« 志摩〜伊勢〜伊良湖 | トップページ | ツーリング最終日 »

2005年5月 3日 (火)

茶臼山高原道路〜恵那〜下呂〜高山

茶臼山高原道路〜恵那〜下呂〜高山

5月2日、晴れ。昨日は早く寝たため夜明け前に目が覚めてしまった。テントの外に出ると雨はもう上がっていた。空は明るくなるにつれ徐々に青味を増して行き今日が快晴であることを教えてくれていた。キャンプ場の周りの深い森にかかっていた靄や霧も森から立ち上ってどんどん吹き払われていっていた。

やはり晴れているって素晴らしい。今日は昨日と違って天気も良く、何もかもトントン拍子で運ぶ痛快な一日でした。キャンプ場からR151に出るとこれが昨日苦労してやっと辿りついたあの寂しい夜道なのかというくらい爽快な川沿いの森林ワインディングロードだ。今日は下呂温泉を経由して白川郷まで行こうかという結構無理っぽい欲張りな計画を立ててみたんだけど拍子抜けするほどの快調な走りで何だか本気になってきた。たまに前を走る車をパスしつつR151から茶臼山高原道路という愛知県最高峰を目指す道を走った。しかし路面は乾いてはいるもののさすがに雨上がりのため霧がかかっていて景色は楽しめなかった。たんたんとワインディングを楽しんだ。でも料金分は楽しめてないかも・・・。
茶臼山高原道路から降りR257にスイッチし北上開始。ここは裏木曽街道と呼ばれる道らしい。風は爽やかで涼しかったけれど日差しが徐々に強く暖かくなってきたので沿道にやたらと出来ている道の駅の一つに寄ってジャケットの下に着込んでいたフリースを脱いだ。R257は標高は400m未満ながらなだらかな山並みや白い大きな石が転がる清流や明るい日差しで高原ムードは満点。さらに標高を上げて最後の峠を越えするすると坂道を下るとそこはもう下呂市内。12時過ぎについてしまった。国道からすっと脇に入ると「ようこそ下呂温泉へ」のゲートが。そこはもう温泉街。公共の温泉、白鷺の湯で昨日からの汗を流す。気持ちいい!たまらん。風呂上がりに温泉街をぶらつきついでに食事を取った。
次の目的地、飛騨高山に向かってR41を北へ走り始めたが車も多いので県道88号〜県道98号で高山に行くことにした。この道がまた素晴らしい。広くて路面もいい道なんだけど交通量は極小。なんでみんなこの道を使わないんだろうと不思議に思っていたんだけどその訳はすぐに分かった。峠前後は凄く曲がりくねった狭道だったのだ。車同士の離合は難しいくらい。しかしこの道がバイクには楽しい。腰を左右に振り振りゴキゲンに走れる。峠を越え暫くすると白い雪をかぶった山脈が目に飛び込んで来た。北アルプスだ。その雄大さにしばし感動。
15時30分に高山到着。白川郷に行くのは簡単なんだけど今日こそは明るい内にキャンプ地入りしたいね、ってことで高山のすぐ北にある飛騨古川の森林公園キャンプ場に行くことにした。明るい内にテントの設営、明るい内にまた温泉、明るいうちに食事準備とホントに今日はトントン拍子で最高に気分がいい。キャンプ場はとてもシンプルで昨日のキャンプ場と違ってあれはダメこれはダメという約束ごとがなくてとても良かった。森林組合が運営するスポーツ施設でグランドなどの奥の山にキャンプ場はある。「いかにもキャンプ場」という雰囲気はなく、単なる裏山感覚のテントサイトだが炊事棟や水洗トイレは完備されている。静かで自然なキャンプにはおすすめだ。満天の星空の下、野外宴会。最高の気分で寝床に着いた。でも・・・寒っ!!

※画像投稿BBSにその他の写真あります。

« 志摩〜伊勢〜伊良湖 | トップページ | ツーリング最終日 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

私の実家からだと日帰りコースの所になります
ルートの景色を思い出しながら読みました
高山・古川観光はしなかったんですか?

高山には寄りたかったなあ。でもものすごい渋滞で、しかもすり抜けもままならず、うんざりして市街地に向かうのはあきらめました。やっぱ行くべきだったかなあ・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/3958284

この記事へのトラックバック一覧です: 茶臼山高原道路〜恵那〜下呂〜高山:

« 志摩〜伊勢〜伊良湖 | トップページ | ツーリング最終日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ