« 小国周辺滝めぐりツーリング | トップページ | 東椎屋の滝〜由布院〜伐株山〜八面山ツーリング »

2008年8月26日 (火)

夏の自転車ポタリング、平成筑豊鉄道沿線〜京都峠

R0012640
お盆休み、意外に自転車乗れました。
天気は不安定ながら、真っ黒な雨雲の下をかいくぐりながらなんとか全て雨に遭わずに走りましたよ。
8月13日:55km 約1,700kcal 小倉〜香春〜大任町
8月15日:67km 約1,900kcal 鱒淵ダム周回&新門司
8月17日:80km 約2,800kcal 小倉〜香春〜平成筑豊鉄道沿線〜京都峠(みやことうげ)
 
お盆休みの最終日17日は終日雨の予報ながら、午後はなんとなく降りそうにないなあ、という勝手な予感を信じて自転車で走り出しました。小倉から香春まで南下、その後、平成筑豊鉄道沿線へ。
香春町では筑豊のシンボルであった香春岳がお出迎え。石灰石の採掘のため背の高さは半分にまで削り取られてしまった。長年、山を削り取ってきたセメント工場が手前にたたずむが、その工場もすでに稼働停止している。錆びたサスペンションプレヒータの赤茶けた塔がすでに産業遺産の風格さえ醸し出している。そう、今回は図らずも産業遺産を巡るポタリングとなってしまった。
 
 

R0012647
平成筑豊鉄道は1895年(明治28年)開業の豊州鉄道が前身。その後、国鉄→JR九州を経て1989年(平成元年)、現在の第三セクターの経営形態となりました。
歴史ある路線であるため、貴重な産業遺産、近代遺産とも言える建造物が多く存在します。
これは煉瓦と石で造られた三連アーチ橋の内田三連橋梁。国の登録有形文化財となっています。
煉瓦が凸凹に交互に組まれているのは将来の複線化に備えてここに煉瓦を継ぎ足せるようにしたため。複線化は夢と消えたがそのかわりこの意図していなかった美しい意匠を今、見ることができる。
 
 
 
R0012654
木造の実にレトロな外見の油須原(ゆすばる)駅。それもそのはず駅舎は1895年の開業時からのものらしい。すでに100年を越えるという駅舎。まさに近代遺産。あの有名なJR九州の肥薩線嘉例川駅よりも古いってこと? それってスゴくないかい!?
ちなみに東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜の撮影に使われたらしい。テレビ版?
 
 
 
R0012659
時刻表を見ると列車が到着する時刻なんでホームに出てみた。小さな駅舎とは不釣り合いなくらい広大な相対式ホーム2面2線を有する。
ちょうど列車が入って来た。1両編成の黄色いかわいい車両。男の子がフロントガラスに張り付いていた。その気持ちわかるぞ!ウンウン。
 
 
 
R0012665
源じいの森〜崎山間にある第一、第二石坂トンネルは九州最古の鉄道トンネルで1895年に完成した。1999年に国の登録有形文化財に登録されている。複線化を見越した設計となっているのは見ての通り。もちろん筑豊炭田の衰退とともにその計画も頓挫した。栄華と衰退の歴史を目の当たりにした気分。 まさに産業遺産。
 
 
 
R0012675
携帯で時刻表を調べると、時間的にちょうど列車が通る頃だったので鉄橋を渡る列車と自転車を一緒に撮ってみた。1両の列車はホントにかわいいね。昔はここを石炭を積んだ長大な蒸気機関車が昼夜を問わず走っていたなんて今となってはとても想像もできない。
しかしここの峠、最初に走った時はキツかったけど今はもう何でもない峠のイメージだ。 すこし手前のピーク前後では石坂渓谷を望むことができる。
 
 
 
R0012680
峠からの下りを降りてしまうと今川沿いの田園風景の中をフラットに走り続けられる。こういう淡々とした走りが好きだ。風が心地よい。
そして見つけたのがこれ。こ、これは木造のUFOか!?開業時からの油須原駅とは違ってこちらはモダンな犀川駅。田園風景の中の不思議建造物。
 
 
 
R0012682
お盆に母方の親戚にお邪魔した際に聞いた情報「京都トンネルへの道は1ヶ月前から開通している」を信じてアタックした京都峠(みやことうげ)。一時期はバイクで進入できたけどあるときからがっちりバリヤ作られてまったく通れないようになっていた。今は、たしかに本来接続されるべき道はまだ工事中だけど、迂回路でなんとか無理やりつなげて開通させている感じ。
それにしてもこのヒルクライムはすでに60kmを走って来た脚には応えたなあ(笑) 
でもなんともいえないこの達成感。ヒルクライム好きな人って物好きだよなあ、と思っていたけどきっとこの達成感が目的で登ってるんでしょうねえ。
 
 
 
R0012691
自転車では初めて通る京都トンネル。感激です。やっぱり今のままでは使う意味もあまりなく、通行量は極小。おいしそうなワインディングだけど峠の走り屋さえもいない。
 
 
 
R0012699
トンネル抜けて少し下ると苅田町の町並みが見えた。あの高い煙突は九電の苅田火力発電所だな。
 
 
いやあ良く雨雲を避けて走ってこれたなあ。なんか久々に充実した走りでした〜

体重:67.7kg
BMI:21.4
体脂肪率:16.5%(風呂上がりなのであまり信用ならん)
でした。

« 小国周辺滝めぐりツーリング | トップページ | 東椎屋の滝〜由布院〜伐株山〜八面山ツーリング »

旅行・地域」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

きれいな風景ですね〜!特に内田三連橋梁は美しい♪
やっぱり歴史のある土地は見ていて楽しくなります。
しかし1日で80キロはすごいなあ。私はまだ遠出はしていないので、軽く50キロくらいから始めようかなと思います。
バイクは乗れないので(^^;

けっこう自転車で回れるところに産業遺産がたくさんあっておもしろいです、北九州〜筑豊は。
自転車だといろんな近場であっても意外な発見の連続で楽しいですね。
ところで、BEMさんは北海道の方なんですね?ブログの写真きれいですねえ。

ありがとうございます♪
早速自転車で50キロ走ってみました。もっと行けるかと思いましたが、つい寄り道の方が長くなってしまいます。
私は北海道の札幌です(^^)v 近くの産業遺産は夕張〜赤平〜歌志内など炭坑が多いですが、どこも老朽化してお金もないし、取り壊しの運命になりそうなものが多いようで悲しいです。
今後ともよろしくお願いします♪

>BEMさん
札幌なんですか。
北海道も産業遺産が多そうですよね。
カメラ持って出かけると寄り道は多くなりますよね。
でもそれもまた楽しい♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/42285112

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の自転車ポタリング、平成筑豊鉄道沿線〜京都峠:

« 小国周辺滝めぐりツーリング | トップページ | 東椎屋の滝〜由布院〜伐株山〜八面山ツーリング »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ