« 本日クルマ納車! | トップページ | 燃費計 »

2006年9月 3日 (日)

カーオーディオのiPodインタフェースボックス

納車したエスクードにオプションで付けたiPodインタフェース。これちょっと微妙な仕様なんです。想像とけっこう違っていた。これは要するに6連奏のCDチェンジャーの代わりにiPodを利用する仕様となっていてプレイリスト名をclarion1、clarion2・・・clarion5とすることでこれらがCDの2~5枚目相当として認識されるようになっている。(ちなみにCDの1枚目はiPod全曲再生となる。)
こうすることでカーオーディオのコントローラからの操作がCDチェンジャー同様に行なえると言うワケだ。インタフェースボックスへのケーブル(Dockコネクタ)をつないだ時点でiPodのクリックホイールは一切操作不可能になってしまうし、液晶画面での曲情報も一切確認できない。このときiPodの画面にはclarionロゴが表示されるというなんとも不思議な光景が見られる。
運転中にクリックホイールを操作したり、液晶画面を見るのは危険でもあるのでこれはこれで安全な使い方ではあるかもしれない。
これからはドライブ用にプレイリストを編集することになるのか。なんかMD時代を思い出すなあ(笑)
もっとも、プレイリストの編集はずっと簡単で時間もかからないし、ドライブ用プレイリストを編集するのもまあ楽しみといえば楽しみであるのかも・・・。
聴きたい曲がサクっと選曲できないのはiPodの操作に慣れてしまった身にはかなりもどかしいものがありますね。
結局、FMトランスミッター(Podfreq)は手放せないのかな。Podfreqやっぱ音いい。

« 本日クルマ納車! | トップページ | 燃費計 »

オーディオ」カテゴリの記事

デジタル・ガジェット」カテゴリの記事

クルマ」カテゴリの記事

コメント

あ、車を買い換えてる。(^_^;で、iPodをライン接続できるようにしたのね。なるほど、そういう不便もあるんだ。音はトランスミッターよりいいだろうけど、ちょっとですね、それは。

iPodを買って、OS9では動かないのでMacの買い換えを迫られてます。firewireでも充電できるのか…。お返事が待てずに、podfreqと一緒にUSBのシガレット電源も買いましたが、まー、無駄にはならないでしょう。(^.^)

Podfreqを手放すのなら、待てばよかった?(笑)

でしょう!
iPodの操作系の良さのほとんどがスポイルされています。だけどクルマ運転中にiPodの操作をすることはやっぱり危険だからこれで妥協するかなあ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーオーディオのiPodインタフェースボックス:

« 本日クルマ納車! | トップページ | 燃費計 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ