« 心惹かれるバイク その3 | トップページ | GPSの新モデル »

2005年11月11日 (金)

自転車人

tenshajin最近、自転車が自分の趣味の割合として大きな部分を占めるようになってきたせいもあるかもしれないけど、本屋でやたらと自転車の雑誌が目に付くようになってきた。しかも競技系ではないスローライフ系の趣味として自転車を楽しむといった感じの本が多い。「自転車生活応援雑誌(ムック)」などと分類されているらしい。車の雑誌に「Navi」っていうのがありますが、姉妹誌として「Moto Navi」というオートバイ雑誌を出したかと思うと次は「Bicycle Navi」なんていう自転車の雑誌を出しているし、やっぱりこれは流行なのか?

本屋の棚には昔ながらの競技系な自転車雑誌もありますが他にもいろんな雑誌(ムック)が並んでいる。「通勤・通学 スポーツ自転車の本」「散歩自転車、旅自転車。」「自転車日和」「週末・休日スポーツ自転車の本」「折りたたみ自転車&小径スポーツの本 」などなどなど。やはりキーワードは自転車通勤や健康、スローライフやエコロジーとかって感じかな。中にはけっこう物欲系やいじり系もありますね〜(笑)
そんな中、見つけたのがこの雑誌、「自転車人」です。ん?じてんしゃじん?もしかして僕が毎月買ってるバイク雑誌の「培倶人(ばいくじん)」の姉妹誌か?と思い何気なく「培倶人」買うついでに一緒に買ってしまった。買って帰ってよく見ると出版社は山と渓谷社だった。「培倶人」のほうはバイク、カメラ、自転車といつも僕の物欲を刺激してやまない「えい出版社」だ(※「えい」は木偏に「世」の字)。ということでこの2誌、別に何の関係もないワケね。(^_^;;;
ま、それはとにかくこの「自転車人」、今度買った号が10月に出た2号で、創刊1号は6月にすでに出ているらしい。ん〜、気付かなかったなあ。この雑誌、この2号がそういう特集なのかもしれないけど、自転車ツーリングがメインで構成されている感じだ。憧れのしまなみ海道ツーリングの記事もあるぞ!ほかの記事も内容盛りだくさんでけっこう読み応えがあっておもしろい本ですね、これは。
しかし待てよ、いつから自転車で旅することを”ツーリング"っていうようになったんだ?自転車なら"サイクリング"でしょ?そう言えばクルマ関係でも最近は"ツーリング"という言葉を使っているのを聞いたことがある。クルマだったら"ドライブ"でしょ?それから"カヌーツーリング"なんてのも最近は聞きますね。普通、"ツーリング"と聞いて思い浮かべるのは第一に"バイクツーリング"のことですよねえ。なぜ最近は何でもそういうようになったんでしょう。たしかにドライブとかサイクリングなんていうと何か陳腐でアカ抜けないな感じはしますよね。"ドライブ"というとなんだか物見遊山な感じはするし、"サイクリング"はなんだか子供の遊びみたいな響きだ。"ツーリング"いうと走りそのものを楽しむイメージがあるし、何より"他でもない自分の愛車"で走る楽しさを表現してますよね、だからかなあ。まあ"ツーリング"の意味としては周遊する感じで旅するのはみんな"ツーリング"なんでしょうけどね。ただ船や列車、バス、飛行機などの旅客サービスを使うのは"ツーリング"とは言わないだろうな。
あとカンケーないけど自転車のことをバイクという人が最近多くてこれがまたややこしい。語源的には、自転車=バイシクル=>バイク なんでしょうけど、バイク=自動二輪 で馴染んでいる僕らバイク乗りには違和感だらけですよ。自転車屋で会話する時はほんと気にしてないと混乱してしまう。まあ、自転車を簡潔に表すカッコイイ呼称が無いのが問題かな。語源がハングルであるという「チャリンコ」って何か小ばかにしたイメージもあっていろんな意味でイマドキそういう呼称は止めたいところですしね。
 
※あとでわかりましたが、さすがにえい出版、しっかり「自転車生活」なんていう自転車雑誌も出しています。どちらかと言うとこっちを「自転車人」にすりゃあ良かったのに(笑)

« 心惹かれるバイク その3 | トップページ | GPSの新モデル »

自転車」カテゴリの記事

コメント

オートバイ雑誌の話になるけど記事の中でちょこっと触れたので「Moto Navi」という雑誌の中身を本屋で確認してみた。新たに記事にエントリーするまでもないのでコメント欄に書いとく。
うーん、なんだろうな、この雑誌。自分には合いません。「バイクに乗る」ということより「バイクを所有すること」に主題があるみたい。自分と自分のライフスタイルをバイクで飾りたい人、バイクで女に持てたい人向けかなあ。金持ちになって高級スポーツカーを所有するのに似ている感じ。特集もイタリア車だし、もう典型的。
イタリア車に乗ってる女性ライダーを特集するのがいかにもってかんじだ。しかし本当に乗っているのかな?という人も多いぞ。バイクは新車みたいにピカピカだし(笑)
「培倶人」も先月号くらいに通勤するためだけにビモータを買ったパティシエの取材記事があって同様のものを感じたけどまだ、あの雑誌はまだ基本は「バイク乗って楽しむ」ことが主題ですもんね。
まあ、バイクとの付き合い方は人それぞれだけど「バイクは乗ってなんぼ」という思いの強い僕には違和感あったなあ。

初めてやってきました。
昨日、レジェンドJ(白黒)を買いました。
レーサー&BSモールトン乗りです。
私は、自転車のことを、愛をこめて「チャーリー(浜)」と呼んでおります。

はじめましてこんにちは、んごさん。
レーサー&BSモールトンってなかなか趣味性高くてよろしいですね。
「チャーリー(浜)」って呼んでるんですか?マジですか?(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/7035707

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車人:

« 心惹かれるバイク その3 | トップページ | GPSの新モデル »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ