« 黒nano届く | トップページ | 心惹かれるバイク その2 »

2005年10月20日 (木)

遠賀宗像自転車道(あおのみち)

PA160857
先週は阿蘇へ日帰りのバイクツーリングに出かけた。久々の大所帯のツーリングでいろんな人やバイクがいておもしろかったものの、やはり自分のペースで走れないのはなんともスカッとしない。いや、というよりむしろ最近は日帰りツーリングだけでは満足できなくなってきているみたいだ。長距離を走らないとどうにもツーリングした気にならない。特に家から50km範囲内くらいはもうどこにツーリングに行くにしても必ず通らなければならない道でただ移動のためにのみ走っているという感じ。日帰りでは旅情を感じる瞬間がないと言うかなんというか。やっぱり旅って「ココではないどこか」、「今ではないいつか」を感じるものと思っている。阿蘇はいつ走っても爽快で雄大で素晴らしいとは思うんだけども新しい発見っていうものはもうあまり無いといってもいい走りなれた道だ。もうこれって僕にとって日常に近いものなのかもしれない?
そんな僕に1日だけのちょこっとツーリングで楽しめるものは最近自転車になってきている。ちょい乗りするなら自転車、そういう感じ。

PA160869ということで先日の日曜日はほぼ九州最北端に位置する海沿いのサイクリングロードに行ってきた。ずーっと海を感じる道、その名は「あおのみち」、遠賀宗像(おんがむなかた)自転車道だ。ある自転車ツーリング系サイトで絶賛されていた道だ。芦屋の海浜公園から自衛隊航空基地と海岸の間を抜け海岸沿いを走る。僕は山鹿公民館に車を停めGaapを降ろした。遠賀川河口にはできたばかり(というかまだ片側車線は工事中)のおしゃれな白い橋が架かっていたのでここからのスタートすることにした。いったいどこが自転車道の入り口なのかわからないまま芦屋の海浜公園を抜けるといつの間にやら自転車道になっている。うーんなんとも盛り上がりのない幕開けである。砂浜の上の丘陵走行が続く。前方にずっと続く青い海、白い(少し黄色い)砂浜が美しい。風がややあり、白い波濤もまぶしい。細い自転車道のアスファルトはずっとその丘陵地を走っている。ときどき吹き上げられた白い砂がたまって盛り上がっている箇所もあり気をつけないといけない。マウンテンバイクの感覚で進んでいくとGaapの細いタイヤでは簡単にずぶずぶと埋まってしまい、足を取られておっとっとという感じになってしまう。
PA160849少し行くと自転車道のアスファルトの上にコンクリート枠だけのトンネルのようなものが見えた。コレ何?なんの意味があるの?何かのときの避難場所?でもこんな隙間だらけじゃなんにもならないよなあ、何だろう。自衛隊の施設と関係あり??いろんな疑問が湧いてくる不思議な建造物だ。しかもけっこうな距離があり大掛かりだ。なんにせよ緩いアップダウンの丘陵走行を淡々と続けるサイクリングロードの中でちょっとしたアクセントにはなっている。
PA160899波津(はつ)の海水浴場で一旦、浜辺のサイクリングロードとは別れを告げ一般車道脇の歩道兼用の自転車道を走ることになる。いわゆる歩道だが幅が十分にとられているので走りやすいし歩行者や自転車との離合も何ら問題ない。漁港やその周辺の浜辺はテトラポッドで護岸されていて風情に欠けるが海はすごくきれいだ。波打ち際の水の透明度がすばらしい。クルマやバイクでこのあたりを走ったことは今までほとんどなく、この辺りの海がこんなにきれいなんて知らなかった。そして自転車でなければこんなに間近に海を見ながらなんて走れないのだ。港町を抜けるとさつき松原への入り口へといたる。PA160905実は遠賀宗像自転車道は波津海水浴場のあたりで終わっていて、さつき松原のこの辺りはもう次の響灘自転車道なのだ。さつき松原を通る道はもちろん松林の中を走る木漏れ日のまぶしい趣きのある道だ。海側の松林の向こうには白い砂浜が広がる。その向こうには青い海。これぞ白砂青松(はくしゃせいしょう)、ニッポンの風景です。たくさんの人たちがバーベキューなどやってて楽しんでいた。天気もいい風景も抜群!最高でしょうね。
PA160923いくつかのビーチではまだまだたくさんのサーファーがサーフィンを楽しんでいた。けっこうな数だ。今日の日差しは確かに明るく強くて夏を思わせるもので、ここの風景を見るとまだまだ夏真っ盛りみたいな錯覚をしてしまう。
途中の浜辺ではサーファー?たちのイベントをやっているらしく朱色の鳥居のような物をいくつも立ててその中央でPAのでかいスピーカーの前でみんなトランス系の音楽で踊り狂っていた。宗教じゃないよな?やっぱりサーファーなのかな?なんなんだろう。砂浜には季節はずれのテント村が出現していて泊まりがけのイベントだったみたいだ。
しかし、サーファーっていうのはおにーちゃんもおねーちゃんもみんな実にナイスボディだなあ(ぼそ)
PA160908お昼は響灘自転車道の沿線にあるカレー屋さん「松ぼっくり」というところでカレーを食べた。ウッディな作りのホントにこじんまりした店。クルマや自転車が停まってなければただの小屋と思って通り過ぎてしまうところだ(おい)。店内はカウンター席しかない。8席くらい?カレーと甘いものしかメニューに無い。なんか嫌な予感はしたけども、久々見るセーラー服の女子高生と若いOLさん?ばかりの中に汗臭い男が1人いるという状況が生まれてしまった。どうにも場違いな感じはしたけれど、アストラッド・ジルベルトの歌声の乗るボサノバが静かに店内に流れていて午後のアンニュイな雰囲気に包まれてとても落ち着く空間ではあった。妙に肩身の狭い状況でなければもっと長居したかったくらい。
PA160941今回の走行距離は約53kmの旅。意外に長い距離を走ってしまった。自転車の場合、クルマから降ろした場所にもう一度帰って来ないといけないのでサイクリングロードだとたいていの場合ピストン走行になってしまう。往路で行けるところまで行ってしまう欲張りな性格が復路をつらいものにしてしまった(笑)

画像投稿BBSにその他の写真あります。

« 黒nano届く | トップページ | 心惹かれるバイク その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

OnOuEさんはじめまして。
中年GAAP乗りのgaaperと申します、宜しく御願いいたします。

それにしてもいつ拝見しても素晴らしい写真の数々です、空の青さが日本じゃないみたいですね、こんな所が近くにあるなんてなんと羨ましい環境でしょう。

昔は仕事柄色々な所を旅し、九州も何度も行きましたが、最近めっきり関東を出る事も無くなってしまいました、寂しい限りです。

休暇が取れたら耶馬渓のサイクリングロードと合わせて九州に走りに行って見たいと思いました。

gaaperさんはじめまして!
写真お褒めいただきありがとうございます。画像投稿BBSにも写真アップしました。
いいところでしょ?というか自分も最近までは全然知らなかったのですが(^_^;
是非!九州へ!

リンク先は「Gaapのススメ」ですが、もしかしてカサラノさんですか?
ここからリンク辿って来られる人けっこういるんで自分も何度も見に行ったことありますよ。しかしすごいカスタマイズですね。自分もやってみたいですね。

OnOuEさんお返事どうもです。
so-netのシステムでブログのHNはカサラノから変更出来ないのですが、自転車関係の時はgaaperと名乗ってたりします、紛らわしくてすみません。

カスタムは遊びに行けない欲求不満解消みたいな部分もありまして、最近は自分でもちょっと引き気味なんですが、一度やりだすとなかなか止められなくて(^^;

OnOuEさんの記事はバイクツーリング等もその土地の風情が良く判り写真も綺麗なので本当に読み応えあります、また、OnOuEさんの感性にとても共感出来る物がありますのでコメントも面白く、詰らない雑誌の旅行記なんかよりずっと楽しく読ませて頂いております。

そう言えば義姉の出身は北九州でした、真面目にそのうち遊びに行こうかと思います。
でも暖かい時期に九州に行くなら佐世保辺りでシーカヤックもやりたくなりそう、長期休暇が欲しいですね(笑)

HNの件、了解です。あらためましてgaaperさん、どうぞよろしくお願いします。
記事のこと、絶賛していただき恐縮です。そう思って読んでいただけると本当に嬉しいです。書いて良かったと思います、感激です。これからももっと書いていくつもりなのでよろしくお願いします。
それにしてもgaaperさんのカスタム記事、すごく参考になります、というか憧れています。特にあのディープリムのブルーのgaapにはシビレます。しかし、カスタムリストにあったパーツの価格を調べて愕然!ちょっと手が出ません(T_T)
でもいいなあ、「やっぱGaapは見た目重視で乗るものだ」と思っている僕はどれかに手を出してみたいところです。
 
シーカヤックもやるんですか?いいですねえ。昨年より天草でのシュノーケリングにハマっている僕としてもシーカヤック&シュノーケリングっていうのにちょっと興味が涌いているところです。ただ実際にはムリかなあ・・・。
佐世保、たしかにシーカヤックで島巡りとかできて楽しそうですね。

OnOuEさんお久しぶりです。
僕にはGaaperさんのようなすばらしいコメントは出来ませんが、
すごく綺麗な写真ですね。
景色がとてもよくって、Gaaperさんも言っていますが
空の青さがほんとに日本とは思えません。
北九州、侮りがたし。(笑)

僕は事情によりGaapを手放してしまいましたが、OnOuEさんの写真を見て「やっぱり手放すべきじゃなかったんじゃないか」と思ってしまいました。それぐらい景色とGaapがいい雰囲気を出しています。

サイクリングを、そしてGaapを心底楽しんでいる様子がよくわかりますね。僕もそのような自転車ライフを送りたいです。

かずさん、こんばんは!
写真のきれいさはOLYMPUS が採用しているKodakのCCDと付けてるPLフィルターのせいかも・・・(笑)
まあ、とにかく天気が良かったので海辺は写真では伝えられないくらいホントに気持ちよかったですよ〜♪
しかしほんとにロードに乗り換えるんですね。ロードもかっこいいですよね。自分も1台欲しいなあ。でも取りあえず今はGaapでカメラ持って気軽にお散歩するのが楽しいので満足してます。ロードだとウェアから気にしなくてはならないような気がして・・・
ロード買ってからも楽しいブログ記事を期待してます。またそちらにもお邪魔しにいきますのでよろしくお願いしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/6464522

この記事へのトラックバック一覧です: 遠賀宗像自転車道(あおのみち):

« 黒nano届く | トップページ | 心惹かれるバイク その2 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ