« ちょっと高級カナル型ヘッドホン | トップページ | 若松コスモス街道 »

2006年10月18日 (水)

秋晴れツーリング

061009_01
一週間以上前のことになってしまったが先週の日曜日(10月8日)に久々のツーリングに出かけた。お盆のツーリング以来だからもう2ヶ月近くも出かけていないことになる。
すばらしい秋晴れの中、出発。天気の良さもあって朝は出発してしばらくは寒くてたまらなかった。
日田からは定番のファームロードを走る。定番中の定番だがずいぶん久しぶりなので新鮮だ。高原のさわやかな空気広い空が気持ちいい。
ファームロード一番の展望ポイント亀石峠からはこの日は阿蘇五岳も見えてさすがに空気が透明なことがわかる。

061009_02asoR442にから黒川温泉横~瀬の本を経て久住高原へと向かう。ここの道もずいぶんと広く快適になったものだ。山間のひっそりと隠れているような温泉街だったのにこじゃれた観光地になってしまった黒川温泉。全国的に有名になってもう僕らバイク乗りが行くような温泉ではなくなってしまった。そんな黒川温泉を素通りし、久住高原へ。山峡から空が広がる高原へと道は浮かび上がってくる。青い空、雄大な久住連山に見下ろされて走る。阿蘇の草原も見渡せる。もちろん阿蘇五岳も。

061009_05harajiri今日走ってタイヤがすでに終わっていることがわかった。リアが滑る滑る。タイヤを見ればスリップサインがでかかっている。まあだらだらと走っているぶんには何も問題ないのだけどキビキビ走っていると時々ツツーッと滑るのがわかって肝が冷えること数度。
ということで今日は淡々と景色を楽しみながら走ることに徹した。R442を竹田を経て緒方町へ。何度も行ったことはあるんだけどせっかくなので原尻の滝に寄って行くことにした。

061009_07harajiri原尻の滝と言えば豊後のナイアガラとして有名だ。「ガッカリポイントだ」なんて言う人がいるが、なんで?どうして?すごいじゃないですか、この滝。田園風景の中にこの滝が現れたらほんと度肝を抜きますよね。最近は道の駅が出来たりしていかにも観光地然としてきたけど、以前は実に素朴で雄大で落ち着く場所だった。ガッカリなんて言う人は本気で「ナイアガラ」を期待して来たんだろうか(笑)

061009_11inadumiそうだ、ここまで来たらあそこに寄ろう!
最近鍾乳洞づいている僕としては是非寄らなければならない。そうあの鍾乳洞。水中鍾乳洞として有名な稲積鍾乳洞だ。もうかなり前にツーリングで来たことがあるが久々に行ってみたくなった。
鍾乳洞へ至る道は実に雰囲気のある田舎道。時々、古い石橋がお出迎えしてくれる。青い空、白い雲、山間の村、趣のある石橋、実に絵になる風景だ。

061009_12inadumiケイビングを経験した今となっては観光洞の人の手の加わった鍾乳洞は???な感じである。人が掘ってるだろ、これ!って感じの通路。そして階段、照明。その照明当たっているところにはカビかコケかなんか生えてて緑色になってるし・・・。
しかし水中深く暗い鍾乳洞が落ち込んで行っているところはなかなか神秘的ではあります。ケイブダイバーにはかなり魅力的な場所なのでしょうか。ダイバーの命綱のロープが洞窟の水中深く張り巡らされているのが見えた。

061009_17furenついでにもう一つ大分の鍾乳洞に寄って来た。風連鍾乳洞。「日本一美しい」などと言い張っている鍾乳洞だ。 いったいどんな鍾乳洞なんだ!?
ここもやっぱり確かに観光洞で、人が掘っているっぽい通路をかなり歩いて行くことになる。やっぱり観光洞だな、などと考えながら歩いて行く。たしかに様々な鍾乳石が目を楽しませてはくれるが、規模も小さいしまあこんなもんかなどと思っているうちに一番奥のホール部分に出た。なんと案内係のおばちゃんが一人で座っている。ええ!ここにずっと一人でいたの?などとびっくりしたのもつかの間。見上げたそのホールのすごさと言ったら!!まさに圧巻。龍宮城と名付けられたそこはまさしく宮殿のような場所。様々な装飾のような柱、壁が見事にホール全体にちりばめられている。しかしこれが自然の力で出来たものなのか!?息を飲んだ。確かにこの部分は「日本一」と言ってもいいかも。最初にここを見つけた人は言葉もなかっただろうなあ。

鍾乳洞見物で時間を費やしたため帰りは別府経由10号線メインで帰った。それでも退屈なので意味もなく耶馬渓に寄って来たりしたのだけど・・・(笑)
結局266.4mile(約426km)の旅だった。

« ちょっと高級カナル型ヘッドホン | トップページ | 若松コスモス街道 »

バイク」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

私は日本中を旅しているようなフリをしていますが、実は九州に関してあまり詳しくありません。こうして九州のツーリングレポを読むと新鮮で興味津々です。自分の知らない地名知らない風景は読んでいて楽しいです。
結局最後は鍾乳洞に寄っちゃうのがOnOuEさんらしくていいですね(笑

すいません、読んでいただいてありがたいことなのですが今回のはちょっと手抜きかも・・・(笑)
なんか書かないとマズイなと思って無理やり書きました。
鍾乳洞は・・・ん~、なんか今回のメインイベントになってしまった感じですね(^_^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/12285701

この記事へのトラックバック一覧です: 秋晴れツーリング:

« ちょっと高級カナル型ヘッドホン | トップページ | 若松コスモス街道 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ