« iPod用FMトランスミッター | トップページ | 別府ツーリング »

2007年10月24日 (水)

企救半島一周ポタリング

K
最近時間が取れなくてmixiのほうに簡単な日記を書く程度でお茶をにごしてた。そろそろblogのほうにも書こうかなってことで時間は立ちましたがアップ。

9月30日(日)
夜半前からの雨は早朝まで降り続き、もううんざりって感じでした。早朝、雨は上がったもののどんより曇った空。出かける気にもならなかったのでバイク(TDM850)のオイル交換をガレージの軒先でやりました。
いつから交換してないのか覚えてないのが怖い(笑)
真っ黒なオイルが出てきましたよ〜。はぁ〜すっきり。
 
天気が回復してきそうなのでちょい乗りにすることに、しかしバイクでするチョイ乗りではなんとも物足りないので結局自転車(Poprad Disc)のほうでで出かけました。今回のテーマは企救半島一周ポタリング。企救半島と言っても誰もピンと来ないだろうなあ・・・。北九州に住む人でも。

福岡県北東部にツンと突き出す半島。実は北九州の門司区ってまるっきり半島の形をしているんですよね。関門海峡を隔てて本州(下関)と隣接するため半島と認識する人は少ないでしょうけど地図をちゃんと見ればそりゃあもう立派に九州島から突出しているしっかりした半島です。
今日はここを自転車でぐるりと回ってきました。

R0010971
九州の大動脈、国道3号とそのさらに海峡側を並走する国道199。どちらも交通量が多くさらには大型車も多い。自転車で走るのはヒヤヒヤものですが、門司港レトロなどの観光施設はこちら側に集中していて観光的な見所は盛りだくさん。
門司駅の西側地区の再開発も進みいろんな店舗が出店し、またいろんな施設も出来て来た。温泉?スーパー銭湯?みたいなのも海岸線に出来ていて、その向こうはタイル張りの遊歩道。とてものんびりできそう。

R0010978
 
R0010980
旧サッポロビール九州工場の建物群を保存している界隈がある。門司赤煉瓦プレイスというのだそうだ。なんの施設なのかいまいちよくわからないが、今度ゆっくり訪ねてみよう。

R0010986
北九州出身イラストレーター、わたせせいぞう氏の壁画。これがずっと続くのは門司港西海岸。海峡ドラマシップのところですね。けっこう圧巻かも。
 
R0010988
門司港西海岸から見る関門海峡、そしてそれを跨ぐ関門橋。このあたりは門司港レトロの周辺部とあって休日となるとけっこう人々で賑わう。でも、海辺ののんびりとしたムードはなかなかのどかで良いですね。
 
R0010991
 関門海峡の風情を楽しみつつ、半島先端の和布刈(めかり)まで行くと、関門橋の真下に出る。関門海峡の最狭部はまるで川のよう。
 
R0010998
和布刈を過ぎていわゆる裏門司方面へ出る。『裏』と呼ばれるだけあって交通量は一気に減る。でもここからが自転車で走るのは楽しい。コンテナ埠頭に漁村、中華風のフェリーターミナルなどを結んで走りました。意外に風光明媚だったりするのがいい。信号もなく平坦な道が本当に心地よい。常に左に穏やかな海を望むシチュエーションに癒される。沖合には北九州空港とその連絡橋も見える。
 
R0011013
 
R0011014
 
R0011022
 
R0011030
 
R0011034
ということで、ついでに北九州空港まで走ってきました。Popradでここを走るのはそう言えば初めてです。西に傾いて来た琥珀色の日差しの中、橋を渡りました。
 
R0011048
 
R0011053
トータル84kmのポタリング。ん〜、結局こないだ行ったしまなみ海道より長いじゃん!!!

« iPod用FMトランスミッター | トップページ | 別府ツーリング »

旅行・地域」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/16844225

この記事へのトラックバック一覧です: 企救半島一周ポタリング:

« iPod用FMトランスミッター | トップページ | 別府ツーリング »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ