« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月の記事

2006年6月24日 (土)

New York at Dawn /Elbow Bones and the Racketeers

Elbow原題は「夜明けのニューヨーク」って感じですが邦題のほうはアルバム1曲目そのままの「A Night In New York」だった。僕としてはNYのナイトクラブを連想させる音楽性から邦題のほうがしっくりくるんだけど、もしかしたら夜通しクラブで遊んで朝になり「さあ帰ろうか」と言ったシチュエーションなのだろうか。

続きを読む "New York at Dawn /Elbow Bones and the Racketeers" »

2006年6月22日 (木)

右田ヶ岳登山&山口ツーリング

060618migitaga01
出張で移動する新幹線の車窓から景色を眺めているといろいろと興味を引くものが目の前を過ぎて行く。きれいな山や川、広大な平野、原生林の中の湖沼群、ユニークな形の建造物、さらには臨海工場地帯のサイバーパンクな夜景。そんな中で特に気になっていたのがちょっと変わった雰囲気をもつ山だ。それは新山口駅を通過し、山陽新幹線名物の長いトンネルの一つを出て防府の町へ飛び出したところで左手にそびえている。白い巨岩が山全体を覆い尽くすように多数露出した異様な山容。見方によっては大きな岩に木がまとわりついているようにも見えなくも無い。白い岩はカルスト地形などの石灰石ではなく花崗岩だ。このあたりはいくつかそんな山があるがひときわ目立つのが新幹線沿線にそびえる右田ヶ岳(みぎたがだけ)だ。
久し振りの休みで久し振りのツーリング。どこに行こうか迷った挙句、この山を目指して走ることにした。そしてあわよくば登ってやろうと・・・

続きを読む "右田ヶ岳登山&山口ツーリング" »

2006年6月10日 (土)

New World Order/Curtis Mayfield

Curtisnwoささやくようなかすれたファルセットヴォイスにやさしく包まれるなんとも渋く心地よいソウルバラードアルバムだ。渋いけれども決して枯れてはいない。「やさしい」などと言うよりはむしろ体じゅうを愛撫されているかのような快感さえ感じる濃密でツボを押さえた音作りだ。これはR.Kellyの12play並にエロいんじゃないかと感じるくらいだ。

続きを読む "New World Order/Curtis Mayfield" »

2006年6月 5日 (月)

新しいおもちゃ

Lensbaby
変なレンズを入手しました。ほんとにヘンです。こんなレンズ初めてです、どうやって使うんだろう。もちろんOMマウントですよ。これを使って撮ってるサイトをいろいろ見ましたがどうしてそんなにアートな感じに撮れるのか不思議でなりません。今のところこれがせい一杯。というか全然特徴出せてないし・・・
しかしまずは撮る時間が欲しいな。こればかりはナイト・ポタリングみたいに夜はできないもんなあ。出張にもっていくかぁ、おい。
っていうことで詳細は後日。

2006年6月 4日 (日)

ホタルの季節

梅雨前のこの時期、田植えもほぼ終わり。この頃になると家の周りで昔はホタルの舞い飛ぶ姿が見られた。しかしもうウチの近所でホタルが飛ぶことはない。たまに1匹か2匹を見かけたらいいほうだ。川の上流に住宅地が作られ、その川は護岸工事を施され、川沿いの草むらが無くなってはホタルの住む環境も無くなってしまった。子供の頃魚を取ったり泳いだりしていた川の姿は全くない。今はただの用水路みたいになっていて川に入ろうにも入れない。

続きを読む "ホタルの季節" »

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ