« 遠賀宗像自転車道(あおのみち) | トップページ | 心惹かれるバイク その3 »

2005年10月26日 (水)

心惹かれるバイク その2

griso_01
これまでずっと国産バイクを乗り継いで来たけども外車もいいかなと思うときもある。ディーラーも近くにあることもあり僕もいつかはBMWか?と今まで漠然と思っていたのですが最近のBMWのデザインってなんか変ですよね。ちょっとあんなのに手を出す気にはなれないなあ。まあ、今のところTDMを手離すつもりは全く無いので買い替えもありえませんが実は外車で気になるのが1台あります。

griso_02MotoGuzziのGrisoというバイク。なんかこれすごくカッコいい。今まで、MotoGuzziなんて見た目からして品質的にイマイチ感があったんですけど「Breva」でしたっけ?あのあたりからすごく洗練されてきてますよね。見れば見るほどシブイ。もりもりしたマッスル感がありながらすらりと伸びやかな車体、トータルなデザインも近未来な流麗さと大人のデカダンスとの融合ってカンジで実にシブイ!こりゃいいや。
griso_03ただ、ホイールベースは1543mmもあってTDMより100mmも長い。このホイールベースじゃタイトな山岳路はきついのかな?と心配になってくる。しかしこれでもBMW K1200Rの1580mmよりも短い。最近はBuellや国産車のストリートファイターっぽいネイキッドなどショートホイールベースのバイクが多くなってきてそれはそれなりに面白そうなのだけど自分が乗るにはチンチクリンすぎる。サーカスの熊になるのはイヤだ(笑)。これくらいのホイールベースのほうが自分には合うだろうなあ、しかし狭道が苦手じゃ楽しくないしなあ。
今月のバイク雑誌でもインプレ記事を3本見つけました。全て和歌山利宏氏の海外インプレ記事でしたがやはり全て同じ試乗会のもの。写真も同じ物があったりする。記事もみんな同じ事書いてるんじゃないかと思ってみてみたけど、3本とも記事の使い回しでなく全て切り口を変えてて異なる記事になってるのはさすがだ、っていうかそりゃ当たり前か(笑)。で、記事の中で意外だったのは「外車ながらハンドル切れ角も大きくタイトなワインディグも長いホイールベースを感じさせず小回りがきく」というところでした。こりゃますます興味がわいてくる。
griso_04でもやはりディーラーが近くにないのがネックです。なにか問題あったらめんどくさそうだ。ディーラーが近くにあるのならTriumphのTigerかこのMotoGuzziのGrisoがいいなあ。
しかし、やっぱ呑気な旅派には国産が無難ですかねえ。

« 遠賀宗像自転車道(あおのみち) | トップページ | 心惹かれるバイク その3 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

大分県は宇佐市のカツキならモトグッチもトライアンフもディーラーやってるよ。R10沿いにあるからすぐわかります。ちょっと遠い?宇佐なら近いでしょ。(^.^)
モトグッチの福岡のディーラーは春日と久留米にあるみたい。

なるほど~、宇佐ですか。
八幡の「ドリームス」とかいう店がモトグッチ扱っているらしいということを聞いたんですが、調べてみたらここ基本的にハーレーの店なんですね。ハーレーの店って聞くとなんかちょっと引いてしまうなあ(笑)
北九州って外車系のバイク屋って意外とないですよね。自分が知らんだけかな?(^_^;
とこで北九州に大規模なバイク屋ができたってだいぶ前に雑誌(全国誌)で見たことあるんですがどこのことか知ってますか。

カツキも元々はハーレー屋さんと私は認識しておりましたが、現在はかなりの多くのメーカーのバイクを取り扱っているみたいです。
HPを見つけました。
http://www.rs-katsuki.co.jp

北九州の大規模なバイク屋さんですか?残念ながら知りません。どこだろう?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/6641672

この記事へのトラックバック一覧です: 心惹かれるバイク その2:

« 遠賀宗像自転車道(あおのみち) | トップページ | 心惹かれるバイク その3 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ