« 別府ツーリング | トップページ | 国東半島ツーリング »

2007年10月25日 (木)

Gaapと行く錦川清流線

R0011196
10月14日(日)のお話です。
山口は岩国市を走る鉄道、錦川清流線に乗ってきました。
以前、バイクで錦川沿いのR187を走ったときに錦川の美しさに心奪われ、さらにその錦川に沿って走る鉄道があることを知って、いつかはここを走る列車に乗ってみたいと思っていたのでした。
で、自転車で輪行することを思いつき、西岩国から終点の錦町までは列車に乗り、そこからは自転車で川に沿って下るという計画。

錦川清流線は第三セクターの鉄道。 元々は国鉄岩日線として岩国から国鉄山口線の日原までつなぐ計画だったのが、ほとんどの工事が終わったころに計画中止。錦町より先はトンネル、橋梁、路盤はすべてできているのに線路が敷かれなかった。
 
R0011086
西岩国駅(元々はここが岩国駅だったらしい)から乗車。ここはJRの駅なので錦川清流線の切符は買えません。清流線の起点となる川西駅までの140円分の切符を買って乗り込みます。あとは降りるときに車内精算です。

R0011096
 
R0011098
乗り込んだ車両は1両編成のかわいい列車だけど中は新しくて床はフローリングでシートもきれいで清潔で良い。1両なのに車いすでも使えるトイレがちゃんと付いている。全体にウッディな作りで落ち着く感じがいい。
車窓から見える田園風景、そしてきれいな錦川の清流に心が和みました。

R0011102
R0011105
約1時間、のんびりしたスピードの列車に揺られ錦町駅につくと、そこからは未成線となっている路盤を利用した遊覧車「とことこトレイン」に乗って雙津峡温泉(そうづきょうおんせん)までさらに40分。
 
R0011110
 
R0011116
たった6kmを40分も?侮るなかれ、トンネルの中は圧巻の夢空間!
ひとりでこの遊覧車に乗るのはちょっと恥ずかしかったんだけど、もうそんなことどうでもいい!
とても楽しめました。
 
R0011126
 
R0011139
 
R0011140
ほとんどの乗客はここからまたとことこトレインに乗って帰るみたいですが、僕一人が終点の雙津峡温泉で降りて自転車を組み立て走り出します。川沿いを川と一緒に下っていくのだから微妙な下り勾配でラクチンラクチン、快走です。肌寒いくらいの気温は自転車を漕ぐ身にはちょうど良い。きれいな清流を見ながらの走りは本当に気持ちがいい。
ただ、今日は曇天、本来ならコバルトブルーにまぶしく輝く川面が見れるはずだったのにちょっと残念。
  
R0011161
 
R0011164
 
R0011168
錦川には四国でよく見られるような沈下橋もいくつかありました。欄干のない橋は自転車で走るとちょっと怖い。クルマとすれ違うときはなおさらだ。
でも橋の上から見下ろす川のきれいさと言ったらない。こんな透明な川はそんなにないよね、今どき。

R0011182
 
R0011203
最後はお約束の錦帯橋を見物。
日没頃に青空が見えてきやがったよ(T_T)

走行距離約50km 消費カロリー1761kcal

« 別府ツーリング | トップページ | 国東半島ツーリング »

旅行・地域」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/16853829

この記事へのトラックバック一覧です: Gaapと行く錦川清流線:

« 別府ツーリング | トップページ | 国東半島ツーリング »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ