« カラダ年齢 | トップページ | サンライズエクスプレス乗車! »

2005年6月15日 (水)

夜行寝台特急

神奈川県で就職していた頃、九州への帰省は新幹線か寝台特急を使っていた。特によく使っていたのは「あさかぜ」、いわゆるブルートレインというやつだ。あの頃、飛行機で帰省するなんて考えは頭になくて、というより飛行機の乗り方知らなかった(笑)ので、またとにかく早く九州に向けて移動したいという一心で寝台特急を好んで使っていた。新幹線では翌日の移動になってしまう。
単なる帰省であってもブルートレインはとても旅気分を満喫させてくれた。夜行列車というだけでなんだか旅情を誘うものだけど、特にお盆の帰省の頃は、熱海あたりで停車中の車窓から花火大会を見ることができた。夜中は景色は望めないものの都会を通り過ぎる時には賑やかな夜景が、そして真夜中には誰もいないホームの寂しげな情景も旅気分を高めてくれた。そうして夜が明ける頃には列車は海沿いを走っていて朝日にキラキラ輝く瀬戸内海を眺めることができた。この瀬戸内海の朝の風景がやたら素晴らしくて、輝く海にみえる島影とか朝の漁に出ている漁船のシルエットとか実にのどかで爽やかな朝の風景が窓の外を通り過ぎていくのだった。

九州にUターン就職してからは当然のことながら夜行列車に乗ることもなくなった。出張ははもちろん新幹線や飛行機だ。「あさかぜ」のことも頭の中から消えていた。最近になって急にまたこの名前を聞いたのは今年の3月の「あさかぜ」廃止のニュースでだった。もちろんそれは突然のことではなく、近年は食堂車が廃止されていたり、九州に上陸することなく東京−下関と区間が短縮されていたりと、けっこう細々と存続した晩年だったみたいだ。航空機や新幹線に客を奪われたためということは容易に想像がつく。自分だって限られた時間の移動では絶対に夜行寝台なんか使わないと思う。
最後の列車が走るというとき、別に鉄道マニアでもなんでもないのでそれに乗ろうとか見に行こうという考えは思いつかなかったけど、何度も世話になった列車だったので寂しさは感じていた。「あさかぜ」だけでなくほかの寝台特急も廃止に追いやられ今では東京からの寝台特急は「はやぶさ」と「富士」のみ。しかもこの2本、東京から1本の列車を門司で熊本行きと大分行きに分ける併結運転の列車である。もう乗ることも無いんだろうけどなんだか寂しい。これも時代の流れか・・・。

jrc285_1ところがこんなご時世にもかかわらず最近新しく夜行寝台特急ができたという情報を得た。サンライズエクスプレスという列車だ。東京−出雲を結ぶ「サンライズ出雲」と、東京−松山を結ぶ「サンライズ瀬戸」という2本である。この2本も東京からは1本で運行され岡山で分割される併結運行列車だ。さすがに新しい列車だけあって、機関車で客車を引っ張る従来の寝台特急ではなく完全な電車タイプだ。デザインも洗練されていてめちゃくちゃカッコイイ!グッドデザイン賞をもらっているのもうなずける。個室寝台が基本ながら、フェリーの2等席のような雑魚寝タイプの席もあるらしい。なかなか楽しそうな列車だが食堂車がないのが今風である。北海道へ行く「カシオペア」とか「北斗星」みたいな旅そのものを楽しむというコンセプトではないようだ。
この列車、多客期には「サンライズゆめ」という名で上りは下関発、下りは広島着という変則運行されるものもあるらしい。こうなると「あさかぜ」の後継車的でもある。なんだかとても乗ってみたい。ホントは九州まで来て欲しいが電車タイプなのでそれは無理というものだろう。九州は電車の電源が交流で本州は直流、つまり九州は走れないのだ。以前のブルートレインは機関車で牽引するタイプだったから下関でいったん交直両用の機関車に替えて関門トンネルを通り、門司では交流機関車に取り替えていた。だから機関車方式でないサンライズが九州に入ってくることはないだろう。しかし、瀬戸内海の朝の風景を見るためには下関行きの下り列車を是非作って欲しいものだ。
 
リンク:サンライズエクスプレス

« カラダ年齢 | トップページ | サンライズエクスプレス乗車! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

むかーし青函連絡線が無くなる頃に
記念の為に乗ろう!と友達と日本海一号?だったかな
寝台列車にのって大阪⇒青森を旅行した事があります
尾上さんの文章をみてなんか思い出しました。
カセットのウォークマンもってカセットも沢山もって
カメラもニコンのFM持って行ったなぁ。
なつかしぃい。

日本海沿岸を走る夜行寝台ってのもとても旅情ですねー!!どんなだったですか?自分は帰省に使っただけだから1人旅でしたが2人で行く旅ってのも良さそうですね。でもまあ今じゃ男同士じゃイヤだけど(笑)
男同士の旅はバイクツーリングに限りますね。

カセット!そう!昔はカセットでしたね。いやもうカセットが嵩張って嵩張って。しかもどれ持ってくか悩みまくるし(笑)。今じゃあiPod1個持ってけば聞ききれないくらい音楽聴けますもんね。
 
ところでサンライズエクスプレスですがもしかしたら来週乗れそうです。なんと茨城→愛媛のハシゴ出張になりそうなんです。これはまさに「サンライズ瀬戸に乗れ!」と言わんばかりのコースじゃないですか!

wtarinifunetoha
masanikonoyouna kotowo iunodesyoune.
to
iimasuka, mojibake
site
kakikomi
dekimasenn
(T0T)

ん?文字化けですか?ブラウザは何使ってます?Safariですか?IEですか?
MacユーザでIEで文字化けしたけどFireFox使ったら上手くいったという話を聞きましたが・・・。(ちゃたろさんだったかな?)
 
ところで、サンライズエクスプレスですがホントに出張に使ってみることにしました。「東京に一泊して飛行機で高松に飛べば?」なんて庶務の女性に不思議そう言われましたが、コレで切符取りました。但し、愛媛まで延長運転はお盆だけで、今回は瀬戸大橋渡ったすぐの坂出で乗り換えです。早朝7時過ぎに(泣)
まあ、どのみち車内探検とかしてあまり眠れないかもしれませんが(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/4558034

この記事へのトラックバック一覧です: 夜行寝台特急:

» JR西日本のサンライズエクスプレス [グッドデザイン賞主催者公式ウェブログ]
1998年度グッドデザイン金賞を受賞した「JR西日本/旅客車・サンライズエクスプ [続きを読む]

« カラダ年齢 | トップページ | サンライズエクスプレス乗車! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ