« 轟峡キャンプ&長崎橋めぐりツーリング | トップページ | 初夏のよそおいの能古島ポタリング »

2006年4月24日 (月)

門司港~新門司ポタリング

060423_01mojiko.jpg
土日とも雨の予報が一転、日曜に晴れマークがついた。こりゃどこか行かねば!と6時前に起きたのはいいがなんと窓の外はすんごい濃霧。この中をバイクで走ろうものならすぐにびしょ濡れになりそうなくらいだ。少し様子を見てみようと二度寝。起きたらもう9時過ぎだった。
しかし空はまだどんよりとしたまま。バイクで行こうかそれとも自転車に乗ろうかとうだうだ悩んでいる間に昼近くまでなってしまった。今さらバイクで出歩いてもたいしたとこいけないな、っていうことで結局自転車をクルマに載せて出発。市内のどこかをうろつこうってことで門司港レトロのあたりをポタリングすることにした。
門司港レトロ地区のシンボル門司港駅。大正ロマン漂う威厳のある作り。今日は駅前広場でフリーマーケットか何かのイベントが盛大に催されていた。

060423_02dramaship.jpg

060423_03dramaship.jpg
クルマは門司の西海岸にある海峡ドラマシップの駐車場に停めた。ココで自転車を降ろし走り出す。まず目に入るのは北九州市出身のイラストレーターわたせせいぞう氏の壁画だ。これが倉庫?の壁にずらっと飾られている。


060423_04mojiko.jpg
門司港ではレトロにちなんでだろうか人力車を走らせている。人力車はレトロ感いっぱいだが車夫のにーちゃんは茶髪だ(笑)。たいてい観光客気分丸出しのおばちゃんとかが乗ってるんだけど今日見たのはカップルだ。恥ずかしそうに乗ってるが、確かにこりゃ半分さらしもんだ。おねーちゃんがけっこうかわいいのでさらに人目を引く。レトロ地区を自転車でうろうろしてるとこのカップルの人力車といろんなところで出くわした。これだけ引き回されるのなら人力車に乗るのも考えものだな~、でも彼女がコレくらいかわいかったらいいよな、けっ!


060423_05tunnel.jpg
門司港レトロ地区から関門橋の下の和布刈(めかり)までは実はサイクリングロードがある。といっても1kmくらいしかないのでほとんど遊歩道としか使われていないようだ。レンタサイクルの店もあるが借りる人はほとんどいないようだ。
関門橋の下の辺りで関門海峡を見わたす。橋が架かっているくらいの場所なのでこの辺りがたぶん一番狭く、潮の流れも一番早いところだろう。初めて見る人はきっと大きな川にしか見えないだろう。関門トンネル人道はこの橋のたもとあたりに入り口がある。ちょうどいいのでついでにこれで海峡を越え、下関まで行ってみることにした。人道へはエレベーターで降りていく。
この人道、歩行者はタダで自転車と原付は20円だ。九州と本州を隔てる海峡を横断する手段としてはもっとも安上がりな手段だろう。ここは元々車道の関門トンネルを掘る際のパイロット坑を人道として利用しているものだ。海底にへばり付いてトンネルがあるのだと誤解している人もいるようだが実際にはもちろん地中の中で、車道トンネルの下に人道があるのだそうだ。海底トンネルの人道というのは世界でもここだけらしい。実はここ、扱いとしては国道2号線として管理しているとのことで、もし青い逆おむすびの国道マークを付ければ竜飛崎の階段国道のうようにきっと名所になるのだろうな。人道トンネル国道(笑)
歩いている人は多い。自転車の人もいる。日本一周でもしているのだろうか、パニアバッグを前後に付けた自転車の若い女性もいた。大体ああいう人って小汚いのにけっこうこぎれいでスタイリッシュな人だった。スタートしたばかりなのかな?
下関側のエレベーターを昇って出口で20円を回収箱に入れようとしたら財布をクルマに忘れていた。あらら~、目の前は交番。なんかバツが悪くて結局どこへも行かずにそのまま踵を返してトンネルに引き返してしまった。とほほ~、アホアホ。
帰りのトンネル、やはりけっこう人が多い、自転車もけっこう走っている。しかし、見慣れないものが目の前に現れた。あ、人力車だ!しかもあのカップル!こんなところまで連れまわすのか!?すごいなあ。人力車も料金20円なのかよ!!


060423_06shinmoji.jpg
なんか財布忘れたのが妙に情けなくてなんか脱力感たっぷり、天気もなかなか回復しなくてやる気なしモードになってしまった僕は駐車場に直行。そのままクルマで帰ることにした。来た道を帰ってもしょうがないので裏門司、もとい!新門司方面を走って帰ることにした。このまま家に帰るつもりだったけど白野江や部崎灯台のあたりをうろついているうちに海が妙に青くてきれいなことに気付いた。天気もかなり良くなっている。
新門司港方面への新しい道が出来ているのを発見した僕はその道を走ってみることにした。途中、小ぎれいな海浜公園が出来ているのを発見。ここで自転車を降ろし周辺を散策することにした。たぶんココは人工の砂浜だとは思うけど白い砂浜と青い海がきれいだ。バーベキュー道具を片付けている家族連れがたくさんいる。たしかにここでバーべキューやるのは気持ち良さそうだ。海水浴場としてもよさそうなところだけど、なぜか立ち入り禁止になっていて物々しい柵が取り付けられている。なんで?


060423_07shinmoji.jpg
ここはいい!ほんとにいい!必ずここでバーベキューするぞ!(笑)


060423_08shinmoji.jpg
新門司フェリーターミナル周辺の埋立地を走る。フラットな道がズドーンと延びていて走り応えがある。
先端には新門司マリーナがある。出来た当時、すごいおしゃれな場所だったんでよく来てた。いつの間にか教会も出来ているがこれは結婚式用だろう。
 
  
060423_09shinmoji.jpg
新門司港、泉大津行きの阪九フェリーターミナル。中国風の様式の建物がなんともすごい。しかしなぜに中国風!去年のGWもここからツーリングに旅立ったが今年はここから行けるのか?それとも別の場所へ?それとも行けない・・・
 
 
060423_10tunemi.jpg
新門司のフェリーターミナルを過ぎ、この際だからとがんがん南下する。新門司臨海工場地帯を過ぎさらに南へ行くと道はいつしか海沿いの田舎道へと変わる。誰かが訪れているとは思えない公園、1時間に1台くらいバスは来るのだろうかと思われるバス停を見ながらさらに奥へ奥へと進む。しかしこれもまた風情。セメント鉱山の白く荒々しい断崖を見上げながら進むと青い海の向こうに北九州空港の連絡橋が見えてきた。なんとここまで来てしまったのか。


060423_11shinmoji.jpg
北九州空港島の姿をみてUターン。またクルマを置いた公園まで戻ってきた。途中やる気がなくなってた割にはけっこう走った38.56km。けっこういい運動にもなったし海沿いポタリングとしてはかなり満足だった。


060423_12shinmoji.jpg

« 轟峡キャンプ&長崎橋めぐりツーリング | トップページ | 初夏のよそおいの能古島ポタリング »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。

おっ、この公園バーベキューにもってこいですね。φ(..)メモメモ

日曜はお天気良くなったんだ~
私は福岡国際会議場でカンズメでした・・・
そういえば、会議場から見えた空と海がキレイだったな~

きょーへさん、メモメモって、この文章で公園の場所がどこか特定できたの?(^o^;

まゆちゃん、カンヅメでしたか・・・、天気良くなったのにねぇ。

ふ、ふ、ふっ。
お茶の間偵察衛星「G○og○e」の威力。

なるほど、そのままズバリの名前が載ってますなあ(笑)。そうココです。
じゃあ、バーベキューしようぜ!

では、声を掛けてください。
ガキがうるさいと思いますが。

Let's バーベキュー(^o^)

Let's バ~ベキュ~♪

4月30日(日)ならなんとかなりそう。
どうですか?
10時頃買出し地点で集合って感じになりますが。

しゅ~ご~!!!

あーっ。
30日は用事が(T_T)

えーーーー!!!
じゃ~、
OnOuE 先輩、企画変更しましょ♪

きょーへさん。
今日もありがとうございました。
また、連休明けにおねがいします。

30日はダメですか~
じゃあいつがいい?

5/3~6は如何ですか?

う~ん3~6日はちょっと厳しい・・・

う~ん、残念です。
GW期間は断念します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/9735476

この記事へのトラックバック一覧です: 門司港~新門司ポタリング:

« 轟峡キャンプ&長崎橋めぐりツーリング | トップページ | 初夏のよそおいの能古島ポタリング »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ