« 今シーズン初スキー | トップページ | スカイマークに初搭乗して »

2006年2月11日 (土)

EYEWEAR(アイウェア)、ようするにサングラス

sjacketバイク、自転車、スキーなど自分にとってこれらアウトドアスポーツを行なう上で欠かせないものの一つにサングラスがある。夏のまぶしい陽射しから目を守るのもさることながら、これら「ある程度のスピードを伴って屋外環境内を移動すること」が主体のアクティビティでは風やゴミや虫から目を守るのもサングラスの重要な役目になっている。そういう意味ではサングラスというより今流行りの「EyeWear(アイウェア)」と言う言い方の方がイイのかもしれない。間違っても「保護メガネ」とだけは呼びたくない・・・。
しかし、「オレ今度新しいアイウェア買ったっちゃ!」などと口に出しても「なんそれ?」とか「は?何んツヤつけとーとね!?」などと言われそうなので文字の中だけでのハナシにしとく(笑)

で、自分がこれまで愛用してきたのはOAKLEYのStraightJacketという定番中の定番モデル。シンプルながら流麗でクールなデザインが素晴らしい。ストレートなテンプルもバイクでヘルメット被ったまま掛けるには非常に都合が良い。今使っているのは2本目。1本目は海のキャンプで無くした(オイ!)。しかし2本目はモデルチェンジされててスリムになってさらにスタイリッシュになったからいいノダ。
OAKLEYはカッコいいけど顔に合わなくてすぐにずり落ちる、という人もいるがなぜか自分にはばっちり。顔を上下左右に振っても全然ずれない。僕は彫りも浅く平板な顔だし頭の幅も広い典型的な日本人顔なんだけどね。不思議です。
そんなお気に入りのOAKLEYだけど不満はややある。バイクでヘルメットを被る場合は風防性能なんて全くカンケーないぜ、なのだけど自転車やスキーの場合だと直接風が顔に当たるので風防性能は重要。前傾姿勢で乗車する自転車の場合、正面ではなく額の方から風が当たる格好になるので完全には防ぎきれなくてゴミが目に入りがち。だからそういった風防性能重視したアイウェアがいい。
そしてバイクなら薄暗くなればサングラスをはずせばいいがスキーや自転車では風やゴミから目を守るためにどうしてもはずせないのでできればもっと薄い色のレンズ、またはそれに交換できるタイプのアイウェアが欲しい。
さらには汗をかく自転車やスキーではOAKLEYの顔に巻きつくようなラウンド形状だと移動中はともかく立ち止まるとあっという間に顔からの汗で曇ってしまうということもある。もっと曇りにくい形状のものがいい。
となるとやっぱりサイクリスト達がしている派手な色とカタチでまるで仮面舞踏会のようなあんなこっぱずかしいアイウェアがいいのだろうか?
freeonアウトドアショップの自転車売り場で一旦はとりあえず日本のメーカーの安価なものを買ったがクオリティもデザインも価格相応。しかも使ってるうちにすぐにぶっ壊れた。やっぱり壊れないことで定評のあるOAKLEYのもっと派手なヤツ買っちまおうか、などと考えているうちに見つけたのが「RUDY PROJECT」という名のメーカー。ヨーロッパのOAKLEYかと思えるクールでスタイリッシュなEYEWEARの数々だ。その中でも1枚レンズの視野の広さと軽量さがウリのこの「FREEON」というヤツが良さそう。もちろん街中で掛けるのははばかられる程度には充分にスポーティなんだけど決して派手過ぎないのがいい。楽天のショップで良さそうなところを見つけたのでそこで買おうかと目をつけてたんだけどなんと地元のメガネ屋さんだった。んじゃ、実物見に行こうよ、と訪れたもののお目当ての「FREEON」は残念ながら無かった。しかたないので他のRUDY PROJECTのものを見てみた。クオリティはまずまずと思われたので、結局通販で替えの曇天薄暮時用イエローレンズも一緒に「FREEON」を買ってしまった。
売り文句の通り、装着感は非常に軽快。「フレキシブル・ノーズピース」「フレキシブル・テンプル」で自分の顔に合わせて変形できるのがいい。OAKLEYの顔にピッタリまとわりつく感じではなく意外にも点接触(こめかみと鼻)な装着感だが軽量(28g)なのもあってホールド感はばっちりだ。これならスキーで転倒したって外れないんじゃないかと思われる。逆に顔に密着しすぎないのがレンズが曇らなくていいかもしれない。さらにフレームのない1枚レンズの視野の広さは期待どおりだった。
さあて、まずは明日のスキーで使うのが楽しみ〜♪
 
※ここのショップでTALEX(日本製らしい)の偏光レンズを奨められた。まあ名前は前から知ってて結構気になるレンズでいつかは手に入れたいとは思ってた。かなり精度がよくて目にやさしいと評判らしい。いろいろ話を聞くうちに1つ問題点を見つけた。この偏向レンズを掛けると強化ガラスなどはその歪みが思いっきり濃淡となって目に見えてしまう。これにはびっくり。さらにはヘルメットのシールドではプラスチックの歪みがまるでニュートンリングのような虹色に見えてしまうのだ。これじゃあバイクには使えないなあ。「欲しい〜」とか思ってましたがその一点で踏みとどまれました(笑)

« 今シーズン初スキー | トップページ | スカイマークに初搭乗して »

スキー・スノボ」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

私は頭(顔)がデカイので頭部につけるものは大抵似合いません(^^;帽子とかアイウエァとか・・・

な訳で、年末にOAKLEYのレーシングジャケットとかかなり大きめの物を買ってみたのですが・・・ご指摘の通り曇りますね(笑)
まぁ機能は二の次で買ったので良いのですが・・・ふっ・・・ジャニーズ張りに小顔な人が羨ましい・・・

Gaaperさんお久しぶりです。
Racing Jacketといえば折りたためないタイプの競技用?のヤツですか?結局あんな折りたためないヤツ一番壊れないんでしょうね。大抵壊れるのはヒンジのところですから。でも使わないときの収納を考えると一般的な使用ではなかなか手が出せないですねえ。
え?「機能は二の次」って???

折りたためないのはゴーグルの様に使うのでそれ程気になりませんが・・・
機能が二の次と言うのは、とりあえずサングラス的な物を普通に着けられればなんでも良いかなと言う意味で・・・
そもそもカッコイイのとか機能が充実してるのとか、もう、ずれて来たり、こめかみが痛かったりで・・・顔の大きさとサイズが合ってないんですね・・・きっと

ちょうどOAKLEYのが顔にフィットしたってワケですね。
小顔ですか~、小顔は憧れますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/8600856

この記事へのトラックバック一覧です: EYEWEAR(アイウェア)、ようするにサングラス:

« 今シーズン初スキー | トップページ | スカイマークに初搭乗して »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ