« iPod shuffle | トップページ | 久々に走り回った! »

2005年4月 3日 (日)

僕の自慢だった・・・

kensa僕には子供のころから一つの自慢があった。それは目がいいこと。たいてい自慢なんていうものは口にすれば人からイヤな顔されるものですが「目がいい」なんてことだと別に羨ましがられたり嫉まれたりすることもあんまりないので「これが自慢だ」って大声で言える。いやむしろ逆に、「目がいい」なんていうと、「勉強してない」とか「田舎者の野生児」などと揶揄されることしばしば。しかし本当に自慢だったんです。小学生の頃からずっと視力は2.0だった。つまり視力検査の表の一番下まで見えるってこと。それ以上は測りようもないので要するに視力は2.0以上ってことになるのかな?昔、天文少年だった頃には目がいいことはホントに都合が良く、また優越感を感じられる要素だった。

実は10年ほど前、仕事がかなり忙しかった頃、なんだが目がぼーっとかすんで見えるようになり、とうとう自分の目も悪くなってしまったかとあきらめかけたことがあった。当時の健康診断の視力検査を本当に怖々と受けたのだが測ってみるとなんのことはない2.0だった。一体これはどうなっているのか?じゃあ今までの視力はいったいなんだったのだろう?本当にそれまでは2.0以上視力あったのでは?と思える結果だった。たしかに大学生のころは視力検査で並んでいる列の後ろからでもすべての記号が見えていたもんなあ・・・。
とはいえ本当に最近では視力が2.0と自慢できなくなってきている。もちろん最近の視力測定器は1.5までしか測ってくれないからというのもあるがそれ以前に右目がかすんで見えるようになってきた。片目ずつつぶってみてもその差は歴然。右目だけがぼやけて見えるのですごく違和感がある。もう確実に目が悪くなっているのを確信したので早速眼科に行ってきた。
結果はというと、軽い結膜炎になっている、そして右目は軽い近視になっている、ということらしい。右目の視力は1.2にまで落ちていた。とほほ。このことを人に話すと「1.2なんて普通でしょ?っていうか充分いいじゃないですか」と言われる。確かにそうかも知れない、しかし僕にとってはボケボケの世界です。逆に視力1.2の人ってこの程度の世界しか見えてないのか!?と驚いてしまった。結膜炎はともかくも、医者に言わせると「近視は病気じゃない」とのこと。ということは"近視に対しての治療はしない"ってこのなのでしょう。これはマズイですよ。なんとか自力で視力回復をしてまたあのクリアな世界を取り戻さなければ。
ということで視力回復の本を買って読んでみた。予想外にこの本になかなか興味深いことを書いていたので紹介する。要約するとこんなところか。目が悪くなるということは目が運動不足になっているということ。仕事や勉強で目が疲れたからといってただ漫然と遠くを見る程度で目を休めているだけではダメ。例えばデパートの店員さんのように一日中立ち仕事で疲れたからといってただ家に帰って寝てまた翌日は立ち仕事、というのを繰り返していると運動不足になってしまう。立ち仕事の疲れはジョギングなどのスポーツで体が疲れたのとは本質的に違っていて、不自然な姿勢を続けたための疲れであり、仕事や勉強による目の疲れもこれと同じで不自然な目の使い方を続けたことによるもの。目が悪くなるのはつまり目の運動不足。だから目を良くするためには目の運動、ストレッチをしなさいというのだ。一番簡単な目のストレッチは目の直前10cmにペン先などを持って来てその先端にピントを合わせその次に遠くの景色にピントを合わせるというのを繰り返す。これを10秒間に10回繰り返すというのです。これはけっこうきついかもしれないがこれができないと目は相当悪くなっているのだそうだ。逆に目が疲れそうだがこれが目の運動不足解消の最も初歩的な方法なのらしい。
そういえば数年前、3Dとかステレオグラムという、目の視線やピントを調整すると何の意味ももたないような模様から立体が浮かび上がって見えるという本が流行ったが、この本の売りは「どんどん目が良くなる」ってことだった。確かにきれいだし面白いかったのだがこれを見てどうして目が良くなるのかが全然わからなかった。かえって目が疲れそうな気がしていた。しかし、これって目のストレッチをしているのだと思った瞬間、なるほどその意味がわかった。そうだステレオグラム見て視力回復させるぞ!しかしまだステレオグラムの本って売られているのかな?

« iPod shuffle | トップページ | 久々に走り回った! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自分も子供の頃は両目とも1.5あったんですが、
社会人になってから目が悪くなりだしました。
自分の場合なぜか左目の視力が弱く、右1.0、
左0.3とチグハグ・・とりあえず運転とかには
特に問題はありませんが、右目で見た後で左目だけで物を見るとぼやけてしまうので非常にもどかしい!!
やっぱ今まで見えていたものが見えなくなるというのは、いい気持ちしませんよね。

じゃあ、ステレオグラムを見て視力回復を目指しましょう!僕はまだ全然あきらめてません!頑張りましょう。

あります。3D視力回復本。
・・・実はもってたりするσ(-仝-)(汗)
近視は「仮性」のうちじゃないと治りませんので、がんばってください。
かくいうσ(-仝-)もいろいろがんばったんですけど、もう手遅れっぽい。大学はいるまでは両目2.0あったのになぁ。。。

仮性とか真性とかあるんですか?どう違うんですか?自分のはまだ仮性なんだろうか・・・。
まさか治るやつが仮性で治らないやつが真性とかいう結果論みたいな話なんじゃ(笑)

僕も昔は視力2.0はあったんだけど、最近勉強のし過ぎで目の前がぼやけて見えるようになった・・。友達のめがねをかけてみるとすごくはっきりと見えた・・・。今それが僕の一番の悩みです。

まっすーさん>
目が悪くなるって寂しいですよね。まっすーさんもまだそれほど悪くはなってなさそうなので今のうちに目のストレッチをちゃんとやって悪くならないよう気をつけましょう。
自分も近頃は仕事でもプライベートでもパソコン使いまくりなのがやっぱり目に悪いんだろうなと思っています。自分も時々は目を動かしてストレッチやってますよ。お互い頑張りましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23736/3198664

この記事へのトラックバック一覧です: 僕の自慢だった・・・:

» 視力回復 [視力回復について]
最近、レーシックというレーザー治療による、近視・乱視の矯正手術が早っているようです。手術中・手術後もまったく痛みがなく、手術前の検査が1時間少々、手術時間は20... [続きを読む]

« iPod shuffle | トップページ | 久々に走り回った! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ