« 若松コスモス街道 | トップページ | 佐賀バルーンフェスタ »

2006年10月25日 (水)

雲仙ミーティング&キャンプ

061022_05unzen
週末はYAMAHA 5バルブパラツインエンジンを積むバイクのオーナーズクラブ”10VALVES”の九州支部のミーティングに行って来ました。”Q10V”って呼んでるやつです(笑)
今回は長崎県は島原半島のにあるエコパーク論所原(ろんしょばる)というキャンプ場でケビンを借りてのキャンプです。あおなな君が言い出しっぺのはずが結局実質的幹事は地元のKUROさん。お疲れさま&ありがとうございました。
今回、部外のゲスト参加者もいますが支部イベントで10人も集まったのは本当に久しぶり。なんか久々に会って「懐かしい」などと思う顔もあったりして(^_^;;;
「Q10V男祭り」などとなかば自虐的に企画してきた割には女性は2名も参加。もちろん全員バイク参加。

結局、土曜に仕事が入った僕は昼過ぎまでに仕事を片付け高速道路で一気に諫早まで走り、雲仙を目指した。それにしても高速道路って退屈。その上料金高い。しかし距離を稼ぐための我慢の行程だ、仕方ないでしょう。
諫早からの混んだ道を駆け抜け、愛野展望所で大海原を眺めたあと、これからR57,R251の重複区間を通り小浜温泉を経てエコパークへ行こうとしたんだけどちょっと色気を出して海沿いの県道201って所を走ってみた。ここ、なぜか切り通しがあったり駅のホームの跡っぽいものがあったりしてなんかちょっと不思議な雰囲気の道路だった。妙にアップダウンも少ないし・・・。調べてみたらやっぱり鉄道跡に作られた道路だった。諫早と小浜温泉をつなぐ雲仙鉄道(のちに島原鉄道に経営委託)だったらしいが15年という短命に終わったらしい。しかもそれは戦前の話。それでもちょっと走っただけでそれだけの痕跡を見い出せるとはこの地域がかなりこの鉄道に愛着があったのだろうと思われる。
海を見下ろしながら走る当時の汽車の車窓からの眺めを夢想しながら走ってみた。

061022_03unzen国道に復帰した後、ビールを買い出しだ。今宵はバーベキューを注文しているため食材の調達は不要。ビールだけあればいい。楽チン楽チン(笑)
滑り込んだコンビニでなんと今夜の仲間のつむりんさんに遭遇!なんという偶然。買い出しの後、一緒にエコパークまでのワインディングを駆け上った。僕が前を走ったがタイヤを替えたばかりの走りだということをやっぱり見抜かれた。さすが達人!恐れ入りました。
エコパークに到着。茶畑のある山の丘陵部分を切り拓き、広大な芝生のキャンプ場を作ったという感じ。高いところに登れば橘湾も一望できる開放的な場所だ。まだ出来たばかりという感じで設備はすべて新しい。ウッディなケビンも真新しくきれい。

061021_02unzenケビンに到着するとすでにタンデムで来ていたあおなな君+1に出迎えられた。すでにくつろいだ格好に着替え済み。なんか新婚カップルの新居に招かれた客のような気持ちになって来た。お客さんじゃねえよ!
それにしてもここのケビンは豪華。キッチン、冷蔵庫はもちろんある。今の季節は必要ないけども薪の暖炉は冬はとても優雅でロマンティックな夜を演出してくれるだろう。景色の良いテラスも素敵。ロフトも付いていて女性が一緒でもOK。風呂はジェットバスや泡風呂、全身ミストシャワーまでハイテク満載、もちろんトイレはウォシュレット付き。こりゃまさに別荘感覚。バイク乗りがこんな優雅で快適でいいのかって気もして来てしまうほど。
ほどなく他のメンバーも到着し、幹事代行?のKUROさんも到着し全員集合だ。

061021_01unzen火をおこす準備だけするつもりが、小地獄温泉へ入りに行った連中の帰りを待ちきれずにバーベキュースタート。温泉組もその後すぐに到着。このメンバーで、しかもテラスで満点の星空を見ながらのバーベキュー、楽しかった。 しかし、酒が入りだんだんヒートアップ!酔っぱらいの集団だ。もうわけがわかりません。強烈な味の自家製ワイン?が差し入れされ悲鳴と怒号は飛び交うし、怒りの柿は飛んで来るし、大変な騒ぎでした(笑)
※残念ながら肝心なテラスでバーベキューしている写真がない。

061022_04unzen帰りは阿蘇大観峰コーヒーブレイクミーティング参加組と長崎西海岸経由コース組とに分かれたためここでとりあえず解散。僕は前日ほぼ高速しか走って来なかったため、雲仙、仁田峠を走りに行き長崎西海岸〜外海町〜西海橋と走って来た。
外海(そとめ)の道の駅ではロータスエリーゼの大群が道の駅から出て行くのに遭遇。なんかのミーティングかな?あんな台数のエリーゼ初めて見た。というか九州にあんなにいっぱいエリーゼがいたのか(笑)
僕らも道の駅から出てしばらく走っているとエリーゼ軍団に追いついた。前にクルマがいなくなると突然に飛ばしだすので面白くてしばらくくっ付いて走ってみた。でもかっこいいなエリーゼ、お金とヒマがあれば1台欲しい(笑)

海沿いツーリングを楽しんだあと、西海橋に寄ってたいしておいしくないちゃんぽんを食べた。
佐世保から高速に乗った。ZAKIさんたちとは東脊振でお別れしたあと退屈でたまらないので筑後小郷で降り、R322~R500など酷道、までとはいかないまでも狭道、険道をわざわざ選んで帰った。なんとポツポツと雨が降り始めた。しかし家に帰るまでポツポツのままで全く問題なし。バイクをガレージに入れたとたん本降りになった。ふぅ間一髪だった。

« 若松コスモス街道 | トップページ | 佐賀バルーンフェスタ »

バイク」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/12388067

この記事へのトラックバック一覧です: 雲仙ミーティング&キャンプ:

« 若松コスモス街道 | トップページ | 佐賀バルーンフェスタ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ