« 2005年1月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年2月の記事

2005年2月27日 (日)

iPod shuffle

ipodshuffleずいぶん待たされたけど、やっとiPod shuffleが届いた。想像してたとおりだけどホントちっちゃいですね。すぐに音楽入れてみて聴いてみた。当たり前だけどこんな小さなスティックからちゃんと音が出るのに感動してしまった。シリコンオーディオってみんなこんなものなのだろうけど・・・。音がいいとか悪いとかいろいろ言われてるみたいだが、充分なんじゃないのか、立派だと思うよ、ホントに。

続きを読む "iPod shuffle" »

2005年2月17日 (木)

マウントアダプターが届いた!

RIMG0083もうほとんどあきらめかけていたOMマウントアダプターが今日届いた。うれしいうれしいうれしい。さっそく開けてみる。無償配布の割にはなんだか妙に高級なテイストの箱と布に包まれている。E-300本体が単なる段ボールに包まれていたのとは大違い。今どきなかなかお目にかかれない"MADE IN JAPAN"の文字が誇らしいぞ!

続きを読む "マウントアダプターが届いた!" »

2005年2月11日 (金)

マウントアダプター

om4今回、ペンタックスの*istDSとオリンパスE-300を比較して結局E-300を選んだ理由の1つとして、実はマウントアダプターの存在があった。それはE-300を購入するとOMレンズ用マウントアダプターがユーザーに無償提供されるというものだ。これを使えば今持っている銀塩一眼レフOM用レンズが制約はあるもののデジタルのE-300で使えてしまうのだ。もちろん既存のレンズシステムを全く継承しない「デジタル純度100%」を謳うEシステムにそんなものが存在するのはコンセプトとしておかしいのだが、他社の場合の多くは既存一眼レフのレンズシステムが一部制限はあっても使用できるのだからやはり従来のオリンパスOMユーザーからの要望が大きかったのだろうか結局は作ってしまっている。
けっこうオリンパスってメーカーは思想というかコンセプトを大事にする会社でその辺はなんとか首尾一貫しているみたいだ。デジ一眼も最初はレンズボディ一体式のものを出してきた。「撮像素子に付くゴミの問題があるのでデジタル一眼はレンズ一体式に限る」という思想に基づくものだったと思う。でもそれは銀塩一眼レフ時代にオートフォーカスに乗り遅れたためAFレンズ資産がないからレンズ交換式を作れないだけでしょ?と誰もがそれが言い訳に過ぎないと思っていたと思う。ところがE-1というレンズ交換式を出すって言うんで「なんかいい加減だなあ」と思ったのだがそこはきっちりダストリダクションという斬新な機能を引っさげて登場してきた。そんなオリンパスだから当然デジタル専用設計が売りのシステムとして思想的に矛盾するこのマウントアダプターを商品として売るわけにはいかないので今回の無償配布に至った、そして保証の対象外とするためにもメーカーとしては無償という手しかないのだろうと僕は思う。それでも長年のOMユーザーとしては「無償配布」という気前の良さ以前に"OMは忘れ去られてはいない"という気持ちがやっぱりなんだかうれしい。
しかし、このOMレンズ用マウントアダプター、すでに2004年12月から配布が始まっていてしかも個数は3000個限定と来ている。そんなワケでけっこう慌ててE-300を買っったしまったのが本音だったりする(笑)。それでもE-300を購入したのはもう2月に入ってから。全国で3000個なんてすぐに終わってしまうのでは?とは思ったもののE-300という機種はエントリークラスのカメラであって、これからデジ一眼を始める人やコンパクトデジカメからの乗り換えユーザーを対象にしているはず、OMレンズを使えば当然AF使えないし機能もずっと制限される。そんなわけで既存のOMユーザーでない人でわざわざユーザー登録をして保証書のコピーを送ってと、けっこう面倒なことをしてまで欲しがる人が一体何人いるのか?という思いがあったので安心していたんだがE-300関連のHPやプログや掲示板を見ているとけっこう「マウントアダプター、ゲット!」などと書いているのを良く見かける。しかも「実はOMレンズなんて1本も持っていない。」だの「これからOMレンズを買ってみようかな〜」なんて全くふざけたことを書いているのが多い。おいおい、3000個しかない貴重品を〜!。「ただでもらえるものならもらっとけ」という気持ちはわからないでもないがもっと必要としているしている人の所に回してくれよ〜。オークションなどで高額で転売するつもりなのだろうか。
非常にはがゆく、やきもきする気持ちで過ごしているのだがなんだかもう諦めムードになってきた。まあ、マウントアダプタなら近代インターナショナルからもOM-フォーサーズ用のが出ているし・・・。しかし値段は2万円近くもする。タダでもらうのとは大違いである。それにそこまでするのであれば他社製マウントアダプターでOMレンズはキヤノンのEOSにだって付いてしまうわけで・・・。おっとそれを言っちゃあオシマイだ(笑)
まあ、マウントアダプターもらえなかったところでE-300買ったことに後悔はしないとは思うがなんだかさびしい。焦点距離は35mm換算で2倍に伸びて使い勝手は全く変わるだろうし、「OMレンズではデジタル十分な性能を発揮しない」とオリンパスも正式にアナウンスしているんだが、OMズイコーの名玉90mmマクロF2や50mmマクロF2、そしてフォクトレンダーのultron40mmF2をデジタルで遊んでみたかったなあ・・・。

2005年2月 6日 (日)

とうとうデジ一眼

E3001年やそこらで陳腐化してしまうデジカメの世界でウン十万も出して一眼レフが買えるかいっ!なんて思ってたけどココまで安くなってしまうとどうにも気持ちが揺らいでしまう。デジ一眼としては最廉価版となるペンタックス*istDS、オリンパスのE-300、このあたりは価格的な戦略商品であると同時に結構な意欲作のようでコストパフォーマンス抜群らしい。これは是非触って較べてみたい。
もうどちらかに決めてしまうかも、っていう不安を抱えながらカメラ屋に行ってみた。運がいいのか悪いのかちょうど2つともあったので較べてみた。その他の値段の高いヤツは問題外なので触りもしなかった。で、問題の*istDSとE-300だが、デジ一眼どころかAF一眼さえ初めての僕にとってはどちらも手抜き感は全然感じなくて「これでこの値段なのか!?」と驚くばかり。そして*istDSのコンパクトさにクラクラ来た。しかし、いくらオリンパスのMF一眼レフのOMシリーズのコンパクトボディに慣れている僕でもこの幅の狭いボディには窮屈さを感じてしまうのも事実だ。それくらい小さい。かたやE-300はフォーサーズ規格の小さい撮像素子にも関わらずけっこうおデブなボディだ。
ボディの大小はともかくやはり一眼レフの命はファインダーだ。「一眼レフはファインダーで絵作りをして撮るものだ」と思っている僕はファインダーの良し悪しが大問題なのだ。雑誌等のレヴューでは*istDSのファインダーは大絶賛なのである。たしかに大きくて見やすい。ざらついたマット面がピントの確認がしやすそうな感じだ。かたやE-300、見比べたけどそれほど悪くない。クリアで明るいのはむしろこっちだ。ただそのぶんマニュアルでのピント合わせはきついのかも・・・。ファインダーを覗いて気付いたんだけど画面のアスペクト比が違う。フォーサーズって4:3の縦横比なんだ。つまり従来の35mmフィルムの3:2の比ではなくパソコン画面と同じ比率だ。ふーん、銀塩一眼レフと較べるとなんか違和感があるがこれってパソコンでの編集とかプリントアウトとかを考慮すればむしろ効率的だし使いやすいのかもしれない。
結局いろいろ触ってみて、ダストリダクション機能、値段(安かったんだ本当に!)、明確(と思える)なコンセプト、ズイコーブランドへの親しみからE-300を選んでしまった。まあ、あとはどうやって撮影機会(時間)を創出するかだなあ・・・(苦笑)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ