« New York at Dawn /Elbow Bones and the Racketeers | トップページ | 阿蘇ツーリング2日目 »

2006年7月17日 (月)

阿蘇へツーリング

060715aso01
実はこの連休、10valvesの西日本ミーティングが広島で行われる予定だったんだけど、曖昧な天気のおかげで延期となった。ということで土曜、日曜とそれぞれ日帰りで阿蘇方面へツーリングに行った。
梅雨前と言うことでスカっと晴れた、とは言いがたい天気だが、雲間に見える青空はまさに夏のものだった(写真には撮れなかったけど)。

日田を経て、ファームロードを快走した。平地ではけっこう暑かったもののここはもう高原の風を感じて走ることができて爽快。ずっと遠くまで見渡せる、というほどの空気の透明感はなかったけど梅雨末期の天気としては上出来である。千鳥走行で悠然と走行するけっこう迷惑なマスツーリングの集団を追い抜き、高原のアッップダウンワインディングを楽しむ。
具合の悪かったお腹の調子もきょうはやっと良くなったようだ。しかし、瀬ノ本では若干お腹が痛む気がしてきてトイレに駆け込んだ。いつの間にか新しくなっているトイレ。すごくきれいになってるし、ウォシュレットまで付いている。こりゃ今の自分には実にありがたい(笑)
トイレから出ると駐車場の向こうに会社の同僚がいた。そういやバイクを買うと言ってたがもしや今日が馴らしツーリングか?1000ccを買うとは言ってたがまさかここまでトンがったバイクを買うとはびっくり。あんなポジションのバイク怖くないんかな。
結局そのお仲間3人と昼飯をともにした。いきなりビールを注文するヤツ。「よーし、みんなで飲んで連帯責任だ」などと勝手なことを言う。僕は体調不良を理由にご遠慮させていただいた(笑)。昔は平気でツーリングで飲んでたけどもう今ドキそんなことできませんって。
06071502nabegataki01午後は南のほうへ走るつもりだったんだけど、昼飯ついでに彼らの次の目的地だという鍋ヶ滝までは同行することにした、というか先導してくれなどと頼まれた(場所知らんのかい!)。小国の道の駅からほど近いここは何の変哲もない山の中の滝ながら、涼を求めにきた人たちでにぎわっていた。道路脇に作ってある駐車場はいっぱいで、路肩に停めているクルマも多数。滝へと至る小道の入り口脇には小さなお土産物屋さんまである。駐車場から渓谷まで徒歩は5、6分の下りの山道。ちょっとした登山道の雰囲気。足腰弱い人はちょっとキツいだろう。
06071502nabegataki02落差10m程度だがそれ以上に幅が広いのがこの滝の特徴だが、この滝の人気の秘密は滝の裏側に回り込めることにある。滝の上の岩盤が大きくせり出しているため。下が空洞になっているのだ。まるで洞窟のような広い空間。しかし滝裏に回っているとけっこう細かな飛沫で体中が徐々に濡れて来る。夏は確かに涼感溢れていいところだろう。
しかし、駐車場までの登り道でべったり、ぐっしょり汗かいてしまうので意味無し(笑)
駐車場は日差しを遮るものもなく暑い暑い。早々にみんなに別れを告げ、僕は一人でまた走り始めた。テキトーに走って帰途に付いた。
九酔渓では秋には新しい歩行者用の吊り橋(日本一らしい)が架かるってことで見に行ったんだけど九酔渓の手前で工事中の橋が一瞬見えただけであとは上を見上げつつ走ったものの全く見えなかった。一体何処に橋を架けるんだろう。あ、もしかしたら振動の滝の真正面に架けるのか?
英彦山を越え定番ルートで帰っていると、家まであと10分といところで路面がびちょびちょに濡れていた。きっと直前に夕立があったんだろう。あぶないあぶない。帰宅前にガソリンを入れていたらまたすごい土砂降り。ちょっと雨宿りして、けっきょく雨には全く濡れず走れた。ラッキー!!

« New York at Dawn /Elbow Bones and the Racketeers | トップページ | 阿蘇ツーリング2日目 »

バイク」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ああ、いいな~阿蘇にふらっと行けるなんて...
うらやましいです。

そうですねえ、なんたって地元ですからねえ。阿蘇は日帰りツーリングの定番コースですね。
「またか」という感じはいつもするんですが阿蘇はいつ行っても雄大で心が広がります。走りを楽しむにはちょっとクルマが多かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/10969074

この記事へのトラックバック一覧です: 阿蘇へツーリング:

« New York at Dawn /Elbow Bones and the Racketeers | トップページ | 阿蘇ツーリング2日目 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ