« 志摩観光農園キャンプ村 | トップページ | 茶臼山高原道路〜恵那〜下呂〜高山 »

2005年5月 2日 (月)

志摩〜伊勢〜伊良湖

5月1日、朝からドンヨリと曇り。今日は午後から雨との予報だ。早めにキャンプ場を撤収し行動を開始した。まずは志摩半島巡り。英虞湾内を見渡せるという登茂山の展望台にに登った。湾の入り組んだ形や多島美を眺められる場所だ。綺麗なビーチも視界の中にありなかなかのものだ。しかし天気もイマイチで薄くもやもかかっている状態のため景色としては満点とは言えない。残念。

大王崎の灯台を見物したあと、パールロード〜伊勢志摩スカイラインを走ることにした。本来なら本日のハイライトとなるべき道だったんだけど景色はガスってていまいち。しかも寒い。暑くなることを想定していたんだけど逆だった。ジャケットの全てのベンチレーションを閉じて対応した。快晴時には富士山までも見える、というすばらしい景色が楽しめるはずの鳥羽展望所も下から昇って来る霧で視界は真っ白。伊勢志摩スカイラインも当然視界の悪いことは想像うできたんだけどせっかくなので走ることした。豪快な山岳ワインンディングは楽しいんだけれど、やっぱり視界は悪い。最高地点の朝熊展望台に着く頃には真っ白な霧に包まれてしまった。と言うより雲の中に入ってしまったというほうが正しいかもしれない。水滴(雨?)もポツポツとシールドに当たる。360度の絶景が売りの展望台だが360度まっ白けだった。
しかたがないのでスカイラインを降りてお伊勢参りをすることにした。国道から参道に入ったとたんそこはもう歩行者天国状態で参拝者でごったがえしていて、歩行者専用ではないとはいえバイクで走るのはかなり顰蹙を買いそう。とうとう雨も降り始めたので五十鈴川にかかる大きな橋の下にバイクを停め僕らも参拝者となった。まずは醤油をかけただけの名物伊勢うどんで腹ごしらえして境内に入る。見たこともない広大な境内、これがお伊勢さんか。そんな広い境内でも人でごったがえしている。それでも水や緑はとても美しく樹齢の高そうな杉などの大木が荘厳で神聖な雰囲気を醸し出している。
お伊勢参りのあと、鳥羽から渥美半島の伊良湖へフェリーで渡った。フェリーの中で今日のキャンプ場を予約。静岡県境に近い「愛知県民の森キャンプ場」。フェリー到着は15時30分、フェリーを降りるとすでに雨は本格的に降り始めている。キャンプ受付が17時までということで慌てて走るが道は混んでいるし信号多いし、雨はますます激しくなるし、なかなか前に進めない。しかもR151って、新道旧道がギザギザに繋がっていてわかりにくいったらありゃしない。で、到着は1時間遅れの18時だった。なんとか受付はしてくれたものの、ここはとっても面倒なキャンプ場だ。1人200円と安くていいんだけど決まりごとが非常にうるさい。教育キャンプ場なのか?土砂降りの上にテントサイトは砂利でとてもテント張れる状態じゃなかったので常設テントを借りたんだけどそこに敷くシートの畳み方まで教育を受けたよ。消灯は22時。トイレ以外の全ての灯りを消すとのこと。炊事棟で遅い晩飯を食っていたら時間前に電気消されて真っ暗に・・・。なんだよ!
ということで僕ら早々に就寝しました。
今日はなんだかハイライトのない1日でした。

あー、しかもここって携帯、圏外じゃん、ここじゃBlog更新できない。とほほ。

« 志摩観光農園キャンプ村 | トップページ | 茶臼山高原道路〜恵那〜下呂〜高山 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

この日は本州もそんな天気だったんですね
私も霧だか雨だか雲だかわからない中走っていました

愛知県民の森キャンプ場、私も3月に利用しました。
そんなに色々うるさかったかなあ?
時期の問題かもしれませんね。
雨模様の上、人が少なかったので
炊事棟を宴会場として占領し12時頃まで宴会してました。

県民の森キャンプ場最近使ったんですか?なんと奇遇ですねえ。
えー、しかし夜中まで宴会!?全然そんな雰囲気じゃなかったけどなあ。いちいち説明が細かくて長くて・・・。ちょっとうんざりでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/3945576

この記事へのトラックバック一覧です: 志摩〜伊勢〜伊良湖:

« 志摩観光農園キャンプ村 | トップページ | 茶臼山高原道路〜恵那〜下呂〜高山 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ