« 角島 | トップページ | メタボリック症候群 »

2006年5月22日 (月)

GaapとMTB

R0010796MTBを復活させたことは以前書いたけど、あれからちょこちょこといじってみた。ハンドルとステムとグリップ、バーエンドの交換。たったこれだけで印象がガラっと変わってしまう。少しの出費で体感できる大きな変化が楽しめるのは自転車のいいところ。
やっぱりMTBは乗り心地良いし、スピード感もある、つまり速い。で、ここのところGaapではなくMTBのほうを良く乗っているんだけど、今日は乗り較べをしてみた。

MTBでひとしきり走った後、Gaapに乗ってみた。あんまり効いていないと思っていたサスペンションだが意外に効いている、乗り換えた直後はふわふわして気持ち悪いくらい。なんかペダリングロスも結構ありそうな・・・。あと、小径車ってやっぱり独特のハンドリングだということを再確認した。フロントがきょろきょろする挙動とか不安定さとかだ。しかし反面小回り効くし、軽快さは格別。しかし、遅いと思っていたGaapだけどそれほどでもない。実際にGPSで走行速度を走ってみても平地を走っている限りはほとんどMTBと一緒。じゃあこの感覚の違いは何?やっぱりホイールの大きさからくる慣性の違いなんだろう。速度のノリ方が全く違う。MTBの26インチの太いタイヤの安定感は抜群で行ったん速度を上げたらそのまま走りきってしまいそうな速度のノリは実に気持ちがいい。Gaapのほうは「漕ぎ続けなければ倒れてしまう」まさに自転車操業的な切羽詰まった感がありますね。しかしどちらも一長一短、それぞれの走りの面白さがある。
どちらを選ぶか難しいところです。チョイ乗りはGaap,長距離はMTBって言うのは簡単ですが実はそれほど簡単でもなくて、チョイ乗りのつもりが走り初めてなんかおもわずスイッチ入って気分が乗って走り続けることは良くあること。MTBを選んでおくのがまあ普通は無難なんでしょうけどね。そう簡単に割り切れない魅力がGaapにはありますね。

« 角島 | トップページ | メタボリック症候群 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

私の自転車が退院したら、
またサイクリングに連れてってくださいね~☆

サイクリングいいねえ。
しかしその折りたたみ自転車ではたくさん走るのはやっぱ無理だよねえ・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/10180234

この記事へのトラックバック一覧です: GaapとMTB:

« 角島 | トップページ | メタボリック症候群 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ