« eTrex LegendC-J | トップページ | 羽田ぶらぶら »

2005年11月20日 (日)

新旧Legend

legendC新旧のLegendを並べてみた。左が旧型の白黒モデル、右がカラーモデルだ。並べて見るとけっこう形が違うことに気付く。旧型に比べるとカラーモデルは長さは短く、幅は広くなっているのは一目瞭然。全体的に見ればかなり小形になった印象である。液晶画面も幅広になっている。新型のほうが確かに見やすい。バックライトを点けるとその鮮やかな画面にビックリする。しかしバックライト無しだとなんだか暗くて見にくいかなあ。単純に太陽光の下では白黒モデルのほうが視認性はいいような気もする。(ちなみに画像の地図は測位している場所も縮尺も全く別です。もうちょっと考えて写真撮れば良かった(笑))
新型はUSB接続になっていて地図の転送はかなり高速になった。Mapの容量は旧型16MB、新型38MBとなり、容量はアップしているにも関わらず、旧型ではほぼ目いっぱいの容量を転送すると20分くらいかかったが新型は2分以内で終わった。
あと、どうでもいいことですが新型はスイッチ類を操作すると、「ピボッ」「ピロロッ」とかわいげな音が出るようになりました。操作していることが耳でもわかるのはまあいいですがバイク乗ってるときは当然そんな音は聞こえないですね。
実際、バイクに付けて使用感をレポートしたいところですが、う〜ん、休めないんですぅ。はぁ、こんなにいい天気なのに。

« eTrex LegendC-J | トップページ | 羽田ぶらぶら »

デジタル・ガジェット」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

買っちゃったんですかぁ~カラー液晶は良さそうですね。大きさが変わってるってことは今まで使っていたバイク用マウントが使えなくなるのではないですか??

そうですねえ、使えません。ところがマウント付きの格安セット価格で、しかも内税、というショップがあったので衝動的にぽちっとしてしまいました(笑)
結局、マウント付きであるにもかかわらず僕が以前紹介した価格以下で買えました。
ハンドルクランプ部、アーム部のところは共用ですからTDMとRaidでアームつけっぱなしにできるようになりました。工具無しで付け替えられるのはイイ!
自転車の場合はアームは大げさすぎるのでハンドルに直付けするタイプのマウントにしていますがこれに付けるためには今までのLegendでは電池蓋ごとクランプレールつきのものへ交換が必要でした。しかし今度のは電池ブタにクランプレールをネジ止めすればいいだけ。もちろん最初から付属してます。
いろんな使い回しが楽にできるようになりました。
ああ、しかし使いまわす時間がほしー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/7209712

この記事へのトラックバック一覧です: 新旧Legend:

« eTrex LegendC-J | トップページ | 羽田ぶらぶら »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ