しぶりに来た下関はだいぶ様変わりしていた。なんなんだこの大聖堂は!?
結婚式場でした・・・


それにやたら彫刻が目立つ・・・
9_1

A_2

B_3

P7190210

« 港町・薄暮編 | トップページ | 球磨川ラフティング2008 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/42033405

この記事へのトラックバック一覧です: 関門海峡を渡ってサイクリング:

« 港町・薄暮編 | トップページ | 球磨川ラフティング2008 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ